【熊本ぼちぼち新聞】サッカー日本代表、カタールW杯出場を決める! しかし、美女からのラブコール「タキ、結婚? それともユニフォーム?」…殊勲の三笘薫選手より注目を集めた南野拓実選手が話題に?!【2022年3月19日(土)~25日(金)|第11号】

熊本ぼちぼち新聞(全国版)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
いやいや、よかったあ。
サッカー日本代表、最悪のスタートから、ついにカタールW杯出場を決めました!
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
熊本ぼちぼち新聞では、僕ら目線でゆるーくぼちぼちと一週間を振り返っていく。 

※最近はオンラインで読めるので、全国から気軽に熊本日日新聞が購読できます。→熊本県外プラン:月額3,400円(税込)

今週は【2022年3月19日(土)~25日(金)】です。
スポンサーリンク

【2022年3月19日(土)】「ゴジラ」出演、宝田明さん死去(87歳)

出典:読売新聞オンライン

87歳かあ。2000年代に入ってもゴジラ映画に出演されていたらしいね。
宝田明さんのご冥福をお祈りいたします。

【気になるあのお店】謎の『味の屋台村』(合志市)!

出典:熊本日日新聞

インパクト大!菊池方面に向かうとき、いつも気になっていたあの変な外観のお店だ! 入る勇気がなかったが、なるほど。やはり相当ユニークな店主みたいだな(笑)。
ミカンの天ぷら?え?え?

スポンサーリンク

【2022年3月20日(日)】樺太育ち・ウクライナ在住の78歳邦人、祖国日本へ

出典:読売新聞オンライン

へー。こういう方もいらっしゃるんだねえ。まさに数奇な運命。
それでもまたウクライナに戻りたいとおっしゃっているのが印象的です。

【2022年3月19(土)~5月22日(日)】「くまもと花博」開幕

さっそく「立田山お祭り広場」に行ってきた。江津湖と街中もそのうち。

関連エントリー→「【3月19日(土)】くまもと花博(第38回全国都市緑化くまもとフェア)が開幕、さっそく「まち山(立田山)エリア」(立田山 お祭り広場)の木製遊具で遊ぶ!」くまとR子の子育て日記(565日目)

初日に行ったんですね。

出典:熊本日日新聞

【どうする?】子どものコロナワクチン接種について

出典:熊本日日新聞

このアンケート、僕も回答した。子どもの接種は迷うよなあ…。
奥さんと相談してください(苦笑)。

スポンサーリンク

【2022年3月21日(月・春分の日)】人生案内「子どものような夫に疲れた」

出典:読売新聞オンライン

うーむ。なんというか、正直この旦那、面倒見のよい奥さん貰ってちょっと羨ましいという気持ちもある。僕は昔から、こういう女性とまったく縁がないんだよなあ。
ノーコメントです(苦笑)。

【戦争】菊池飛行場に駐留した特攻隊

出典:熊本日日新聞

このご時世、なんとも言えない気持ちになるな…。
戦争を身近に感じる昨今です…。

スポンサーリンク

【2022年3月22日(火)】「危篤 至急来られたし」等、定文電報終了へ

出典:読売新聞オンライン

新聞の片隅の記事。「00年に2.6万通使われていたが、20年の利用は110通に減少していた」だって。年間110通だぞ。ちょっと淋しい気もするけど、SNS、インターネットの今の時代、確かに必要のないサービスだもんね。これからも継続されるという、冠婚葬祭の電報だって、考えてみたら電報じゃなくてもいいもんね。これもいずれ消えるだろう。
時の流れです。

【ミラクルロアッソ】コロナ感染など幾重の苦難を乗り越え、なんと上位候補の長崎を撃破し、ホームで今季初勝利!

出典:熊本日日新聞

V・ファーレン長崎も今季まだエンジン全開とは言えないが、明らかに前評判は長崎が上。それがまさか…。
ロアッソ熊本、上位候補の長崎を撃破し、ホームで今季初勝利です!
実際はロアッソ熊本の方がJに参入したのは先なんだよね。しかし、その後追い越され、長崎はすでにJ1を経験しJ2に降格し再昇格を狙うチーム、一方我らロアッソ熊本はJ1昇格どころかJ3に降格し、やっと今年J2に戻ってきたところ。メンバーも有名選手や実績のある外国人選手が揃う長崎と比較して、ロアッソ熊本はJ2すら初体験の若い選手が大半。しかもしかも、前節大分との九州ダービーを大量得点で勝利し、勢いに乗って熊本に乗り込んでくる長崎に対して、主力やコーチ陣にコロナ感染者が多数出て、監督すら代行の熊本。さらにさらに、熊本の今節のメンバーはGKは初出場、ベンチには中学を卒業したばかりの15歳の選手もいる。フレッシュではあるが、長崎相手に厳しいかと普通思うよね? それがなんと!試合前はまさか、こんな嬉しい結末が待っているとは…想像しなかった(喜)。
泣かないでください(笑)。
あともうひとつあった! 大木監督の代行は、かつてロアッソ熊本のエースだった、あの髙橋泰コーチ! 持ってるね、この人も。
ですね! 今後はターレスなど怪我で戦列を離れている期待の選手も戻ってきます。今季は本当に期待できそうです。

スポンサーリンク

【2022年3月23日(水)】東日本で、政府による初の「電力需給逼迫警報」

出典:読売新聞オンライン

国民に満足に電力すら供給できないなんて…。円安120円突破するし、日本国がどんどん頼りない国に成り下がっていくようで哀しい。
うーむ。

【口承文芸学者・小澤俊夫】昔話は子どもに生の声で

出典:熊本日日新聞

オザケンのお父さん、新刊でたぞー。
長男の小澤淳さん、次男の小沢健二さんとの鼎談も掲載されているそうです。

スポンサーリンク

【2022年3月24日(木)】お台場の商業施設「ヴィーナスフォート」、27日営業終了

出典:読売新聞オンライン

ついこの前、開業したばかりのように思えるのに(苦笑)。オープン当初、仕事や遊びで何度か行った。特に思い出があるわけじゃないけど、ちょっと淋しい気もする。
跡地の一部には、スポーツやコンサートの会場となる多目的アリーナが2025年に開業する予定だそうです。

【こどもの詩】「おにさんへ」

出典:読売新聞オンライン

おにさんへ
つめ きってきてね。
わるいこと しないでね。

やさしくなったら
なかまに いれてあげるよ。

こわがって ごめんね。
なまえ、おしえてね。

出典:読売新聞オンライン

ぼくのなまえは「プーチン」だよ。なかまにいれてくれる?
じゃあ、その前に、やることがあるでしょ?(苦笑)

【ゼレンスキー大統領演説】日本のリーダーシップで、(侵略を止める)新しいツールを

出典:熊本日日新聞

既存の国際機関が機能しないので、(侵略を止める)新しいツールを作らなければいけない。日本のリーダーシップが、ツール開発のために大きな役割を果たせると思う。

出典:読売新聞オンライン

ふむふむ。
どう考えますか?

スポンサーリンク

【2022年3月25日(金)】終了間際に三笘薫の二発!サッカー日本代表、7大会連続のW杯出場決定!

出典:読売新聞オンライン

川崎フロンターレの価値があらためて証明されたと思う。今回のW杯アジア最終予選、最後のとどめを刺したのはまさに川崎の強さだった。
なお、日本がオーストラリアに勝利したことで中国戦を前にすでにW杯出場が決定したサウジアラビアですが、日本vsオーストラリア戦の後に開催された中国vsサウジアラビア戦は引き分けという結果となりました。これで日本は最終戦ベトナムに勝利すれば、気持ちよく1位通過となります。

ところで実物大ガンダム、次は福岡ですね! ※全面広告より

【熊本弁まっだし】あん時の社長、だったろうか?

出典:熊本日日新聞

これは、あり得るな(笑)。
「熊本弁まっだし」のコーナー、いつも面白いですよね。

スポンサーリンク

【熊本ぼちぼち新聞】来週はきっといい事ある?【2022年3月19日(土)~25日(金)】

サッカー日本代表、ここからが夢の続きの始まり。やっとまた、W杯ベスト8以上を目指す権利を得たということ。
今度こそ、ひとつ高いハードルを越えて欲しいですね。

…と・こ・ろ・で。これ、ワロタ(笑)。
美女から南野拓実への熱いメッセージ…ですか?

美女から南野拓実への熱いメッセージ!(笑)

「南野はゴールを挙げられなかったが、クロスバーを2回直撃するなど、日本の攻撃陣で存在感を示した。面白いのは、この日ゴールを決めた三笘より、南野が注目を集めた点だ。理由はスタンドの美女サポーターだ。日本代表のユニフォームを着たあるサポーターが、赤い字で『TAKI MARRIAGE OR SHIRT?(タキ、結婚? それともユニフォーム?)YNWA(You’ll Never Walk Aloneの略。君は1人じゃない)』というメッセージが書かれた紙を持っていた」

出典:www.football-zone.net

僕も試合後、このシーンが気になっていた。最初「TAKE」久保建英かと思ったけど、「TAKI」南野拓実へのラブコールだね。南野拓実、まだ独身だっけ?
え~と(検索中)…いろいろと噂はあるようですが、結婚はまだしていないと思われます。試合後、この日ゴールを決めた三笘薫選手より、南野拓実選手が注目を集めていたという話題でした(笑)。

スポンサーリンク

【追記(2022/3/29)】SNS上などで注目を浴びたのは地元シドニー在住のジャスミン・ハムレットさん、家族は全員熱烈なリバプールサポーター

 今月24日に行われたサッカー日本代表対オーストラリア代表の一戦で、ある1人のサポーターが大きな話題となった。日本代表のMF南野拓実に対するメッセージを書いたバナーを掲げて中継映像に映り、SNS上などで注目を浴びたのは地元シドニー在住のジャスミン・ハムレットさんだった。筆者はジャスミンさんに直接連絡を取ることに成功し、単独インタビューで南野や日本代表への思いを聞いた。(取材・文:舩木渉)

出典:www.footballchannel.jp

彼女の正体がわかったぞ!
もともとイギリス出身、家族ぐるみで熱狂的なリバプールファン。それで南野拓実選手をリスペクトし、日本代表を応援してくれていたんですね!

「私たち家族は22年前にイギリスからオーストラリアへ移住しましたが、家族のルーツはずっとリバプールにあります」
 ジャスミンさんや一緒に日本代表戦を観戦した父ショーンさんら、家族は全員熱烈なリバプールサポーターでもある。

(中略)

「日本代表はオーストラリア代表に勝って当然の試合をしましたが、タキが前半にハットトリックを決められなかったのは非常に不運でした。ワールドカップでのタキの活躍を祈るとともに、今季4つのトロフィー獲得に挑んでいるリバプールの一員として、彼が歴史を作り続けてくれることを願っています。このバナーで、多くの人が笑顔になったように、彼も笑顔になってくれれば嬉しいです」
 そう語るジャスミンさんには、改めて南野に伝えたい願いことが2つあるという。
リバプールから出ていかないでください、というのが1つ目。2つ目はバナーに書いたどちらのオファーも、返答はまだ間に合います、ということです
 なかなかリバプールでの出番が増えない南野だが、プレーに臨む真摯な姿勢や、大事な局面で残してきた結果はファンの心に強く響いている。日本サッカー界のみならず、アジアサッカー界にとって彼の活躍は大きな誇りなのだ。

出典:www.footballchannel.jp