【読了】cis本『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』を読んで僕は確信した!【ゆるゆる投機的行動78】

投機的行動
スポンサーリンク
スポンサーリンク
1年以上寝かせていたcis本『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』読了。僕も長い長いトンネルから抜けれそうな気がする!
え?(苦笑)
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

生ける伝説の個人投資家cis氏とは・・・?

出典:twitter.com

生ける伝説の個人投資家cis氏については、以前いろいろと調べたよね。
BNFさんと比較しながら、cisさんについて考えました。

関連エントリー→【デジタル相場師列伝4】生ける伝説の個人投資家cis氏【ゆるゆる投機的行動30】

1979年生まれ、ゲーマー、20歳300万スタート、現在230億。一人の力で日経平均を動かせる男だよ。
230億円なんて想像もつきません・・・。
ゲーマーであり、麻雀も好き。学生の頃からパチプロみたいなことをやっていたという異端児、つまりアウトローだよね。いやいやアウトローといっても、昭和の暴力的なイメージのアウトローではなく(笑)、デジタル世代のアウトローといったところか。
なるほど。

●cis:個人投資家。2018年11月現在、資産約230億円。1979年3月生まれ。大学4年生の2000年夏に口座を開き300万円で株式投資を始める。01年法政大学卒業後、親族が経営する企業に就職。02年デイトレを開始。一時期資産を104万円まで減らすもスタイルを変えてからは勝ち続け、資産6000万円で04年6月に退職。以後専業トレーダーとして04年内に2億円、05年内に30億円弱の資産を築き、トッププレイヤーの仲間入りを果たす。その取引の影響力の大きさから「一人の力で日経平均を動かせる男」とも言われる。

「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」をAmazonで購入する

スポンサーリンク

【読了】cis本『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』を読んで僕は確信した!

「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」をAmazonで購入する

発売されてすぐ購入し、寝かせること2年くらいか(笑)。
すぐに読めばいいじゃないですか(苦笑)。
本って読むタイミングがあると思うんだよね。出会うタイミングと言った方がいいかな。僕の場合ここ最近、過去一年くらい、結構相場に張り付いて裁量トレードをやったから、2年前に読むより今読んだ方が絶対身になるタイミングだったと思う。cis本『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』を読んで僕は確信した!
なにかトレードのヒントを得たんですね。

これがすべてかな?→今ある優位性に張る

「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」をAmazonで購入する

「今ある優位性に張る」。これに尽きる。もう絶対流れに逆らったりしないぞ。下手な逆張りでどれだけ損したか・・・。
やっぱり(苦笑)。
まあ、僕のことはもういい(苦笑)。このcis本『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』は読みやすいし、わりとすぐ読めるよ。シンプルに3つの鉄則にまとめた記事があったので引用する。
この本に書いてある、投資のポイントですね。
【cisさんの株式投資の鉄則(1)】

下がったときには、買い増しせずに売る

「買った株が下がったとき、追加で買い増しするのは最悪の買い方だ。まずいのは、自分の失敗や敗北を認められないこと。僕は、失敗を認めて迅速に撤退することが一番大事だと考えている。つまり、損切りだ。下がったときの買い増しは、失敗を認めず、粘り腰でなんとか逆転勝ちに持ち込めないかという発想である。うまくいくこともあるが、傷が深くなる可能性のほうが高い。失敗から逃げてはダメで、失敗は当然として、いかに損害を最小限にとどめるかが重要だ」(cisさん)

出典:diamond.jp

まずナンピンはダメ。意図した方向と違ったら即損切する。僕もこの一年で身を持って痛感している。
相当損したようです(笑)。
【cisさんの株式投資の鉄則(2)】

相場のことは相場に聞くしかない

「上がり続ける株は上がり、下がり続ける株は下がる。僕は、上がっている株を買い、上がっているうちは保有するのが基本。そして、買った株の株価がある程度、下がり始めたら売る。ただ、それだけだ。2度目の下落局面(押し目)で売ってしまうことが多い。どこで反転するかは誰にもわからないが、「身勝手な予想」に頼ってはいけない。相場のことは相場に聞くしかないと思っている。マーケットの潮目に沿って行動するのがいちばん勝つ可能性が高い」(cisさん)

出典:diamond.jp

本読むより、相場を見続けることが最も大事。これも今の僕にはさらによくわかる。もちろんまだまだ僕なんかひよっこだが、一年前の自分よりは相場の声がかすかに聞こえる気がする。かすかにかすかに、聞き逃しそうなくらいの、ほんの小さな声だけど(笑)。
そうなんですね(笑)。
【cisさんの株式投資の鉄則(3)】

目先の「利益確定」に走らない

「上がった株をすぐに利益確定するのは、本能的な行動だ。しかし、上昇局面での利益確定は勝つための方法として間違っている。いま上がった株は、そこから反転して下がるよりも、さらに上昇を続ける可能性のほうが高い。正確にいえば、可能性が高いというより、勝負の効率がいい。せっかく上がっている株なのに売ってしまい、今日の勝利を確定することで、明日や明後日の勝利を捨ててしまうことになる。僕は、利益を最大限に伸ばすことを大事にしている」(cisさん)

出典:diamond.jp

これもね。難しいけど、本来はそうだよね。ただ僕のように原資が少ないうちは、利確は正義という側面もある。ある程度のところからは、利益は伸ばせるだけ伸ばした方がいいのは理解しているつもり。
はやく原資を増やしてください(笑)。

この本の中の大事なことはすべて帯に書かれています(笑)。

「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」をAmazonで購入する

スポンサーリンク

【コロナ禍】混乱する相場、ツイッターで興奮するcsi氏

最後に・・・コロナ禍、この春先から夏前までcsi氏が怒涛のツイートしてたんだよね。それもcis本をそろそろ読みたくなった理由のひとつでもある。
コロナで特殊な相場になったから、それにcisさんも反応されていたということですね。
たぶんね。ここは相当なチャンスだと思ったんじゃない? ここぞというときに行動する人がやはり巨万の富を得るんだよ。ツイートを見返すと天才の思考と行動が垣間見えるかも。もう一度みてみよう。
え~と(検索中)・・・では、ポイントとなるようなツイートをピックアップしてみました。