【NYダウ日記(2021年7月26日-30日)】35000ドルを維持し7月を終えるも、8月は軟調か?【ゆるゆる投機的行動152】

投機的行動
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2021年7月26日-30日のトレード日記だよ。35000ドルを維持し7月を終える。
7月30日(金)は下落して終了しましたが、依然高値圏を維持しています。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに僕は、IG証券のノックアウト・オプションでトレードをしている。
IG証券は、日本にも拠点を持ち、日本の金融庁にもちゃんと登録しているロンドンの証券会社です。なお、IG証券のノックアウト・オプションでは、NYダウは「ウォール街ブル(上昇)」「ウォール街ベア(下落)」という呼称です。

関連エントリー→【IG証券】ノックアウト1万円チャレンジ、1週間の結果は・・・?!【ゆるゆる投機的行動46】

僕がなぜIG証券のノックアウト・オプションを使うのか? いざという時の決断力に欠ける僕でも強制的な損切り(ノックアウト)で退場リスクが減ること、かつ、海外FX並の破壊力、この2つが魅力だね。また、このトレード日記と同時に、TradingViewにアイデア投稿もしているので、こちらもよろしく。当てにならない先出しもしてるよ。
当てにならない先出しって・・・(苦笑)。TradingView さんは、皆さんお使いの、世界的に有名なチャート分析ツールです。
トレビューへの先出しも、このトレード日記も、アウトプットすることで自分の頭の整理と、トレードに緊張感を失わないよう、自分のため。ただ、どこかの誰かの反面教師にもなったとしたら幸いである。

↓先週末(2021年7月19日-23日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓とりあえず7月中は上目線でいいかな…?



【ダウ予想】注目のFOMC、GAFAMはじめ注目企業決算発表続く【2021年7月26日-30日】 by tomitoko on TradingView.com

↓今週(2021年7月26日-30日)の予定。

スポンサーリンク

【7/26(月)】日本・欧州時間に下げるも、米時間に高値更新(変動幅約410ドル)【損益:プラス80pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。

TradingView

日本から欧州時間の始まりにかけて300ドル程度下げ、欧州17時頃から米時間いっぱいで400ドル程度の上げで巻き返して高値更新。最小ロットで、まあ日当分は確保。
ところ、日本時間にビットコイン&Amazonのニュースでビットコインが急騰しましたが、その後報道は否定されました。また、米時間終了後に発表されたテスラの決算は良かったようです。

スポンサーリンク

【7/27(火)】あすのFOMCの焦点はテーパリングの議論の進展(変動幅約270ドル)【損益:プラス110pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。

TradingView

前日と似たような動きにみえたが…日本・欧州時間で下げて米時間に上がるかと思いきや、米時間はもみ合って変動幅も少なかった。まあ最小ロットでぼちぼちと日当分は確保。
ダウは85ドル安で6日ぶり反落です。Apple、Alphabet(Google)、Microsoft、決算はいずれも良好でしたが、株価の反応はまちまちです。中国が暴落しているようですね。

スポンサーリンク

【7/28(水)】FOMCは無難に通過(変動幅約210ドル)【損益:プラス110pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。

TradingView

あんまり動かなかったね。最小ロットで日当分は確保。
FRBはテーパリングに向けての議論を一歩進めました。市場への影響はあまり無かったようです。Facebookも好決算です。

スポンサーリンク

【7/29(木)】スマホ証券のRobinhood上場、Amazon決算発表も、市場全般に落ち着いた雰囲気(変動幅約285ドル)【損益:130pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。

TradingView

無理せず、日当分確保。
ダウは引き続き、高値圏で動きは少ない状況です。

スポンサーリンク

【7/30(金)】最終日下落も、高値圏を維持し7月を終える(変動幅約240ドル)【損益:プラス100pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。

TradingView

なんとか今週は、負けなしで終えることができた。
7月最終日の金曜日は下げましたが、変動幅約240ドル程度です。以前高値圏を維持しています。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】35000ドルを維持し、7月を終える(変動幅約400ドル)【2021年7月26日-30日】

2021年7月19日-23日の一週間(15分足チャート)

TradingView

一週間というか、この7月を振り返ると、5月の高値に戻って高値圏を維持しているが、突き抜けたりはできなかった。ひょっとして、ここが頂点…かな?
来週からは8月です。これからどうなるでしょうか?

スポンサーリンク

【来週どうなる?】アノマリーでは「7月と異なり、8月は軟調に推移」【2021年8月2日-6日】

2021年5月~(4時間足チャート)

TradingView

ラリー・ウィリアムズ氏のアノマリーカレンダーで確認すると、「7月と異なり、8月は軟調に推移」らしい。ま、商いも薄くなって、突発的な下落上昇はあっても、レンジ相場なのかな?
8月下旬のジャクソンホールまではそんな感じかもしれません。
ジャクソンホール会議(じゃくそんほーるかいぎ)

カンザスシティ連邦準備銀行が米国ワイオミング州のジャクソンホールで毎年8月に開催する経済政策シンポジウムのこと。世界各国から中央銀行総裁や政治家、学者などが参加し、世界経済や金融政策について議論を交わす。

出典:www.nomura.co.jp

株式・為替・債券・コモディティー あらゆる市場分析のスペシャリスト 江守哲監修のインジケーター サロン:リアルトレーディング・ストラテジー1か月無料特典つき株式・為替・債券・コモディティー あらゆる市場分析のスペシャリスト 江守哲監修のインジケーター サロン:リアルトレーディング・ストラテジー1か月無料特典つき | GogoJungle

日々のトレードで、トレンドの方向性を見失いかけた時は、ゴゴジャンのMT4インジケーター(江守哲氏監修)を確認するようにしている。とくに1時間足、4時間足などの精度が高いらしい。
トレンド確認の目安になるなら心強いですよね。
ちなみに…江守哲氏のYouTubeをみていて、お気づきの方もいるかと思うが、江守哲氏の部屋にも「ラリー・ウィリアムズの投資アノマリーカレンダー」が貼ってあるぞ。僕は気づかなかったのだが、僕の部屋で遊んでいて、たまたま画面を覗き込んだ7歳娘が「あ、パパと同じカレンダーがはってあるよ!」と気づいた(笑)。
娘さん、観察力ありますねえ。