「記憶の中でぼくらがみる夏の雲~山本二三展|熊本県立美術館」くまとR子の子育て日記(197日目)

むーちゃんと山本二三展に行ってきた
ゆっくり鑑賞できた??
できるわけないでしょ(笑)
むりむり
ばーばー

☆☆☆☆☆
2018年、くま(49歳)とR子(42歳)の子育て日記です。
第一子むーちゃん(♀)は4歳、そして、第二子たろー(♂)は1歳になります。
高齢出産、高齢子育て・・・引き続き、が、頑張ります。
☆☆☆☆☆
元気な4歳児と一緒に美術館でゆっくりと鑑賞することなんてできないことはわかっていましたが、諸般の事情を鑑み、二人で山本二三展(熊本県立美術館)に行ってきました。
☆☆☆☆☆

いわゆる「二三雲」と呼ばれる雲の描写

時をかける少女《踏切》2006年 ⓒ「時をかける少女」制作委員会

記憶の中でぼくらがみる夏の雲~山本二三展|熊本県立美術館

まあ、なんとか一通り、観るには観れた(笑)
むーちゃんを連れていってくれてありがとう
おかげでたろーとゆっくり休養できたよ
プールに行く前にちょっとだけ美術館に行こうと言って連れていった
美術館の中で暴れたり、奇声をあげたりしなかった?
幸い奇声はあげなかったけど、とても機敏にお動きになられて、監視員のおばちゃんに目をつけれられてた
僕ら移動すると、監視員もそっと移動してくるのに僕は気づいていたよ(苦笑)
あらら
だって、はやくぷーるにいきたかったんだもん
ばーぶー

展示は撮影禁止だけど、記念撮影コーナーもあった

僕自身、子どもの時以来の県立美術館訪問かも

美術館の外に出ると・・・山本二三氏の絵のような夏空の下、修理中の熊本城

こちらもちょっと、山本二三氏の絵の中のようでは?

展覧会概要

 1974(昭和49)年以降、アニメーションの仕事に従事し、現在に至るまで日本アニメーション界を牽引してきた山本二三(やまもと・にぞう)の背景画やイメージボードを一堂に公開。「未来少年コナン」、「天空の城ラピュタ」、「もののけ姫」、「時をかける少女」など、初期から最近作までの約200点を展示します。
 実際の風景にも取材して、どこにも存在しない場所を構築する二三の作品は、特に水や雲の表現に定評があります。架空の物語世界だけではなく、故郷の五島も含む日本各地を描いた作品も出品されます。現実の景色が、絵となるときの変化にもご注目ください。
 本館での展覧会では、熊本のために描きおろされたオリジナル作品≪ああ、熊本城≫も特別に展示されます。ご覧いただけるのは熊本だけ。ぜひご来館ください。

出典:www.museum.pref.kumamoto.jp

山本二三展 日本のアニメーション美術の創造者

会期
2018年7月28日(土)~2018年9月17日(月)
会場
1階展示室
休館日
毎週月曜日
ただし、月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館
※8月7日~8月19日は連続開館。
※9月3日(月)は「障がいのある方々の鑑賞デー」として開館します。
観覧料
一   般 1,000円(800円)
大 学 生  700円(500円)
高・中・小  300円(200円)
■( )内は前売り及び20名以上の団体料金。
■ 未就学児無料 障がい者手帳をお持ちの方は無料

出典:www.museum.pref.kumamoto.jp

また会えたね、未来少年コナンの空

出典:www.wowow.co.jp

やっぱり僕の心の中にある空の風景って、きっと山本二三氏の空なんだよね
そういう世代なのね
僕にとって、「未来少年コナン」、「ルパン三世」に出てくるような・・・青い空と白い雲
パパが好きな作品の展示もたくさんあった?
最近の作品まで幅広く展示されていたからね
僕的には、「未来少年コナン」、「ルパン三世」をもっと見たかったけどね
ルパンも山本二三さんなんだあ
「ルパン三世カリオストロの城」、それに、145話「死の翼アルバトロス」と、155話「さらば愛しきルパンよ」が山本二三氏だね
ふ~ん
ところでこの夏、「未来少年コナン」がWOWOWで一挙再放送されているので、また再加入したよ
自分のお小遣いで視聴料を払ってくれるならいいわよ(笑顔)
わうわう?
わー?


未来少年コナン《ギガントコントロールルーム》1978年 ⓒNIPPON ANIMATION CO., LTD.



細川ガラシャ展(有料)、追悼・浜田知明展(無料)も開催中

その他、県立美術館では「細川ガラシャ展(有料)」もやってた
みてないけど
むーちゃんと一緒だし、そんなには観れないよね

でも、追悼・浜田知明展(無料)はみたよ
こちらは無料なのね
浜田知明氏については、訃報のニュースで初めて知ったけど・・・この作品群はインパクトあるよねえ
パパが好きそう(笑)
こわいから、きらい!
ぶー

出典:Amazon