【自動売買】ついに判明!?にわかに話題のmmbotとは?【ゆるゆる投機的行動36】

投機的行動
スポンサーリンク
ここ最近にわかに盛り上がっていたmmbot
その正体がこれではっきりしたね
エムエムボット?

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索

天下一BOT会の優勝者はmmbotを使ったらしい

↓ 6月に盛り上がった「#天下一BOT会」

このあたりからmmbotの注目度が急上昇
先日開催された天下一BOT会ですね
優勝したのは、らっちょさん
2位が、まさおさん
ともにmmbotを使っていたらしい
エムエムボット
さらに、界隈で有名なUKI氏が、1万円チャレンジで使っていたのも、まさにmmbotらしい
1万円チャレンジ?

10日くらいで、1万円→40万円?!

↓【2018年6月】UKI氏の1万円チャレンジ

数年間で1000万円を1億円したら、確かにすごいけどさあ
なかなかその1000万円という資金に到達してない一般人が大半でしょ?
スタート地点がそもそも違うから、どこか他人事に思えてしまう
数年間で確実に、資金を10倍にできたら凄いことじゃないんですか?
でもさ、1億円が数年で10億円になったと言われてピンとこない庶民の僕や君も・・・1万円を数日で10万円にできるとしたら? 1万円が10日くらいで40万になったら?
そんなうまい話があったら、たちまち僕らは目の色を変えるよね?
そりゃそうです
UKI氏の1万円チャレンジはまさしくこれを最近やってのけた
天下一BOT会のらっちょ氏、まさお氏もまた然り
ひえ~

mmbotとは・・・?

mmbotってなによ?
ネットを検索してもいまいちピンとこない
辛うじて、UKI氏のブログにあったこれ
「マーケットメイク戦略の理論」・・・?

最近、BTC-FXのbotを作成するためにマーケットメイク戦略を勉強していました。

そもそもマーケットメイクとは、通常の顧客同士の注文をマッチングさせるオークション方式に対して、取引所より資格を得た値付け業者が常時指値を提示して顧客と業者の間で取引を行う方式を指します。

かつてJASDAQがこの方式を採用していましたが、2008年に廃止されています。

現在でいうマーケットメイクとは、オークション方式の市場において大量の指値を供給することでその見返りとしてスプレッド分の利益を得る、という戦略を指すことが多いようです。

今回は私の備忘録としてマーケットメイク戦略の概要をまとめたものを公開します。

出典:we.love-profit.com

「MM」は「マーケットメイク」のことなのね
でも、わかったような、わからないような・・・
ですね
この後ブログでは、UKI氏がマーケットメイク戦略の概要を説明しているけど、数式とか沢山でてきてチンプンカンプン
あらら
でもなんとなく・・・mmbotとは、「ドテン君」に代表される中長期目線のトレンドフォローのボットとは違って、短い期間で頻繁に取引を繰り返す戦略らしいことはわかる
おそらく沢山の注文を出すことが、市場の取引を円滑にする役割を担うので、「マーケットメイク」という名称で呼ばれているのではなかろうか?
へー
「ドテン君」のAKAGAMI氏も、2017年末にはMM系らしきボットで、短期に小金を増やすチャレンジをしていたみたい
ほー

↓【2017年12月】「ドテン君」のAKAGAMI氏

なんとBitmex公式のMMbotプログラム(無料)があった!

そしてみつけた、これ
そのものズバリじゃない?
Bitmexの公式MMbotプログラム(無料)?
すべて英語ですね
とりあえずダウンロードしておきましょう
どうして公式でこういうものがリリースされているのだろう?
市場の取引量を増やすため?
まあ、いいや(笑)
BitMEX/sample-market-maker
GitHub - BitMEX/sample-market-maker: Sample BitMEX Market Making Bot
これをそのまま使って、UKI氏らがやっていたようなことをすぐに出来るとは思わないけど、きっかけにはなりそうだね
英語をざっと見ると、まずはテスト環境で稼働されるよう書いてありますね、当然ですが
よし!
まずはこのあたりから試してみよう
うまくいくといいですね
(数時間後)・・・う~む
どうしました?
もう動かしてみたんですか?
ドテン君を動かした要領で、BitMEXにテスト口座を作って動かしてみたいけど、うまく稼働しない・・・
どこがよくないんだろう・・・
あらら


【種明かし】そして・・・ついに手にいれたmmbot、でも、いつどこで使う???

なぜ・・・UKI氏はこんなに気前よく情報を開示するのだろうか??

しかし、種明かしされても・・・何もできない僕
情報が開示されても、すぐプログラム書けないですからね・・・

ただその後もウォッチしていると・・・次第にその仕組みがみえてきた
mmbotをプログラミングできないものの、部品を集めたらなんとかなりそうな気も?
そして・・・今回、magito氏がついにソースコードを無料公開しました
でさあ、magito氏が公開したmmbot
やはりUKI氏のものと一緒だったみたいね
つながりましたね

magito氏のnoteで明確なロジックも判明した
magitoさんがわかりやすく説明されています

出典:note.mu

magito氏、どこかで見たことがあるような気がしてたら、僕はすでにツイッターでもnoteでもフォローしてたよ
この人、遺伝的アルゴリズムのnoteを書いてた人だ
それにしても、この界隈には頭の良い人が沢山いるよねえ
なんか、くまちゃん、バカっぽいですよ(笑)

magimagi1223

暗号通貨BOTトレーダー&宇宙開発エンジニア。いずれも目指すはTO THE MOON🚀🌙 My宇宙ステーション建設を目標に資産運用してます。アルトArb/MMからBTCFXへ転向。機械学習も勉強中。
こちら!→ Python3 MarketMaker(MM)BOTのサンプルロジックとソースコード

ついに無料でmmbotのソースコードも入手
動かすだけなら、これで僕にもできる
そのまま動かして、成果はあがるのでしょうか?
今の相場でそのまま使ってもダメだよ
これを使うタイミング、使う場所を選ばないといけない
そしてできれば、独自ロジックも考えねばなるまい・・・
まだまだ道は長そうですね・・・