「【ゆうべに・さちのか】初めてのイチゴ狩り|岩村観光農園(熊本県八代郡氷川町)」くまとR子の子育て日記(263日目)

子育て日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
パパ、むーちゃん、たろー様
初めてのイチゴ狩り!
わたしはやったことあるよー
☆☆☆☆☆
2019年、くま(50歳)とR子(43歳)の子育て日記です。
第一子むーちゃん(♀)は5歳、そして、第二子たろー(♂)は2歳になります。
高齢出産、高齢子育て・・・引き続き、が、頑張ります。
☆☆☆☆☆
初めてのイチゴ狩りです。熊本県内各所にありますが、どこがいいかわからないので、とりあえず比較的近くて行きやすい「岩村観光農園(熊本県八代郡氷川町)」に行ってきました。かなり正解だったと思います。
☆☆☆☆☆
スポンサーリンク

【全国3位】熊本のイチゴ

意外と知られていない〝いちごの名産地〟

いちごと聞くと「とちおとめ」「スカイベリー」「あまおう」
を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

実際に生産量も、第1位「栃木県」第2位「福岡県」なのですが、、、
第3位は「熊本県」なんですよ!

出典:www.kikuchi-marugoto.jp

実は・・・熊本はイチゴの名産地だった!
知らなかったの?(苦笑)
3位とは知らなんだ
・・・という訳で、みんなでイチゴ狩りに行ってきました
12月から5月くらいまでやってるらしいけど、やっぱちょっと寒いうちがよくない?
5月はビニールハウスの中が暑いわよ・・・
でしょ
ところで、最近「ゆうべに」ってよくスーパーで見かける
イチゴ狩りでも「ゆうべに」はあるかな?
「ゆうべに」は最近人気みたいね
いちご!いちご!
まま!

※現在の語彙「まま」「あんぱ(アンパンマンのこと)」「あんにゃ(バイキンマンのこと)」「にゃー(キティちゃんまたはサンリオキャラのこと)」

2015年生まれの新品種いちご【熊本県産の熊紅(ゆうべに)】

「ゆうべに」は、熊本県の農業研究センターで開発されたいちごの新品種です。
同じ熊本生まれの「ひのしずく」と上品な香りに由来して名付けられた「かおり野」を掛け合わせて作られました。
「ひのしずく」から強い甘みと粒の大きさ、「かおり野」からは、上品な香りを受け継いでおり、良いとこ取りのいちごといった仕上がりです。

熊本の「熊(ゆう)」といちごの「紅(べに)色」を合わせ、華やかさと、上品さをイメージしています。

愛称の通り鮮やかな紅色。
酸味は控えめで、抜群の甘みとフレッシュな果汁。
加えて芳醇な香りに魅了されます。
酸味控えめで甘みが強いので、お子様に喜ばれる品種です。

出典:www.kikuchi-marugoto.jp

スポンサーリンク

【氷川町】初めてのイチゴ狩り|岩村観光農園(熊本県八代郡氷川町)

インターネットで調べると、だいたい大人1人1000円ちょっとから2000円くらいが相場みたいね
未就学児のむーちゃんはもう少し安いよね
たろーは無料かな?
阿蘇方面にもよさそうなイチゴ園があるけど、今回は氷川町の岩村観光農園に行くことにした
道の駅竜北から歩いて2分、場所もわかりやすいし、帰りに竜北公園で遊んで帰るとちょうどいいかなって
熊本市内からも30分くらいよね
今回は1000円割引のクーポンが使って、じゃらんで予約して行った
大人1600円×2、3歳以上の未就学児は900円、たろーちゃんは無料、クーポン1000円引き・・・つまり、合計3100円分食べなきゃいけないってことね
まあ、そんなにムリしなくても(苦笑)
お腹すかせていくわよ!
むーちゃん、ひゃっこたべる!
あんぱ
岩村観光農園(熊本県八代郡氷川町)イチゴ狩り

※忍者体験が大人気「火之国屋」さんのホームページより引用

いちご狩りは歩きながらなので楽。
道の駅竜北のすぐ裏側にあるのでお食事や物産品購入、イグサソフトクリームも楽しめる。
寒い時期は実が成りにくいので日曜日は無いことが多い。
3月の水曜日~金曜日がかなりおすすめ!!!
※4月中旬以降は暑くなるとビニールハウスなのでいちごの劣化が早く黒ずんだりカビが生えたいちごなどがあります。(気付けば取 り除いています)

■営業時間
 受付 ▽10時から16時
いちご狩り時間▽10時から17時
※岩村さんの電話接客が冷たいでござるが実は気さくな優しい方なので会ったら突っ込んでくだされ。
 by 火之国屋 忍頭 小斎深夜

■いちご狩り 食べ放題コース
中学生から大人 1,300円
小学4から6年生 1,100円
小学1から3年生 800円
3才以上 600円
注:グループで食べ放題を選んで下さい。
(グループで来られこどもだけの食べ放題はご遠慮ください)

■いちご 量り売り
100g/170円(税込み)

■お問い合わせ・お申込み
いちご狩り熊本県八代 岩村観光農園
   TEL 090-9654-9213(岩村まで)

出典:fire-land.jp

実際に書いてあった料金と、じゃらんの料金が違うのが気になったけど、クーポン使えばじゃらんの方が安い?
そうね

スポンサーリンク

この日、主に食べたのは「さちのか」でした

個性キラリ「さちのか」

「とよのか」と同じく農林水産省生まれの「さちのか」は、昭和62年に良い食味が特徴の「とよのか」と極大果実の「アイベリー」の交配実生を選抜し、平成8年に命名されました。円錐形、濃紅色の果重型大果系品種で、糖度が高く、食味が良いのが特徴です。果実(果皮)は硬く、日持ち、輸送性に優れていることから、いつまでも美しく、おいしい果実で抜群の市場評価です。

出典:jasaga.or.jp

岩村観光農園では、気さくな岩村さんが一人で対応されているみたい
ビニールハウスが4つ並んでいて、「さちのか」のビニールハウスに案内された
他の人たちもみんなそこに案内されていたよね
女の子グループが多いね
たろーちゃんのこと可愛いって言われたよ(自我自賛)
ところで、土曜日に来て正解だよ
岩村さんにいろいろ質問してみたら、日曜日はイチゴが無くなってることも多いみたいよ
よかったね
そして、「さちのか」以外食べれないか聞いたら、他のビニールハウスにも案内してくれた
こちらのビニールハウスには「ゆうべに」ほか数種類のイチゴがあって、僕らが食べるくらいは残っていたけど、午前中でほとんど食べつくされてたみたい
客数とイチゴの数を読むのがなかなか難しいんだってね・・・
週末しか行けない人は土曜日の早い時間がいいのね
だね
でも60分食べ放題だけど、そんな沢山食べきれないね
10分くらいでお腹いっぱいだよ(苦笑)
30分1000円・・・いや、15分500円で食べ放題だったらいいよね
お客側はね
まあでも、かなり満足できた
さあ、公園に遊びに行くか?
むーちゃんもう大丈夫?
ろーらーすらいだーのこうえんでしょ
いくー!
まーま!

今回は「さちのか」のビニールハウスに案内してもらいました。

5歳児、初めての「イチゴ狩り」!

2歳のたろー様もイチゴ大好きです。

「さちのか」以外のイチゴも食べることができました。こちらは「さがほのか」。

こちらは「紅ほっぺ」。どのイチゴが食べられるかはタイミングと運ですね。

そして、最近人気の「ゆうべに」も!