【NYダウ日記(2022年3月21日-25日)】先週上昇(反発ラリー)からの高値圏でもみ合い、だが35000ドル超えには至らず、来週も似た感じか?【ゆるゆる投機的行動196】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2022年3月21日-25日のトレード日記だよ。先週の上昇と比較すると、今週は34000台でゴルディロックスって感じか。先週到達した高値圏から落ちることもなかったし、かといって35000ドルを抜いていくほどの勢いもなかった。
来週月末までこんな感じでしょうか?
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに、一年ほどIG証券ノックアウト・オプションをメインでトレードしていた。しかし、無駄な損切りが増えていたので、メイントレード口座を一般的な指数CFD取引口座に変更する。これからは指数CFD取引口座で低ロットのデイトレードからスウィングトレードをやりつつ、チャンスのとき、ボラティリティが大きいときのギャンブルトレードにIG証券ノックアウト・オプションを使いたいと思う。とにかく損失を減らすことが目的。
まあ、それぞれの口座の特長を活かして、上手に使い分けることができたらいいですね。

↓先週末(2022年3月14日-18日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2022年3月21日-25日)の予定。

↓今週の予想

スポンサーリンク

【3/21(月・春分の日)】先週は上昇を続けたダウ、この日はパウエル議長のタカ派発言で下落(変動幅約470ドル)【損益:60pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

先週金曜日とこの日、ひさびさ気分転換にIG証券ノックアウト・オプションでやってる。日当分プラスアルファ確保。しかし連日、最初のポジションで失敗して、最後になんとか取り返すという展開。もう少し安定安全なトレードがしたい。
先週は上昇を続けたダウでしたが、この日はパウエル議長のタカ派発言に嫌気で下落しました。

スポンサーリンク

【3/22(火)】米国市場続伸、なぜ???(変動幅約450ドル)【損益:???pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

なぜ上げたのかよくわからん。日本時間の安値でダウショートして含み損持ち越し中。もう少し様子見する。上げたとはいえ、一時期のボラはないので誤差の範疇かもしれない。
ダウ反発です。金利上昇を受けて金融株が堅調に推移し、ダウの上昇を主導したようです。

スポンサーリンク

【3/23(水)】足元上昇の反動、原油価格の急騰、翌日にEU・NATO・G7首脳会談を控えた様子見姿勢からの下落か?(変動幅約570ドル)【損益:200pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

一昨日からのショートがプラ転、2日分の日当分確保。今回はたまたま上手くいったが、日をまたぐトレードはなるべく避けたい。現状の軍資金では、数分~数時間で利確or損切りするトレードスタイルがベストだと思うから。で、なんでこの日は終日下げた???
足元上昇の反動、原油価格の急騰、翌日にEU・NATO・G7首脳会談を控えた様子見姿勢からの下落らしいです。

スポンサーリンク

【3/24(木)】前日下落に対する反動、G7やNATOの会合通過から、ダウ、S&P500、ナスダックとも反発(変動幅約440ドル)【損益:0pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

今度は上がっちゃうんだあ…方向感ないなあ。この日、ダウは触らず。
前日の下落に対する反動に加え、G7やNATOの会合を通過したことから、ダウ、S&P500、ナスダックとも反発です。

スポンサーリンク

【3/25(金)】金融株など高く、米債利回り急伸で、S&P・ダウ続伸(変動幅約320ドル)【損益:40pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

ダウは上昇局面を少し取って、日当分にちょっと足りないくらい。金曜日はさほどボラなかったな。てゆーか、今月前半の動きと比べるとボラ小さくなってきてるよね、今週とか。
それでも、金融株などが高く、また米債利回り急伸で、金曜日はS&P・ダウ続伸で終えました。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】先週上昇(反発ラリー)からの高値圏でもみ合い、だが35000ドル超えには至らず、来週も似た感じか?(変動幅約630ドル)【2022年3月21日-25日】

2022年3月14日-25日の二週間(15分足チャート)

TradingView

今週は、先週上昇(反発ラリー)からの高値圏でもみ合いしていたものの、35000ドルを超えていくまでではない。ゴルディロックス。
しかし、いまだウクライナ紛争とパンデミックの影響は不明確です。また、これから始まる利上げにQT(量的引き締め)、懸念材料多し、です…。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】4/1(金)雇用統計も注目低い、来週までは今週のように高値圏で方向感でず、か?【2022年3月28日-4月1日】

2021年1月~(日足チャート)

TradingView

来週までは、今週みたいな感じ? 4/1(金)雇用統計だが、そんなに注目されないと言ってる人も多い。
来週まではともかく、4月に入ってからどうなるかが不安です。シーズナルパターンだと4月は上昇することが多いのですが…。

最後に…投資判断に迷ったら、ELE(@day_select)氏を参考にしている。
投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート | GogoJungle」ですか。ほー。ふむふむ。

 | GogoJungle

関連エントリー→【ゴゴジャン】えれ氏の投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」を購入、これで爆益間違いなし!?【ゆるゆる投機的行動79】

もうひとつ。毎日ツイートを参考させていただいている、鎌田傳さんが本を出したな。これ役に立ちそう。
評判いいみたいですよ!

さらにもうひとつ、プーちゃんの単行本も発売されたぞ。
可愛いですね。