「大盛況の合志マンガミュージアム(熊本・合志市)、平日は比較的ゆっくり楽しめるようです」くまとR子の子育て日記(111日目)

合志マンガミュージアムに行ってきたよ!
むーちゃんはまだ3歳だからマンガ読めないでしょ・・・(苦笑)
まんが、よんだよ?
ホントに?
すやすや(睡眠中)

☆☆☆☆☆
くまとR子の子育て日記です。
この春、第一子むーちゃん(♀)は3歳、そして、第二子たろー(♂)が誕生しました。
高齢出産、高齢子育て・・・、が、頑張ります。
☆☆☆☆☆
2017年9月9日(土)は、ずっと気になっていた、7月開館の「合志マンガミュージアム(熊本・合志市)」に行ってきました。
翌日9月10日(日)は、ひまわりが枯れないうちにと・・・これまた気になっていた、「ひまわり迷路(熊本・西原村)」で遊んできました。
☆☆☆☆☆

大盛況の合志マンガミュージアム(熊本・合志市)、平日は比較的ゆっくり楽しめるようです

子どもにとって、近所にこんな場所があったら天国だね・・・
よかった?
これは各市町村に1つ設置してほしいレベルだよ(笑)
そんな(笑)
場所は合志ってゆーか、西合志だったよ
熊本県農業公園カントリーパークのすぐ近く
カントリーパークの近くかあ
もともと資料館だった建物をマンガミュージアムにしたみたいで、西合志図書館と同じ敷地内
だから、駐車場も広くて十分駐められるスペースがあるよ
入館料300円で一日過ごせるんでしょ
うん、出入り自由で、さらに、小学生以下は無料
しかも、年間パスポートだと1500円、マンガ喫茶よりうんといいよ
人気が出そうね
これがアクセスのいい場所だったら、もっと凄かったろうね
僕らが行ったのは土曜日だったけど、館内はちょっと人が多すぎだったなあ・・・
でも、スタッフに聞いたら、平日はゆっくりできるみたいよ
今回はマンガ読めた?
むーちゃんと一緒で読めるわけないじゃん(笑)
それは覚悟の上だよ
むーちゃんやたろーがもう少し大きくなったら、また行きたいね
だよね
だから、むーちゃんも、まんがをよんだよ?
むーちゃんも自分でマンガを選んで、読む真似をしてたよ(笑)
それに、選ぶマンガが渋いんだよ、「ドカベン」とか、「キューティーハニー」とか
また、まんがをよみにいきたい
(笑)
手塚治虫、藤子不二雄、水木しげる・・・大御所の全集も揃ってる
ひと夏くらい籠りたいよ

熊本から、第二・第三の江口寿史、尾田栄一郎は生まれるか?


※館内は撮影禁止だが、このパネルの前だけは記念撮影オーケー

運命を変える漫画との出合いを提供しながら、市の地域振興や活性化にも貢献したい

 熊本県合志市の旧西合志郷土資料館が「合志マンガミュージアム」に生まれ変わった。1万5千冊の漫画が自由に読めるとあって、夏休み中の子供やファンでにぎわっている。合志市とNPO法人がタッグを組み、「漫画を読み、観(み)て、学べる」施設を目指す。 (谷田智恒)

 壁一面の本棚に、県産杉材でつくったキューブ型(立方体)の閲覧コーナー。ミュージアムのつくりには、遊び心が詰まっている。

 「もともと漫画は、机に向かって読むものではない。キューブは座る場所によって、縁側や押し入れの中のようになったりする。好みのポジションを見つけ、思い思いに楽しんでほしい」。館長を務める橋本博氏(68)は、こう語った。

 分類も工夫した。人気漫画を1960年から10年刻みでまとめて、本棚に並べている。橋本氏は「人生で最も漫画に親しむのは、たいてい10代の頃でしょう。生まれた年に10年を足した本棚をのぞけば、子供時代の懐かしい作品が見つかるようにした」と語った。

 そのほか、戦時中や戦後の貴重な紙芝居や風刺画、漫画資料などもケース内で展示する。いずれも橋本氏が少年時代から集めたコレクションだという。

(中略)

 夏休み中のミュージアムは連日、にぎわいを見せる。橋本氏は「祖父母、親子の3世代で来館し、漫画を楽しんでもらいたい。見たことがない、運命を変える漫画との出合いを提供しながら、市の地域振興や活性化にも貢献したい」と語った。

出典:www.sankei.com

館長さんは、黒髪で古本屋をやってた人だね
NPO法人?
マンガで熊本を活性化しようと、いろいろ活動されてるみたいね
念願のマンガミュージアムじゃない?
そーいえば、「ワンピース」の尾田栄一郎さんも熊本出身よね
熊本出身、熊本ゆかりのマンガ家は多いんだよ
「スラムダンク」の井上雄彦、「ごくせん」の森本梢子、「夏目友人帳」の緑川ゆき、「ケロロ軍曹」の吉崎観音・・・
井上雄彦は鹿児島出身だけど、熊大なんだよね
へー
僕は、江口寿史ととり・みきが熊本っていうのがうれしい
しらない・・・
江口寿史は絵をみたらわかるよ
ところで、マンガ家でタレントの蛭子能収
長崎だと思ってたけど、実は生まれは天草なんだって
今回初めて知った(笑)
へー
蛭子さん、天草なんだ
子どもの頃、こんな施設が近所にあったら、僕は夏休み中、ここで過ごしたい
これは、熊本からまた、第二・第三の江口寿史、尾田栄一郎は生まれるかもよ!
館長の橋本博氏もそれをもくろんでいるのだろう
(笑)

熊本人図鑑 第22回 NPO法人熊本マンガミュージアムプロジェクト 代表 橋本 博さん(2017年8月後半放送)

合志マンガミュージアムの隣には公園もあります

合志マンガミュージアムの隣には公園もあったよ
あら、結構広い公園ね
一日マンガを読んだ後、公園でちょっとだけぼーっとすると気分転換になるんじゃない?
ブランコたのしー!
すやすや(睡眠中)
【合志マンガミュージアム】

合志マンガミュージアムの館内には、そんなマンガ本約7万冊を収蔵し、その中から選び出した約1万5千冊を展示しています。

〒861-1104 熊本県合志市御代志1661番地271
電話・Fax: 096-273-6766

◆入場料(大人・大学生:300円、中学・高校生:100円、小学生以下:無料)
◆年間パスポート(大人・大学生:1,500円、中学・高校生:500円、小学生以下:無料)
※館内には無料でお楽しみいただける「フリーゾーン」もあります。

◆開館時間:午前10時から午後6時まで
◆休館日:月曜(月曜が祝日の場合は翌平日)、毎月末日(土・日・祝を除く)、年末年始
※展示替え等による臨時休館あり

出典:www.city.koshi.lg.jp

合志マンガミュージアムは、西合志図書館の隣です

橋本館長おすすめ、浦沢直樹「ビリー・バッド」!
マンガは人生、マンガは哲学だそうです

ひまわり迷路(熊本・西原村)で遊ぶ

ヒマワリ畑の迷路駆け回れ 西原村に登場 [熊本県]

 西原村布田で、ヒマワリ畑に作った迷路がお目見えした。熊本地震からの復興を支援している市民団体「Noroshi(のろし)西原」が、子どもが思いきり遊べる場所を設けようと、7月から種をまくなど準備を進めていた。秋の風が吹き始めたが、今月中旬まで満開の黄色い花が楽しめる。

 村に笑顔を増やそうと始めた「ガレキと一輪の花プロジェクト」の一環で、昨年に続き2回目。約1万本を植えた約4000平方メートルの敷地には幾筋も通路があり、分かれ道に立てられた看板のクイズを解きながらゴールを目指す。入場無料。親子連れでにぎわい、子どもたちは広大な迷路を元気よく走り回っていた。
=2017/09/04付 西日本新聞朝刊=

出典:www.nishinippon.co.jp

9月10日(日)は、西原村の「ひまわり迷路」で遊んできたよ
むーちゃん、楽しそう
結構、みんな来てたよ
10台分くらいの駐車スペースがあったけど、ほぼ埋まってたもん
ひまわり迷路は、去年からやってるの?
うん
熊本地震後に始まったらしいね
来年もやるんじゃない?
来年は、私とたろーも一緒に行こうね
たろーも歩けるようになってるかな?
なってないと困る・・・
たろーがまいごにならないように、むーちゃんがいっしょにいってあげるよ
うー

ちょっとひまわりの元気がなくなってきてました・・・

クイズに答えながら、迷路をすすみます

間違ったら、行き止まり

足元のメッセージが泣けます・・・

ゴール!(このあと、のってきた3歳児は、3回も迷路を繰り返しました・・・)

西原村の河原地区に、もう一か所、ひまわり迷路を作ったらしい
こっちは場所がちょっとわかりづらいみたいだけど・・・