【DOOWUTCHYALiKE?】「日本の超未来的、使い捨てカイロ」小沢健二のツイートで学ぶ英語【アーカイブ4】

エトセトラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
小沢健二のツイートで学ぶ英語表現。英語でツイートするって言ってたけど、意外と日本語ツイートもあってホッとするね(笑)。
こちらは日本語のツイートです。

先生方、「昨夜」をyesterday nightと訳した生徒に✘(バツ)は、待って。

会話でyesterday nightは、100%通じます。英語学習の目的が「人との交流」なら、達成してるので、✘は変。

そりゃlast night。でも、大事なのは語学? 交流?

✘ばかりだと意識して、人前でフリーズしちゃって可哀想、Jキッズ。

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
※【DOOWUTCHYALiKE(ドゥワッチャライク)】とは、雑誌「オリーブ」に連載されていた小沢健二のエッセイです。今回のツイートにかつて「オリーブ」での鋭い視点を思い出した方も多いかもしれません。
スポンサーリンク

需要ある?

小沢健二の英語ツイートを逐一、翻訳している僕ら。
これって需要ありますかね?
あるだろ?
小沢健二の英語ツイートを自分で翻訳するのが面倒な人は多いと思うぞ。
でも、今はGoogle翻訳など、気軽に自分で翻訳できますよ?
ネットでだいたいは翻訳できるけど、小沢健二の英語ツイートは略語やスラングも多いし、日米の文化またはサブカルを少しは理解していないと意味がわからないものもあるだろう。Google翻訳だけじゃ意味不明なことも多いと思うよ。
くまちゃんならそれが上手に翻訳できると?
上手かはわからんが、まあ、自分の勉強にもなるし、面白いからやってる。間違ってたらすまん(笑)。
まあ、英語にせよ、日本語にせよ、発言した本人しか本当の意図はわからないですからね。ひとつの解釈としてくまちゃんの翻訳もいいってことにしましょう。
君、なんか偉そうだなあ・・・。
スポンサーリンク

日本の超未来的、使い捨てカイロ

“That escalated fast,” is what comes to mind whenever I go to Akihabara every 2 yrs or so & discover that some products have evolved into something completely too much. I predict by 2021 our disposable body warming pads will have USB ports, speakers & acupuncture needles. #Japan

“急激な進化”で思い出すのは、2年おきくらいにいく秋葉原で出会う、過剰に完璧へと近づく製品たち。2021年までに、僕らの使い捨てカイロは、カラダを温めることに関係のない、USBポートとスピーカーがついてると予測する。(くま訳)

【覚書】
escalated エスカレートする、段階的に拡大する
fast 速い、迅速な
yrs → 「years(年の複数形)」の省略。
or so おおよそ、・・・ほど
evolve 発展する、考案する
predict 予測する、予言する
disposable body warming pads 使い捨てカイロ
acupuncture 鍼、鍼治療

ガラパゴス日本、万歳!
あ、くまちゃんがせっかく翻訳してくれましたが、小沢健二さん本人による日本語訳ツイートもありました。
く・・・。そのパターンもあるのか。

今英語で書いたのは、日本って使い捨てカイロが買えるだけでも驚きなのに、あれって充電できそうな砂が入ってるからって、充電式ホカロンになって、マッサージ機能が付いて、携帯をちょい充電できるUSBポートが付いて、って便利さの快進撃が始まるじゃないですか。あれちょっと怖いんですよ。

スポンサーリンク

外国人は、結構日本語喋りたい?

次は日本語ツイート。あるある。
日本人は身構えて英語で喋らなきゃと思ってしまいます・・・。

外国人は、結構日本語喋りたいもの。問題は、僕ら日本人は外国人を見ると英語と身構えて”Hello”モードに突入、相手は練習した日本語を使えない。2020年へ「英語を話す」練習も良いけど、「日本語を聞く」練習も大切。英語だと思って聞いてたのが、実は日本語だったりしますから。「踏まないで」とか。

僕もつねづね思っていたよ。
日本にいる外国人には日本語で喋った方がいいと?
そうそう。
だいたい日本人は気を使いすぎるんだよ。
そういうもんですかねえ。
これからは自信を持って、日本語で外国人と接するようにしよう!
もちろん、向こうが英語でリアクションしてきたら、付き合ってあげるけどね。できる範囲で。
そのくらいでいいのかもしれないですね。
いいんだよ、それで。
でも、「踏まないで」って、なに?
フット・マイ・ノット・デー?
ハバ・ナイス・デー、じゃないですか?
それだ!