人体自然発火現象(SHC)の謎

すこしふしぎ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐野元春の亡くなった妹さん、実は人体発火現象らしいよ。
え?え?
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

【事例】2010年アイルランドで発生した、マイケル・フェアティの事例

出典:www.dailymail.co.uk

佐野元春の件はひとまず置いといて・・・人体自然発火現象について、比較的最近の事例を紹介する。
え~と(検索中)・・・これは2010年アイルランドで発生した事例です。

 世の中には信じられない出来事が起こることがある。映画や小説のネタによく使われてきた「人体自然発火現象」。そんなものが現実に存在するわけがないと、誰しもが思っていることだろう。ところが、あろうことかこの現代のアイルランドで、マイケル・フェアティという76歳の老人が焼死し、検視官はその死因を自然発火現象だと断定した。これには世界中が驚愕し、当然のごとく判定には異論が続出した。

 それは2010年のクリスマスまであと数日という、ある日の早朝のことだった。アイルランド西部にあるゴールウェイ近郊の町、バリーバンで火災報知器が鳴り響いた。目を覚ました住人がフェアティ家からもうもうと煙が吹き出しているのを見て、すぐさま消防署に通報。家の中に踏み込んだ消防隊がそこで目にしたのは、悲惨な光景だった。

 フェアティ氏が居間の床の上に倒れて死んでおり、その体は黒こげになっていたのだ。だが、消防隊員たちの顔には、痛ましさとともに深い困惑の色が浮かんだ。遺体が横たわっていた場所の床と天井以外には、建物が燃えた形跡がどこにもなかったのだ。

 建物をくまなく現場検証しても、消防隊は火元となるような物質を見つけることができず、またフェアティの殺害を匂わせるものも発見されなかった。遺体が横たわっていたのは暖炉のすぐ近くだったが、調査の結果、暖炉の火はフェアティの死に繋がる原因ではないと断定された。

 死因に関する審問が、ウェストゴールウェイの検視官、キアラン・マクローリン医師のもと、2011年9 月に行われた。専門家による鑑定と、さまざまな専門書を詳細に検討した結果、彼は驚くべき結論に達した。「この火災を徹底的に調査した結果、私はこの事件が、説明のできない人体自然発火現象の部類に当てはまるという結論に至りました」。マクローリンが25年間におよぶキャリアの中で、このような判定を下したのは初めてのことだった。

出典:natgeo.nikkeibp.co.jp

う~む。謎だ。
では、人体自然発火現象(SHC)とその原因について、主な仮説をサクッと紹介しましょう。
スポンサーリンク

【ミステリー】人体自然発火現象(SHC)の謎~主な仮説とは?

出典:allthatsinteresting.com

人体自然発火現象(じんたいしぜんはっかげんしょう、Spontaneous Human Combustion、SHC)は、状況的に見て人間の体が自然に発火したのだろうと推察されている現象や事件例に対する呼称である。原因については様々な推察がなされている。

「人体自然発火現象」という呼称は基本的に、人体が燃えてしまった状態で発見された事例に対してさまざまな判断が加えられて用いられている。「燃えてしまった人の周囲には火気がなかった」などの理由により「人間が自然に発火した」と判断した人が、その事例にこの呼称を用いている。

ある人が友人や同僚の家や仕事場に行ってみたら、その友人や同僚の身体が一部ないしほとんどが燃えてしまった状態で発見され、なおかつ周りには火の気が無く、人体の周囲だけが焦げ、部屋全体は燃えておらず、しかも人体そのものはほんの一部を残して炭化ないし焼失してしまっている状態で発見された、といったような事件が発生している。

出典:ja.wikipedia.org

これは事例によって、様々なケースがありそう。
主な仮説として、次のようなことが考えられています。

1. プラズマ発火説
偶然プラズマが人体に移ることによって発火する。

2. 人体ロウソク化による発火説
何らかの疫病で急死した人物の着衣にタバコや照明、暖房などを熱源として火がつく。そして、締め切った断熱性の高い屋内で、着衣やその周辺がゆっくりと燃える過程において人体の脂肪分が燃料となり、さらに燃え続ける。

3. 人体帯電説
 被害者の体内に一定量の電圧が発生し、高温になった状態において、何らかの理由で発火する。

4. 発火性遺伝子による発火説
人体に含まれる遺伝子の中に発火性のものがあり、それが突然発火する。

5. 電磁波発火説
何らかの理由で空中に大量に放出された電子が、人体の発火を引き起こす。

6. レイライン説
ある「レイライン」(古代文明遺跡を結んだ線)上で何らかの作用によりこのような現象がおこる。ただし、現在のところレイラインはあくまでも仮説的概念。

7. 球電説
 雷の際などに観測される特殊な形態のプラズマとみられる現象、いわゆる“火の玉”による発火。

出典:tocana.jp

この7つの要因も含め、いくつかの要因が合わさった時に発生するんじゃない? そんな気がする。でも、レイライン説なんかがロマンがあっていいね。人体のツボがあるように、地球上にもミステリースポットやパワースポットがある。
ある場所に踏み入れると発火するなんて、なんか地雷みたいでイヤですね・・・。

出典:allthatsinteresting.com

人体発火現象関連の本(1997/1発売)

スポンサーリンク

【噂】佐野元春の妹も人体発火で死亡した?

出典:diamond.jp

さて・・・あくまで噂だが、亡くなった佐野元春の妹さんの死因が人体発火だったという都市伝説がある。
本当ですか?
本当かはわからんが、亡くなった妹さんについて、その死が少し不可解なものだったことを匂わせる文章を、佐野自身が「ハートランドからの手紙」に残している。
え~と(検索中)・・・すぐ見つかりますね。引用します。

ハートランドからの手紙#105
掲載時:97年7月
掲載場所:Moto’s Web Server
掲載タイトル:アルバム ‘THE BARN’ について個人的なメモ
「アルバム ‘THE BARN’ について個人的なメモ」

もう落ち着いたので、このことについて書き留めておいてと思う。
「THE BARN」のための曲を書いていた。97年の始め頃から、約半年間だった。その間、妹が不慮の事故で亡くなった。僕のただひとりの血を分けた兄妹だった。32才だった。あまりに若すぎた。初夏、警察から僕の元に連絡があり遺体と直面した。面影はなかった。落ち着いてはいたが頭が混乱していた。核家族化の例に漏れず、僕らは離れて暮らしていた。僕の家族は結束の固い家族ではなかった。両親ともここ数年間に亡くし、妹を亡くし、これで僕はひとりとなった。

妹とはいい仲だとはいえなかったので、彼女を無くしたとき、悔いた。彼女は常に人生に否定的で、どこか痛々しかった。僕が彼女のことを想うとき、それは、彼女がまだ柔らかく、まだあどけなく、美しく無垢な笑いに包まれていた頃の彼女だった。成長してから後、両親との折り合いがつかず、彼女は逃げた。仕事を持ち、友人を持ち、どこにでもあるありふれた営みを繰り返した。そして年月が過ぎ、生を受けて32年目に、その人生を終えた。

彼女にとって、人生とは苦痛だったに違いない。僕は何度かそうではないことを伝えようとしたが、うまくいかなかった。一方、そういう自分も、人生が苦痛ではないとは断言しない。強がる必要はないかもしれない。

短い間に家族を失くし、痛ましかった妹の死を感受すると、僕の中の何かが壊れたような気がした。冷静を装うほど自分がわからなくなった。苦痛を取り除いてくれるものがあれば、何でも試したかった。僕はそれまでとはわざと違う所作の中に身を置いたりもしてみた。

「THE BARN」アルバムに収録した二曲。「ドクター」と、「どこにでもいる娘」は妹の死に関連している。「僕は君のドクターなのだから痛みを取りたいのならいつでもおいで。」とは、妹の希求でもあったし、同時に現在の僕の希求でもある。「どこにでもいる娘」は、結果、妹に捧げる曲となった。
(以下略)

出典:www.moto.co.jp

人体発火はともかく、なんかかわいそうだね。
です、ね。
スポンサーリンク

【エンタメ】人体自然発火現象を題材にした、アニメ『炎炎ノ消防隊』、小説『ガリレオ』、映画『炎の少女チャーリー』など

Amazonで観る

最後に・・・人体自然発火現象を題材にしたエンタメをいくつか。いろいろあるんだよね。
最近だとやっぱりアニメ『炎炎ノ消防隊』ですよね。

『炎炎ノ消防隊』は、大久保篤による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』にて2015年43号から連載中。 ある日を境に突然始まった人体自然発火現象によって全身が炎に包まれ変異し暴れ出すようになった「焔ビト」と呼ばれる怪物や、それによって引き起こされる脅威と戦う特殊消防隊の活躍を描いた消防士SF漫画作品。

出典:ja.wikipedia.org

僕はまだ観たことない。今度マンガを読んでみたいな。
2020年にはシーズン2の放送も予定されているようです。

↓マンガ『炎炎ノ消防隊』最新刊(2019/12/17発売)

東野圭吾の連作推理小説『ガリレオシリーズ』でも人体自然発火現象の話あったよね。ドラマで観た気がする。
ありましたね。

突然、火の気もなく燃え上がった若者の頭、心臓の周りだけが腐った死体。常識では考えられない謎を、天才科学者湯川が挑み、解明する連作ミステリー。(1998/5/27発売)

出典:eiga.com

でも僕世代だと、映画『炎の少女チャーリー』を思い出す。なんかと同時上映で、ついでに見て印象に残ったパターン。なんの映画と同時上映だったかなあ。思い出せない・・・。
へー。原作はあのスティーブン・キングさんのなんですねえ。

↓主役のドリュー・バリモアは、あの『E.T.』の女の子です。

↓原作は スティーブン・キングの小説『ファイアスターター』

そーいえば、カラダの中からこみ上げてくる炎で有名なのはこの人、『巨人の星』の星飛雄馬。
これは人体発火現象ではありません・・・。

Amazonで購入

あと、カラダが炎につつまれても負けない男といえば、この男。
もうええっちゅうねん!

出典:www.hulu.jp

はい、今日はここまで。