【実録】とりあえずWindows11へのアップグレードしてみた【Win10とどう違う?】

ライフハック
スポンサーリンク
スポンサーリンク
僕の感想。Windows11はWindows10とそんなに変わらないから、様子見しないでサクッとアップグレードしてもいいのでは?
あ、そうなんですか?
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

【公式より】Windows 11の特徴「11」のポイント

出典:www.microsoft.com

まず一番重要なのは無料かどうか?
もちろん無料でしょう。
いやいや、その昔、Windows95とかの時代はアップグレードのパッケージソフトを数万円とかで買わないといけなかったんだぞ。
最近のOSアップグレードは無償ですよ。
まあ最近はね。ただ基本無償なのだが、Windows11が求める仕様を満たしてる比較的新しいパソコンでなければ無償でアップグレードできない。Windsow10の「Windows Update」の画面を開くと、無料でアップグレードできるかできないか、表示されてるよ。
特に何かしなくても、Windows11アップグレード通知が表示されるようですね。

僕が使っている職場のパソコンは比較的新しいので、アップグレード通知が10月半ばくらいにきた。しかしながら、うちの会社では社内で使用しいている一部のシステムがWindows11に対応できるか検証が必要とのことで、まだ勝手にアップグレードはできない。ちなみに、同じWindows10でも数年前に会社に導入された端末の中には、対応できない端末も結構ある。ましてや、Windows7からwindows10にアップグレードしたような昔のはほぼダメっぽい。
では、Windows11の特長を、「pc.watch.impress」のサイトより引用します。

 2015年10月のWindows 10リリースから6年。Windows 11がリリースされた。Windows 11の特徴は、公式サイト(英文)によると、以下の11点になる。

  • 落ち着きと安らぎを感じさせるモダンでフレッシュ、クリーン、そして美しい「デザイン」と「サウンド」
  • クラウドとMicrosoft 365によって最新のファイルをリストアップする中央配置になった「スタート画面」
  • 画面の効率的な利用とマルチタスクを最適化する「スナップレイアウト」「スナップグループ」「デスクトップ」
  • 人と手軽に繋がることができるタスクバーに統合されたTeamsベースの「チャット」
  • 感心のある情報に素早くアクセスできる「ウィジェット」と、高速かつ生産性向上に寄与する「Microsoft Edge」
  • 「DirctX12 Ultimate」「DirectStorage」「Auto HDR」などの技術による過去最高のゲーム用Windows。Xbox Game Passによるサブスクリプション型ゲームプレイ環境の提供
  • アプリ、ゲーム、ドラマ、映画を入手できる新デザインの「Microsoft Store」(Androidアプリの提供は今後数カ月のWindows Insider プレビューから開始)
  • 障碍を持つ人々によって、障碍を持つ人々のために設計された新しい「アクセシビリティ」
  • より多くの開発者とISVに対して開かれたMicrosoft Storeと「開発者ツール」
  • 速度、効率、エクスペリエンスが向上した「タッチ」「デジタルペン」「音声入力」
  • 「セキュリティ」や管理に配慮されたハイブリッドワーク(自宅、オフィス、学校、およびその間のあらゆる場所で仕事や学習を実現する働き方)のためのOS

 ハイブリッドワークやゲーミングというPC用途の多様化、アクセシビリティという時代のニーズに対応しつつ、デザインや機能をブラッシュアップしたという印象だ。

 OSの根本部分はWindows 10から大きな変更はないが、アプリやプロセスの優先順位がチューニングされており、UIのレスポンスが向上している。もう一度、Windowsと向き合うことで、細部に渡るまで設計し直したOSと言えるだろう。

出典:pc.watch.impress.co.jp

実は自宅のパソコンも去年買い換えたばかり。そして、こちらもアップグレード通知がきたので、まずは自宅パソコンでアップグレードを試してみた。
わさもん好き(※)ですねえ(苦笑)。

※「わさもん好き」とは、熊本弁で新しいモノ好きという意味。

スポンサーリンク

【実録】昨年購入したノートパソコンをWindows11へアップグレードしてみた

とりあえずWindows11へのアップグレードしてみた。
アップグレードは、すぐ終わります?

僕のノートパソコンには、10月末アップグレードの通知が出ました!待ってました!

同意。読んでないけど。

この時、午前10時すぎだったと思います。去年購入した10万円前後のノートパソコンです。アップグレードにどのくらい時間がかかるでしょうか? 

とりあえずダウンロードに結構時間がかかるようです。

ちなみに、うちのインターネット環境はこんな感じ。まあ普通?

ダウンロードに20分くらいでしょうか。

やっとインストールが始まりました。

まだまだかなあ…。

さっきから暇なので、図書館で借りた白土三平の自伝を読んでます。

関連エントリー→【追悼:白土三平】『忍者武芸帳』『カムイ伝』…白土三平のマンガを読みなおしたい!【劇画・忍者マンガの巨匠】

この企画は、15年あまりにわたって白土三平に寄り添いながらその仕事ぶりに直に触れてきたノンフィクション作家でコミック原作者でもある毛利甚八氏の手による白土三平の評伝です。その作品を高く評価されながら、長い間マスコミにまったく登場しない「謎の漫画家」として、ある種伝説を持って語られてきた白土三平の肉声がふんだんにちりばめられた貴重な記録でもあります。『カムイ伝』という物語の全体はあまりにも長く、第二次安保闘争から石油ショック、円高不況、バブル期をまたがって描き継がれたために、『カムイ伝』全部を読み通して価値をはかることのできる読者そのものが少なくなっている中、そのサブテキストの必要性は増しています。事実、2008年秋に刊行された田中優子・著『カムイ伝講義』は、超ロングセラーを続けています。カムイ伝をあるいは白土三平を読み解く際の解説書して、この本は大変に貴重なものだと考えています。カムイ伝をいまいちど読んでみよう、あるいはこれから読もうと考えている人に、ぜひ手にとって欲しい本に仕上がっています。‎ 小学館 (2011/7/1)

どうやら終わったようです!再起動!

わりと早く完了しそう。

でもなんか日本語がおかしくないか…?

午前11時半、どうやら完了したようです。1時間半くらいかかったかな?

なんだこれ? Windows11は、スタート画面とタスクバーのアイコンが中央にくるデザインのようです。ま、慣れるかな?

デスクトップ画面を複数立ち上げることができるっぽい。でも使わなそう…。

スポンサーリンク

【感想】普通の人が普通にパソコンを使う分には、Windows10とさほど変わらないので安心した

これ設定画面ね。エクスプローラーもアイコンもデザインが角丸で、デザインの雰囲気は変わった。でも、Windows10の操作性とさほど変化はなさそう。噂通り、若干動作が早くなった気はする。
多少動作が早くなるらしいですね。でも、操作性がWindows10とそんなに変わらないという点は、多くの人にとってメリットですよね。
でも、僕が最初に気づいたのは、タスクバーに表示させていた「Snipping Tool」が無くなっていたこと。「Snipping Tool」は、結構よく使うからどうしたものかと少し困っていたが、よくよく探したらあったよ。無くなったのではなく、アイコンデザインも変わって、別アプリとして進化しているみたい。あらためて新しい「Snipping Tool」をタスクバーに設定し直したよ。
よかったですね。
その後、2週間ほど使用しているが、やはり普通の人が普通にパソコンを使う分には、Windows10とさほど変わらないと思っていいのではないか。特筆すべきメリット・デメリットを発見したらまた報告したいが、とりあえず、あまり変わっていないという点が朗報と言えるかな。若干早くなったみたいだし。
じゃあ、安心してアップグレードしてもよさそうですね。
そういうことー。以上。
だそうです。