【正統派(from1974)】復活篇第二部以降が制作されるかも?!「完結編」と「復活篇」を繋ぐオフィシャル・ストーリー、小説『宇宙戦艦ヤマト黎明篇 ―アクエリアス・アルゴリズムー』誕生!!【2021年9月27日発売】

サブカル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
これは知らなんだ!ぜひ読まなければ!
『宇宙戦艦ヤマト黎明篇 ―アクエリアス・アルゴリズムー』という小説が、2021年9月27日に発売されます!

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

【2021年9月27日発売】「完結編」と「復活篇」を繋ぐオフィシャル・ストーリー、小説『宇宙戦艦ヤマト黎明篇 ―アクエリアス・アルゴリズムー』誕生!!

出典:yamatocrew.j

宇宙戦艦ヤマト『完結編』と『復活篇』をつなぐ、オフィシャルストーリー
1983年に公開された「宇宙戦艦ヤマト 完結編」から、四半世紀の時を経て、2009年に公開された「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」。この間を描く新作オリジナル小説がついに発売。激戦の末、アクエリアスの海に轟沈した宇宙戦艦ヤマト。それから12年、古代たちは未知の敵に遭遇する……。

出典:Amazon.co.jp

子どもの頃から大のヤマトファンのつもりだが、『宇宙戦艦ヤマト2199』『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』など最近のシリーズは、いまひとつ乗り気になれず…まだ観ていない。
最新作は『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』です。
たぶんちゃんと観たら面白いとは思うのだが、あの目が大きいキャラクターデザインに抵抗があるんだよねえ(苦笑)。いや最初からそういうキャラクターが登場する最近のアニメだったらいいんだけど、やっぱり昭和のヤマトが僕の心の中にあるから、どうしても最近のキャラはキラキラしすぎてダメなのよ…。しかし、このアクエリアス・アルゴリズムは、最近のヤマトの系譜ではなく、1974年の第1作から直接連なる世界だぞ。これは超注目!
え~と(検索中)…ヤマトの公式サイトに、一部を無料公開中ですよ。

↓公式サイトにて、一部を無料公開中です(2020.02.07~)。

 「アクエリアス・アルゴリズム ── 宇宙戦艦ヤマト復活篇 第0部」は、プレミアム会員様が先行して読むことができるコンテンツとしてヤマトマガジンVol.5に掲載されたものですが、できるだけ多くの方に、「アクエリアス・アルゴリズム」の存在を知って頂き、オリジナル版のヤマト世界が今も息づいていることをお知らせしたい、そして物語に触れていただき、多くの感想を寄せて頂くことで、今後の作品に活かしていきたいという思いから、その一部を無料公開させて頂くこととなりました。

 現行のリメイクシリーズとは別に、1974年の第1作から直接連なる世界も大切にしていきたい…。その第一歩となる小説です。どうぞお楽しみください。

出典:yamatocrew.jp

さっそく読んだ。
早っ(笑)。
ヤバいぞ。古代に雪、二人の一人娘美雪、そして、徳川太助に北野哲、真田さんも登場してるじゃないか!!!!(泣)
泣かないでください(笑)。

アナライザーの後継機パピライザー(西川伸司氏デザイン)。

出典:yamatocrew.jp

小説の発売前に、「完結編」と「復活篇」をちょっと復習しておこう。
まずは1983年公開、『宇宙戦艦ヤマト 完結編』です。
スポンサーリンク

【ヤマト大爆発!】『宇宙戦艦ヤマト 完結編』(1983年公開)、ヤマトは沖田艦長と共に沈み、古代と雪はついに結ばれる

出典:order.mandarake.co.jp

中学生になってやっと一人で映画館に行けるようになった頃だな。古代と雪のラブシーンを親と一緒に見ることを回避できて助かったぞ(笑)。
小学生まではお母さんと映画館に行ってたんですね(笑)。1970年代から始まった昭和のヤマトシリーズも、ここで一旦完結しました。

◎内容◎
それは確実に、そして着実に地球に迫りつつあった。
――水の惑星アクエリアス。遥か宇宙の彼方より、巨大な超楕円軌道を描きつつわれらが地球へと接近していたのである。
だが、地球はこの事実を知る由もなかった…。時に西暦2203年、また新たな脅威が始まろうとしている。その頃時同じくして、我々の
銀河系にも大いなる異変が起っていた。異次元空間より突如として未知なる銀河星雲が出現、我々の銀河星雲と激突したのである。
銀河系中心部では次々と恒星同士が衝突し崩壊していく。地球防衛軍本部はこの異変を察知、調査のためヤマトを銀河中心部に向け
派遣するのであった。

◎スタッフ◎
企画・原作・製作・総指揮:西崎義展/原作・設定・監修:松本零士/監督:勝間田具治・西崎義展
脚本:山本英明・笠原和夫・山本暎一・舛田利雄・西崎義展/チーフ・ディレクター:白土 武/絵コンテ:白土 武・遠藤政治/音楽:宮川 泰・羽田健太郎
作詞:阿久悠/SF設定:豊田有恒/設定デザイン:辻忠直/総作画監督:宇田川一彦/作画監督:高橋信也・金田伊功・角田紘一/美術監督:勝又 激
撮影監督:清水政夫/録音:林 昌平/音響監督:田代敦己/アソシエイト・プロデューサー:山本暎一/総監修:舛田利雄/助監督:棚橋一徳
エフェクトディレクター:高山秀樹/メカニックデザイナー:辻 忠直・高橋克己・出渕 裕/キャラクターデザイナー:宇田川一彦・高橋信也
作画監督補:星川信芳・青山 充・落合正宗・横山健次・八島善孝/原画:羽根章悦・的場茂夫・二宮常雄・森 利夫・横山健次・八島善孝・青山 充・小泉謙三
兼森義則・及川博史・稲野信義・白 南烈・金 大中・鍋島 修・呉 徳煥・長崎重信・清山滋崇・柳野龍夫・樋口善法・古田詔治・牧野行洋・堀川留子・遠藤政治
亀恒 一・高橋英吉・温 帯隣・松田芳明・星川信芳・落合正宗・宇田川一彦・高橋信也・角田紘一・金田伊功・都丸 保・新井 豊・安西慶江・大島秀範 他

◎キャスト◎
古代 進:富山 敬/森 雪:麻上洋子/沖田十三:納谷悟朗/島 大介:ささきいさお・仲村秀生/真田志郎:青野 武/相原義一:野村信次
南部康雄:林 一夫/徳川太助:古谷 徹/太田健二郎:安原義人/佐渡酒造:永井一郎/アナライザー:緒方賢一/山崎 奨:寺島幹夫
加藤四郎:神谷 明/藤堂平九郎:伊武雅刀/水谷艦長:小林 修/地球防衛軍先任参謀:筈見 純/ルガール:石田太郎/ルガールII世:津嘉山正種
ディンギル少年:伊倉一恵/ディンギル側幕僚A:納谷六朗/クイーン・オブ・アクエリアス:田島令子/デスラー:伊武雅刀/ナレーター:仲代達矢 他

出典:Amazon.co.jp

個人的に、ストーリーなど総合的には「さらば」や「永遠に」に劣るけど、画面は美しいし、音楽は素晴らしい。それが当時の率直な僕の感想。基本的に、宇宙戦艦ヤマトは宮川泰の音楽があれば、ほとんど成立するのだ。

※正統派ヤマトは、『宇宙戦艦ヤマト』(1974年テレビ放送開始)、『宇宙戦艦ヤマト』(1977年劇場公開)、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(1978年劇場公開)、『宇宙戦艦ヤマト2』(1978年テレビ放送開始)、『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』(1979年テレビ放送)、『ヤマトよ永遠に』(1980年劇場公開)、『宇宙戦艦ヤマト3』(1980年テレビ放送開始)、『宇宙戦艦ヤマト 完結編』(1983年劇場公開)、の順に公開されました。

やっぱり続編が続くと話がダレてくるもんですよ。
それがこの完結篇でついに、ヤマトは大爆発し真っ二つになって沖田艦長と共に宇宙の海に沈み、そして古代と雪が結ばれるという結末だね。
この作品からしばらくヤマトの新作は制作されませんでした。


出典:eiga-chirashi.jp

スポンサーリンク

【26年ぶりの復活】ヤマト26年ぶりに復活するも、西崎義展プロデューサー、公開翌年に死す、『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』(2009年公開)と『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット版』(2012年公開)

出典:『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』

腐ってもヤマト。宮川音楽さえあればヤマト。なんと26年ぶりの正統派ヤマトの復活だぞ。もちろん劇場に観に行ったね。あの頃の中学生ももう30代後半のおっさんだよ。
物語の中でも17年の月日が流れているようです。

◎内容◎
人間にとって一番大切なもの……地球。われわれを生み、育てた母なる星。その地球を守るためにヤマトは再び立ち上がる。
宇宙戦艦ヤマトがアクエリアスの海に沈んで17年、ときに西暦2220年、地球人類は未曽有の危機に直面していた。太陽の300倍の質量を持ち、その巨大な重力によって、
光をも飲み込む暗黒の天体、移動性ブラックホール。今、そのブラックホールが、はるかなる宇宙から刻々地球に迫っていた。
地球連邦政府は、移民船団を組織し、地球から2万7000光年離れたサイラム恒星系アマールへの移民を決行するが、謎の大艦隊の攻撃に会い、第一次、第二次船団が
壊滅してしまう。古代進は第三次移民船団の護衛艦隊司令として宇宙戦艦ヤマトに乗り込んだ。かつて沖田艦長のもとでガミラスと戦った古代たちを彷彿させる若いクルー
たちとともに、ヤマトは凍りついたアクエリアスの海から雄々しく浮上する。しかし、はるか宇宙のかなたには、地球人類の移住計画を阻止すべく、星間国家連合のSUS艦隊
が待ち伏せていた……

◎スタッフ◎
企画、原作、製作総指揮、監督:西﨑義展/エグゼクティブプロデューサー:西﨑彰司/原案:石原慎太郎/監督代行、メカニックデザイン:小林 誠
アニメーションディレクター:羽原信義/音響監督:吉田知弘/オリジナルサウンドエフェクト:柏原 満/効果:川田 清貴/撮影監督:広瀬 勝利、青木 隆
編集:西崎義展、辺見俊夫/録音:井上秀司/脚本:石原武龍、冨岡淳広、西﨑義展/総作画監督:湖川友謙/音楽監督:大友 直人
音楽 オリジナルスコア:宮川 泰、羽田健太郎/交響曲ヤマト、クラシック曲録音:日本フィルハーモニー交響楽団/主題歌:THE ALFEE「この愛を捧げて」
制作スタジオ:ヤマトスタジオ/製作:「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」製作委員会

◎キャスト◎
古代 進:山寺宏一/真田志郎:青野 武/島 次郎:置鮎龍太郎/徳川太助:古谷 徹/大村耕作:茶風林/古代美雪:藤村 歩/折原真帆:柚木涼香
佐渡酒造:永井一郎/アナライザー:緒方賢一/ゴルイ提督:伊武雅刀/ナレーション:羽佐間道夫 他

出典:Amazon.co.jp

名物プロデューサー西崎義展が、この映画の公開の後、2010年に自らの船「YAMATO」から海に転落して亡くなった。享年75歳、これで二度と、西崎の指示でヤマトの新作が制作されることは無くなった。「復活篇」で行方不明になったままの雪はどうなる? 僕らにはモヤモヤが残ったのであった。
で、今回の正統派ストーリーを継ぐ小説版がうまく軌道に乗っていけば、もしかしたら、復活篇第二部以降へと展開するかもしれないという期待を持っているんですね。
そうそう! 「復活篇」は『伝説巨人イデオン』など富野由悠季との仕事で有名な、かの湖川友謙氏が作画監督だった。もし「復活篇」の続編が制作されるときは、今のキラキラキャラじゃなくて、『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の恩田尚之氏が描くような大人っぽい絵だったらいいなあ。

関連エントリー→【大ベテラン】アニメーター恩田尚之(おんだ なおゆき)氏のお仕事【ガンダム、ベルセルク、トーイなど】

まずは今回の小説がどう世間に受けいれられるかですよね。
ちなみに、2009年には即映画館に観に行ったものの、ディレクターズカット版はまだ観てないわ。Amazonプライムビデオか、Netflixで配信されないかなあ。
あら(検索中)、今はリメイク版以外のヤマトはどこも配信してないですねえ…。

出典:bun7mogi.cocolog-nifty.co

スポンサーリンク

【もしかしたら!?】復活篇第二部以降が制作されるかも?! 2215年、古代と雪らは沖田艦長とヤマトが眠る、地球のもうひとつの月アクエリアスへと向かった…

出典:twitter.com

Amazonでさっそく予約できるらしいが、まだ紙の本だけみたいなんだよね。電子書籍が出てから注文したい。カドカワ早く電子版を頼む!
カドカワさんならきっと電子版もすぐ発売されますよ。
『宇宙戦艦ヤマト 黎明篇 アクエリアス・アルゴリズム』、超期待しているぞ!
楽しみですね!

※我が家の地球防衛艦隊(@my_edf)さんのブログより引用
そしておよそ2年をかけて完成しましたアクエリアス・アルゴリズム(略称AA)は、「完結編」と「復活篇」を両方ご覧になられた方、「完結編」のみご覧になられた方、いずれの方に対しても「響く」、そしてリメイク版とは異なる魅力を持つ作品に仕上がったと思います。
また、連載終了後も高島さんを筆頭にアステロイド6全員で引き続き内容のブラッシュアップに努めましたので、連載版から更に完成度はアップしています(実際、冒頭のプロローグは一から書き起こされたものです)

尚、「アクエリアス・アルゴリズム」は一本の小説としてきちんと完結していますが、書籍化にあたって改めて命名されました『黎明篇』は、更なる広がりを持ち得る作品です。
連載版をお読みになられた方は既にお気づきかと思いますが、AAのラストの状況は「復活篇」の冒頭にはまだ直接接続していないからです。
未だ道半ば、何としてもそこまで描き切りたい――というのが本作に携わったメンバー全員の気持ちであり、是非この本をご購入いただき、そのチャンスを与えていただきたいのですm(__)m

そしてこの道を更に更に更に・・・・・・繋いでいくことができれば、復活篇第二部以降の姿が見えてくる日も・・・・・・と、これは私個人が勝手に想像していることではありますが、決してあり得ない話ではないと思います(^^)
そんな訳で皆さま、『宇宙戦艦ヤマト黎明篇 アクエリアス・アルゴリズム』ぜひご購入下さいませm(__)m
そしてお読みいただく前に、一度「完結編」を観返していただけましたら、得られる面白さと感動は一層大きくなると思います(^^)

出典:blog.goo.ne.jp

出典:twitter.com