「【工場見学】コーラ工場を見学して野原を走り回ってきたよ|グリーンパークえびの(コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社えびの工場)」くまとR子の子育て日記(310日目)

子育て日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
宮崎県のグリーンパークえびのに行ってきた。
コカ・コーラ工場見学です。
☆☆☆☆☆
2019年、くま(50歳)とR子(43歳)の子育て日記です。
第一子むーちゃん(♀)は5歳、そして、第二子たろー(♂)は2歳になります。
高齢出産、高齢子育て・・・引き続き、が、頑張ります。
☆☆☆☆☆
グリーンパークえびの(宮崎県えびの市)では、コカ・コーラ工場を自由に見学することができます。事前予約も必要ありません。
☆☆☆☆☆
スポンサーリンク

【工場見学】コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社えびの工場を見学する

僕らの住む熊本からも高速で1時間半程度だよ。
天気良くてよかったね。

工場自由見学(無料)2F

自由見学では、小型ペットボトル無菌充填ラインを、見学通路のパネルや映像・展示物など照らし合わせながら、窓越しにご見学いただけます。

営業時間9:30~17:00
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)年末年始、臨時休館日
見学内容見学通路より窓越しに製造ラインを見学。見学終了後には、コカ・コーラ社製品のプレゼントや試飲も。
所要時間約15分~30分
受入人数1名~ ※但し中学生以下は保護者同伴
見学時間9:30~16:30(受付は16:00まで)

出典:www.ccbji.co.jp

入口で受付を済ませて、まずは2階に登って工場見学。
むーちゃん、たろーちゃん、いくよー。
はいはーい。
うん。

※現在の語彙は、「まま」「あんぱ(アンパンマンのこと)」「あんにゃ(バイキンマンのこと)」「にゃー(キティちゃんまたはサンリオキャラのこと)」「あけて(お菓子の袋を開けてほしいときなど)」「ばーば」「じじ」「ぎぎ(うさぎのこと)」。そしてやっと最近「たた(ぱぱ)」と言うように! また、首をふったて否定したり、「うん」と頷いたり肯定したりと意思表示できるようになりました。

入口付近の展示。

ママが受付している間、さっそくくつろいでいます。

2階へ上がって工場見学。ここから先は撮影禁止です。

15分程度工場を見て回ったら、試飲タイム。ひとり一本好きな飲み物を貰えます。

コレクションギャラリー見学(無料)1F

コカ・コーラ130年の歴史を感じられるギャラリー。アメリカで実際に使われていた機材やボトル、看板、自動販売機のほか、広告物や販促品など、700点以上の貴重なコレクションを展示。

営業時間9:30~17:00
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)年末年始、臨時休館日
展示品数700点以上(お手を触れずにご見学ください)
所要時間約5分~10分
見学時間9:30~17:00

出典:www.ccbji.co.jp

1階のコレクションギャラリーも見ごたえあるよ。むしろ、こっちが楽しいかも。懐かしー!
素敵ねえ。
さわっていいの?
いろいろと触っちゃダメだよ。
うん。

コカ・コーラのデザインワークは見ていて楽しいですね。

やはり1970年代後半から1980年代あたりの展示が一番懐かしい・・・。

子どもたちは単にキラキラきれいなデザインに惹かれているようです。

コカ・コーラの企画で、うちの町にもヨーヨー名人がやってきて子どもたちに講習やってたよなあ。

このあたりの時代の自販機が好き。

このスタイルの自販機も懐かしいなあ。風呂屋とかにもあったよね?

スポンサーリンク

野原を走り回ってきたよ|グリーンパークえびの

工場の裏手には広場があるよ。
お花畑は今は調整中みたいね。
はしりまわるー!
きゃっ!きゃっ!

草スキーを楽しむ5歳児。

最近はいたるところで鉄棒をはじめる5歳児。

グリーンパークえびのは、えびのICのすぐ近く。えびのICのとなりの道の駅でお土産を買って帰ることにします。

スポンサーリンク

幻のコカ・コーラのレシピ発見!?

出典:www.thisamericanlife.org

実に健全なコカ・コーラ工場だったので、最後はちょっと不健全な話題を少し(笑)。コカ・コーラっていうくらいだから、最初は「コカイン」の成分が入った飲料だったんじゃない?
そうなの?
コカ・コーラのレシピは長年秘密にされてきているが、幻のレシピが公開かと騒がれてこともある。ウィキペディアより引用する。
これホント?

2011年2月、アメリカのラジオ番組This American Lifeが、コカ・コーラ社の最高機密とされる香料「7x」の調合割合を発見したと公表した。同番組のプロデューサーが発見したザ コカ・コーラ カンパニーの地元紙The Atlanta Journal-Constitutionの1979年2月8日付けの記事には、コカ・コーラの発明者ジョン・ペンバートンが手書きしたレシピとされる写真が添えられていた。写真から読み取れるレシピは、以下の通りである。

コーラシロップ
米国薬局方コカ流エキス 3ドラム
クエン酸 3オンス
カフェイン 1オンス
砂糖 30(単位は不明瞭だが、おそらくポンド)
水 2.5ガロン
ライムジュース 2パイント(1クォート)
バニラ 1オンス
キャラメル
カラメル 1.5オンス(より着色するにはそれ以上)

7X 香料(5ガロンのシロップに対し、2オンス混ぜる)
アルコール 8オンス
オレンジオイル 20滴
レモンオイル 30滴
ナツメグオイル 10滴
コリアンダー 5滴
ネロリ 10滴
シナモン 10滴

これに対しザ コカ・コーラ カンパニーは「アトランタの銀行の金庫に保管されている本物のレシピと、写真のレシピは異なる」とコメントし、このレシピの真実性を否定した。

出典:ja.wikipedia.org

どうなんだろうね。暇とお金を持て余していたら試してみたいね。
もし美味しくできた場合のみ、飲ませてね(笑)。
美味しくできたら、お店出せるかもよ?
いやいや(苦笑)。
ぱぱ、つくってよ。
うん。
さらに、こんなニュースも!!!
日本では絶対ダメでしょう・・・(苦笑)。