ちびまる子ちゃんとガロの時代~さくらももこの中の毒

花輪くんとか丸尾くんとか、マンガ家の名前なんだよね
え?そうなんですか?


名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索

ちびまる子ちゃんのキャラクターとガロのマンガ家

こんな感じだよねー
うわ!
丸尾くん(丸尾末男)→ マンガ家・丸尾末広

出典:chibimaru.tv

↓丸尾末広の代表作「少女椿」

Amazonで購入

丸尾くんは、レトロ・ホラー調なマンガ家・丸尾末広からね
めっちゃ、サブカルっぽい雰囲気ですねえ
花輪くん(花輪和彦)→ マンガ家・花輪和一

出典:chibimaru.tv

↓花輪和一の最新作(2018年)

Amazonで購入

花輪くんは、花輪和一
この「風水ペット」はまさに今『ビッグコミックオリジナル増刊号』連載中だよ
へー
えびすくん→ 蛭子能収(えびすよしかず)

出典:www.youtube.com

↓テレビタレント蛭子能収は知っていても、マンガを知らない人も多いのでは?

Amazonで購入

言わずと知れた蛭子能収さんね
蛭子能収さんも元々はマイナーなマンガ家さんなんですよねえ
ちなみに、えびすくんというキャラクターは消えたキャラらしい・・・
今の公式ホームページとかに掲載されてないもんね
なんか大人の事情がありそうだが、今回はスルー(笑)

出典:chibimaru.tv

気になるう・・・
みぎわさん(みぎわ花子)→ マンガ家・みぎわパン

出典:chibimaru.tv

↓みぎわパンの作品、今はちょっと入手しにくいか・・・

Amazonで購入

みぎわさんは、みぎわパン
なんか、この表紙の女性の目がイヤです・・・
女性?男性?
・・・といったサブカルなマンガ家さんが活躍した伝説の雑誌、知ってる?
さくらももこも大いに影響を受けた「月刊漫画ガロ」!
「月刊漫画ガロ」ですか・・・?

ガロの時代~『ちびまる子ちゃん』にも影響を与えた伝説の月刊誌

↓1960年代~2000年代まで、ガロの表紙を適当に集めてみた

出典:auctions.yahoo.co.jp

月刊漫画ガロ

『月刊漫画ガロ』は1964年から2002年にかけて青林堂から刊行されていた日本を代表するオルタナティヴ・コミック誌であり、戦後日本のマイナー文化を支え続けた「サブカルチャーの総本山」でもある。誰が呼んだか、「最も有名なマイナー誌」。
特殊漫画家の根本敬いわく「漫画界を病院に例えるなら『ガロ』は間違いなく精神病院です」。

出典:dic.pixiv.net

白土三平らが1960年代に創刊した雑誌ね
当初、その白土三平の『カムイ伝』で大人気となった
なんか表紙だけ見ても、ヤバそうな・・・
この混とんの中から、様々な才能が生まれ、それが伝染していった
国民的アニメになった『ちびまる子ちゃん』も、元々はこの系譜?
ええー!
まさに内に秘めた毒
それも『ちびまる子ちゃん』の魅力だよね
『ちびまる子ちゃん』にも毒が・・・ありますね
言われてみればそうかもしれません
かわいいだけの、ほのぼのマンガじゃないんだぞ
『ちびまる子ちゃん』にも垣間見えるブラックな要素は、ここから来てるんですね
ちなみに僕の、ガロの思い出といえば・・・前の奥さんが「ねこぢる」好きだったんだよねえ
突然話が変わりました(笑)
前の奥さん・・・いいんですか?そんな話して


じゃあ、やめる(笑)
もー
ねこぢる、懐かしいなあ
僕も90年代に読んでいたよ
でも、なんであの人、自殺しちゃったんだろう?
え?
マンガ家のねこぢるさんって自殺したんですか?
そうだよ、人気絶頂の時にね
ダンナさんもガロ系の山野一というマンガ家
奥さんの死後は、ガロっぽい狂ったマンガを描くのはやめちゃったらしいけどね
双子の女の子のよき父親になったという
なんか、いろんな人生がありますねえ・・・
そーいえば、山野一の代表作『四丁目の夕日』
まだ読んだことなかったから、読んでみるか?
え~と(検索中)・・・それ電子書籍でもありますよ
まじ?
即買い!ポチっ!
三丁目じゃないくて、四丁目・・・(笑)
さっそく読んだ・・・
読まなきゃよかった・・・いや、若い頃に読まなくてよかった(苦笑)
ええええ?
どういう内容だろう・・・

サザン桑田、金爆・・・毒が消えた?最近のちびまる子ちゃん

出典:spice.eplus.jp

サブカル好きのさくらももこ
音楽マニアでもあった
へー
当初、アニメ『ちびまる子ちゃん』の主題歌に、大瀧詠一(歌:渡辺満里奈)や小山田圭吾(歌:カヒミ・カリィ)を起用してたもんね
当時フリッパーズ・ギターのファンだったらしい
渋谷系?
それから時を経て・・・最近の『ちびまる子ちゃん』の歌は、ゴールデンボンバーやサザン桑田佳祐でしょ
桑田さんが登場する特別番組もありましたよね
僕も久しぶりに見た『ちびまる子ちゃん』が、昨年2017年の桑田佳祐とのスペシャルコラボストーリー「茅ヶ崎の約束」だった

出典:www.fujitv.co.jp

ちょっと話題になりましたよね
僕の感想、『ちびまる子ちゃん』の毒が無くなった?
そうですか?
時代のせいか?
『ちびまる子ちゃん』のサブカル色も、ずいぶん変わってきたなあ・・・って思った、だってサザンと一緒の美談だよ?
くまちゃん、サザンが好きだからいいじゃないですか
だけどなあ・・・『ちびまる子ちゃん』って、見かけはほのぼのだけど、裏にはちょっと毒がないとね
最近の『ちびまる子ちゃん』は昔ほど毒が無くなってきてないか?
う~む
毒ですか・・・

【衝撃の事実】さくらももこの中の毒~さくらももこはヘビースモーカーだった!?

Amazonで購入

毒といえば・・・さくらももこはヘビースモーカーだったらしい
えええ!
それが今日の一番のショックかも!
これマジね
作品の要素としての毒ではなく、リアル毒?(笑)
え~と(検索中)・・・ああ
本当っぽいですねえ
『おとうさんのタバコ』

私は大の愛煙家だ。朝起きてまずタバコを吸い、
昼間から夕方まで仕事をしている間もずっと吸い、
夜眠る直前までタバコを吸う_。

だろ?
さくらももこさんのエッセイに書いてあるみたいです・・・
さくらももこのあのほんわかな雰囲気とタバコ、一見相いれないよね
タバコが大嫌いなカエルくんはショックだろう?
ショックですよ・・・
さくらももこさんのイメージが・・・
ケンタ→ 長谷川健太

出典:chibimaru.tv

↓元日本代表FWで、現・FC東京監督の長谷川健太氏

出典:www.daily.co.jp

そして、最後にまた、話がコロっと変わる(笑)
話があっちこっちに行ってるような気もするが・・・ケンタのモデルは長谷川健太というのは有名な話
さくらももこさんは、静岡県清水市出身ですからね
サッカーどころです
同じく、大野君というキャラも長谷川健太がモデルらしいからね
へー
でね、長谷川健太とさくらももこはなんかの企画で対談したことがあるらしいけど、長谷川健太はぜんぜん覚えてないんだって
さくらももこさんのことをですか?
そう、さくらは「私は長谷川君と同じクラスになったこともなかったし、ある意味当然」とコメントしているという

出典:ja.wikipedia.org

まー、そういうもんかもしれませんね
そしてその事について、「ひらば」の愛称でアニメにも登場する平岡秀章氏のコメントが面白い
この平岡氏もリアル同級生で、「ちびまる子ちゃん」や「コジコジ」の脚本なども手掛けてる人ね
そんな同級生もいるんですね
平岡秀章氏によれば、長谷川健太が「ヘディングのやりすぎで忘れられた」んだって(笑)
こらこら(笑)
以上、おあとがよろしいようで
ちょっとはヘビースモーカーのショックが和らいだかな?
いやあ・・・あのさくらももこさんがヘビースモーカーだったなんて、やっぱりショックです