【2019年】J3リーグの年間順位をオカルト予想する~超ざっくり各チーム寸評

サッカー(オカルト予想)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
J1とJ2の年間予想をするのが恒例だったけど、今年はJ3も!
僕らの地元、ロアッソ熊本も今年はJ3で戦いますからね・・・

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

初めてのJ3入門

ついにJ3と真剣に向き合う日がこようとは・・・
J1やJ2ほどは真剣に向き合ってなかったですよね(苦笑)
でも、J3がtoto対象試合になることもありますし、この機会に、もう少しきちんとJ3についてフォローしておきましょう

日本のプロサッカーリーグであるJリーグのJ1、J2の下に、2014年から新設される3部リーグ。1993年に発足したJリーグは、99年にJリーグ ディビジョン1(J1)とJリーグ ディビジョン2(J2)の2部制に移行した後も、全国にクラブ数を増やすことを奨励し、サッカーファミリーの拡大を目指してきた。一方で、近年、J2からアマチュアの最高峰リーグであるJFLに降格したチームが安定的に経営を継続するための条件整備が課題となっている。このような状況に対応するため、JリーグではJ2昇格を狙うクラブによる新たなリーグを設立することが必要として、J3の設立を2013年2月26日の理事会で決定した。
J3では加入全クラブをJリーグ準会員とし、その参加条件はスタジアムの入場可能人数5千人以上(J2は1万人以上)、プロ契約選手数3人以上(J2は5人以上)など、J1、J2に比べて緩和されている。

出典:kotobank.jp

2014年から始まったJ3リーグ、今年で6年目だよ
これまでの優勝したチーム、J2に昇格したチームはこのようになっています

出典:ja.wikipedia.org

J3の5年の歴史で、J2から降格し1年で無事J2に戻ったチームは大分トリニータのみ
栃木はなんとか2年で戻ったものの、群馬2年目、富山5年目、鳥取6年目、北九州3年目、このJ3の沼から抜け出せずにいるという・・・
鳥取さんはちょうどJ3が始まった年に降格参入してそのままなんですね
北九州なんて2年目でついにJ3最下位だからね・・・
J2から落ちたチームが、下位リーグだからといって、決してなめてはいけませんね
まあ、なめてるつもりはなくても、心のどこかに隙が出来たりするのかもね
そうかもしれませんね
僕らのロアッソ熊本も実力が足りなくて下のリーグを戦うことになったことをきちんと受け止めて、選手や監督のみならず、マスコミも、サポーターも、真摯な気持ちでJ3のリーグに臨まないと・・・例えば、今季J3に昇格したヴァンラーレ八戸が新しい舞台にフレッシュな気持ちで挑むようにね
ヴァンラーレ八戸のサポーターは新しい戦いにワクワクしてるはずですよね
僕らも降格したというネガティブな気持ちを、新しい舞台へのポジティブな気持ちに切り替えないといけないのかもしれませんね
そうだよ
それに、うかうかしてると、さらに下からは岡田武史監督のFC今治や、隣の宮崎なんかがJ3に上がってくるぞ
さらにJ3の下からも、上を目指して戦いを挑んでくる挑戦者たちがいます
ロアッソくんも、「僕は足が速いからすぐにそっちにいく」と、かつてJ1に昇格する鳥栖のマスコットに手向けたあの言葉を忘れずにまた駆けだしてほしいよ
よくそんな昔の言葉を覚えていますよね(苦笑)

卒業証書

ウィントス 殿

J2規定科目を
習得したことを証するよ。
ウィントスくん
J1昇格おめでとう
ボクは足が速いから
すぐそっちに
いくからね

ロアッソ熊本

※うろ覚えでしたが、こちらのブログで再確認
出典:blog.livedoor.jp

スポンサーリンク

【分析】超ざっくり各チーム寸評

僕なりに、J3の各チームについて寸評を述べてみたけど、J1やJ2以上に僕の主観になってしまった
寸評の後のコメントも、かなり熊本目線になってしまいましたね(苦笑)
チーム名(監督名と年数|2017年度の営業収益)

ざっくりとした寸評(主観的印象)です。主に、Jリーグ.jp(日本プロサッカーリーグ)サッカーダイジェストウィキペディアを参考にしました。
※チーム規模の目安として、Jリーグ公式サイトで公表されている2017年度の営業収益を掲載しました。2年前つまりJリーグとDAZNが提携する前の数字なので、チームによっては大きく数字が変化している場合もありますが、これが公表されている最新なのでご容赦を。あくまで大まかな目安として見てください。ちなみに、2017年時点の営業収益の平均は、大まかに、J1が40億円、J2が14億円、J3が4億円です。

ロアッソ熊本(渋谷洋樹監督2年目|8億円)

初めてのJ3参戦。おそらく経営規模も戦力もJ3では上位のはず。J1ライセンスを持つチームとして、確実に勝ち点を積み上げて行ってほしい。

この一年目が重要だぞ!
ここでさくっと戻れるか戻れないかですべてが変わるといっても過言ではない
昨季の主力選手がかなり抜けましたが、それでもJ3ではそれなりの戦力のはず・・・です
カマタマーレ讃岐(上村健一監督1年目|7億円)

なにかと熊本とは縁のある讃岐。北野監督の後は熊本出身で元日本代表の上村監督が監督1年目の指揮を執る。熊本同様1年でのJ2復帰を目指したい。

むしろ僕は、熊本より讃岐の方がなにかポジティブなものを感じる・・・う~む
熊本関係のスタッフ・選手もいますよね
ガイナーレ鳥取(高木理己監督1年目|5億円)

J2から降格し6年目、J3の歴史とともに歩む。昨季は3位と再昇格まであと一歩。しかし、主力も監督も交代し、またチームを構築しなければならない。

昨季は昇格圏にかなり接近してシーズンを終えている
ただし、今季は陣容がかなり変わったみたいですね
アスルクラロ沼津(吉田謙監督5年目|4億円)

監督5年目、J3では2017年が3位、2018年が4位と常に上位にいる。即戦力の補強も叶ったようで、今季も安定した実力を発揮することが予想される。

沼津も油断できない相手だぞ
ここ数年、常に上位にいるチームです
ザスパクサツ群馬(布啓一郎監督2年目|6億円)

昨季は終盤まで2位争いを行ったものの、布監督とともに2年目のJ3。メンバーは大きく変わったらしいが、監督曰く「攻守でハードワークできるメンバーを集めた」とのこと。

群馬は一年での再昇格はできなかったが、高校サッカーの名将布監督のもと、チームは確実に前に進んでいる印象
J2レベルに最も近いチーム、強力なライバルです
ガンバ大阪U-23(森下仁志監督1年目|-)

群馬サポーターにはあまりいい印象のない森下監督が今年から指揮を執る。2016年9位→2017年16位→2018年6位と、昨年は健闘した。

昨季は大阪のU-23が順位を上げてきたよね・・・
昇格に関係ないチームですが、逆に怖いですね
セレッソ大阪U-23(大熊裕司監督4年目|-)

昨季前半は10戦負けなしを記録するなど過去最高7位を記録。おそらく今季も侮れないだろう。

いつかはロアッソ熊本U-23がJ3に所属するレベルまで達するといいね
ひとつひとつステップアップしていくしかありませんよ
ブラウブリッツ秋田(間瀬秀一監督2年目|4億円)

2016年には、ライセンスがなく昇格できなかったものの、J3優勝も経験した。J2ライセンスも取得し、チームをよく知る間瀬監督(昨季途中就任)と共に、昇格を目指す。

秋田と間瀬監督は相性がいい印象
秋田も強力なライバルです
SC相模原(三浦文丈監督1年目|3億円)

J3は6年目、三浦1年目。元代表稲本(←札幌)獲得をはじめブラジル人選手など積極的に補強、躍進する可能性は十分ある。

レジェンドGk川口が引退したら、レジェンドMF稲本がやってきた
ベテランの経験がチームのレベルを上げるかも?
AC長野パルセイロ(横山雄次監督1年目|7億円)

J3は6年目。昨年こそ10位だったが例年上位の長野。今季は栃木でJ3昇格とJ2残留の2年間を過ごした実績のある横山監督が指揮を執る。

長野も上位にいることが多いチーム
しかも、J2とJ3で実績のある横山監督が今季から就任しました
カターレ富山(安達亮監督2年目|5億円)

J2降格後、J3も5年目となる。昨季途中から指揮を執る安達監督2年目。目指す攻撃的なサッカーにあわせた補強が進んでいるらしい。

安達亮監督は、神戸をJ2からJ1に昇格させたこともあるからね
49歳で僕と同じ年のいい男だよ
いい男って(苦笑)
福島ユナイテッドFC(松田岳夫監督1年目|4億円)

J3は6年目、下位からなかなか浮上できない。かつて鳥取をJFLからJ2に昇格させ、なでしこ1部の神戸(昨年2位)を2年率いた松田監督が就任する。

福島はそんなに強い印象はないなあ
松田監督は直近はなでしこの監督ですが、鳥取でも実績のある監督のようです
いわてグルージャ盛岡(菊池利三監督3年目|3億円)

J3は6年目、こちらも下位からなかなか浮上できない。菊池監督は3年目だが、選手が大きく入れ替わった模様。

元ヴェルディのMF菊池利三氏は今は地元のクラブチームの監督をやっていたのかあ
お兄さんはGK菊池新吉氏だよね、同じくヴェルディだった
盛岡さんも下位にいることが多いチームのようです
FC東京U-23(長澤徹監督1年目|-)

昨季上位に躍進したU-23大阪勢に続きたい。今季からファジアーノ岡山を率いていた長澤監督が就任する。

いい監督が就任したんじゃないの?
東京も昨季の大阪勢のように、上位にきたら怖いですねえ
Y.S.C.C.横浜(シュタルフ・悠紀・リヒャルト監督1年目|2億円)

34歳での監督就任はJリーグクラブでの最年少らしい。しかし、監督の実力も、選手の陣容も未知数。

ユニフォームが横浜FCと同系色でちょっと紛らわしいなあ(苦笑)
それにしても、監督の名前がカッコいい
そこはサッカーとは関係ありません・・・
藤枝MYFC(石崎信弘監督2年目|2億円)

J3は6年目、最高7位が2回あるがそれ以外は二けた順位。昨年7月よりベテランの石崎監督が指揮を執っている。

超ベテランの石崎監督だよ
例年下位でしたが浮上してくる可能性もある?
ギラヴァンツ北九州(小林伸二監督1年目|9億円)

選手もかなり入れ替わり、実績のある小林監督が就任した。J2昇格も見える?いや、まずは上位進出したい。

北九州も2年目で最下位に沈んだとはいえ、小林監督が就任したのは怖い・・・
そもそも熊本は、なぜか北九州に大量得点で負けちゃうんだよね・・・
相性の悪いチームというのはありますよね・・・
ヴァンラーレ八戸(大石篤人監督1年目|-)

青森県からJリーグ初挑戦となる八戸。前・藤枝MYFC指揮官の大石監督が指揮を執る。

3部とはいえ、今季からJリーグを戦うとなれば、選手もサポーターも燃えてるでしょう
ですよねえ
さっきも言ったけど、僕らも八戸のように謙虚に・・・そして時には大胆に、J3に挑まないとね
以上、かなり熊本目線の寸評とコメントでした
スポンサーリンク

【2019年】J3リーグの年間順位をオカルト予想する

さあ、直感で予想!
どうぞ!
2019年J3リーグ年間順位オカルト予想
順位予想結果
01位ロアッソ熊本
02位カマタマーレ讃岐
03位ザスパクサツ群馬
04位ギラヴァンツ北九州
05位ブラウブリッツ秋田
06位ガイナーレ鳥取
07位アスルクラロ沼津
08位AC長野パルセイロ
09位カターレ富山
10位ヴァンラーレ八戸
11位藤枝MYFC
12位ガンバ大阪U-23
13位セレッソ大阪U-23
14位FC東京U-23
15位SC相模原
16位福島ユナイテッドFC
17位いわてグルージャ盛岡
18位Y.S.C.C.横浜

予想:くま

あまりオカルト予想っぽくないが、やっぱ熊本と讃岐が筆頭・・・じゃないかな?
だといいのですが・・・
スポンサーリンク

【熊本目線】ロアッソ熊本は1年でJ2に復帰できるのか?

最後に・・・もう一度、ロアッソ熊本にふれて、今日はおしまいにしよう
いよいよ開幕が近づいてきました
僕はやはり、渋谷洋樹監督が本当はいい監督と信じたい
昨季は理想を追い過ぎただけだと思いたい
いまさら信じるしかないです
今季は理想と現実をきちんと切り分け、現実的に勝ち点を積み上げつつ、その上で理想を追求して欲しい
まずは現実ですね

ちょっと年齢が気になるけど、やはりFW原一樹に期待したい
実績のあるフォワードです

GK山本海人も怪我せず活躍してほしい
畑選手も、野村選手も負けるな
元日本代表ですよ

↓なんとFWでもプレーするDF小笠原佳祐選手

そしてやっぱり若者に一番期待する
DF小笠原佳祐選手
DFなのに、FWもやる?
なんとなく、この選手は持ってそうな予感がする!
ロアッソ熊本と共に、大きく成長してほしい!
僕らは期待して応援するのみです!