【米株指数日記(2022年11月14日-18日)】地政学リスク、ブラード総裁タカ派発言などで下落する場面も、総じて小動き【ゆるゆる投機的行動234】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
米株4指数(ダウ・SP・ナス・ラッセル)、2022年11月14日-18日トレード日記だよ。今週は方向感なかったな。
中間選挙やCPIで動いた先週に比べると、それほど動きがなかったですね。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索

↓先週末(2022年11月7日-11日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2022年11月14日-18日)の予定。

↓今週の予想

スポンサーリンク

【11/14(月)】週末大幅高の反動、米株反落(ダウ変動幅約438ドル)【損益:マイナス360pips】

※上は米株4指数15分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。ダウのチャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青は上昇で赤は下落)は、その日の変動幅です。

TradingView

currency-strength.com

また何でもない日に、フワッとしたトレードやって負けちゃった…。ちゃんと失敗を検証した方がいい気もするし、あまり深刻に考えずにドンマイで次に行った方がいい気もするし。うーむ。
週末大幅高の反動でしょうか。米株やや反落です。

スポンサーリンク

【11/15(火)】米株は予想下回るPPIで反発も、地政学リスクで不安定(ダウ変動幅約633ドル)【損益:マイナス120pips】

※上は米株4指数15分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。ダウのチャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青は上昇で赤は下落)は、その日の変動幅です。

TradingView

currency-strength.com

銘柄選択のミス。日中からラッセルでPPI直後の上昇までは取れたのだが、その後さらなる上昇を狙い、米時間は銘柄を変えてSP500ロング。前日の反省からロットは控えめにしていたのだが、ダウやSP500はPPI直後の上昇後はずっと下落したので損切りとなった。ラッセルでやっていたら0時の再上昇で勝っていたのに悔しい。
難しいですね。米国株式市場は、予想下回るPPIで反発しましたが、その後、地政学リスクで不安定になっています。

スポンサーリンク

【11/16(水)】半導体マイクロン減産、小売りターゲット下方修正(かつ先週からの上昇の反動?)、米株下落(ダウ変動幅約264ドル)【損益:200pips】

※上は米株4指数15分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。ダウのチャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青は上昇で赤は下落)は、その日の変動幅です。

TradingView

currency-strength.com

月火とマイナスだったが、6割くらい取り戻せたかな。ホントはちょこちょこ損切りしながら大きく取るのが理想だと思うが、どうしてもドカンにひやひやしながらコツコツ利益を積み上げるようなトレードになっている。もう少し原資が増えないと、こんな感じなのかなあ…。
半導体マイクロン減産計画、小売りターゲット業績見通し下方修正などが材料視、また先週からの上昇の反動もあり、米株下落です。

スポンサーリンク

【11/17(木)】ブラード総裁タカ派発言で米株続落(ダウ変動幅約542ドル)【損益:50pips】

※上は米株4指数15分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。ダウのチャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青は上昇で赤は下落)は、その日の変動幅です。

TradingView

currency-strength.com

欧州時間に大きく下げたが、いまいちよくわからなかったので、局面局面でロングしコツコツ微益。
アメリカが始まる前に、セントルイス連銀のブラード総裁のタカ派発言で下げたようです。一日でみると米株続落ですが、米時間はかなり戻しましたね。

スポンサーリンク

【11/18(金)】反発も小動き(ダウ変動幅約376ドル)【損益:10pips】

※上は米株4指数15分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。ダウのチャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青は上昇で赤は下落)は、その日の変動幅です。

TradingView

currency-strength.com

一進一退を繰り返して、微益で終了。方向感ないし、こういう時は無理しない方がいいな。今週はずっとこんな感じ。
金曜日の株式市場は少し反発でした。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】地政学リスク、ブラード総裁タカ派発言などで下落する場面も、総じて小動き(ダウ変動幅約842ドル)【2022年11月14日-18日】

2022年11月7日-11日の一週間(ダウ15分足チャート)

TradingView

今週はたいした動きはなかったな。月曜日に失敗して、7割くらいは取り戻したがちょっとマイナス。ま、慌てない慌てない。
地政学リスク、ブラード総裁タカ派発言などで下落する場面もありましたが、今週は総じて小動きでした。先週末とほぼ同じ位置で週末を迎えています。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】主要各国からPMIが一斉に発表、21日(月)W杯開幕、24日(木)サンクス・ギビング・デーでアメリカ市場休場、25日(金)ブラック・フライデー【2022年11月21日-25日】

2018年1月~(ダウ週足チャート)

TradingView

チャートを俯瞰すると、来週は上にも下にも行きそうな感じだな。しかし年末も近づいてきてるし、シーズナルパターンだと上の確率が高いか? W杯開幕もいよいよ開幕だな。
来週は、主要各国からPMIが一斉に発表されます。23日(水)勤労感謝の日で日本は休日、24日(木)サンクス・ギビング・デーでアメリカ市場休場です。25日(金)はブラック・フライデーです。

最後に…今年発売のオススメ本と、ELE(@eleconomics)氏を紹介しておく。
ELE(@eleconomics)さんがゴゴジャンでやってる投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート | GogoJungle」ですね。井口さんの本、鎌田さんの本、トイプーの本、一緒に要チェックです!

 | GogoJungle

関連エントリー→【ゴゴジャン】えれ氏の投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」を購入、これで爆益間違いなし!?【ゆるゆる投機的行動79】

●井口 喜雄:トトレイダーズ証券 取締役(CSO)現役為替ディーラー。認定テクニカルアナリスト。1998年より為替ディーラーとして活躍し、ドル円やユーロドルなどのメジャー通貨を主戦場に20年以上ディーリング業務を行う。ファンダメンタルズ分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評があり、短期からスイングまで鋭い視点でマーケットを展望する。日経CNBCやロイター、雑誌等へのメディア出演多数。