【NYダウ日記(2022年5月9日-13日)】結局今週もセル・イン・メイ、来週は31000ドル割れ?次30000ドル?そして2021年初頭の安値29700ドル?【ゆるゆる投機的行動204】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2022年5月9日-13日トレード日記だよ。来週は31000ドル割れ?次30000ドル?そして2021年初頭の安値29700ドル?
悲観的ですね…。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに、トレードは、IG証券ノックアウト・オプションと指数CFD取引口座を使いわけている。基本デイトレードだけど、ノックアウト・オプションはより短い時間でのトレードって感じ?
まあ、それぞれの口座の特長を活かして、上手に使い分けることができたらいいですね。

↓先週末(2022年5月2日-6日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2022年5月9日-13日)の予定。

↓今週の予想

スポンサーリンク

【5/9(月)】ダウ3日続落、米3指数とも年初来安値(変動幅約630ドル)【損益:プラス570pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

金曜日からの持ち越しダウショートは無事に月曜日日本時間早々にプラ転して利確できた。その後様子見し、最近のトレードスタイルを守って、米時間開始前から数時間でさらに利益を積み上げて無事に目標以上の利益を確保。よい週明けのスタートを切ったぞ。今週は水曜日のCPIがクライマックスとなるのか?
週明けの月曜日、ダウは先週末から3日続落となりました。米3指数とも年初来安値となりました。

スポンサーリンク

【5/10(火)】CPI(4月消費者物価指数)を控え米株まちまち、ダウは4日続落(変動幅約860ドル)【損益:マイナス594pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

久々大きく負けてしまった…。米時間開始まで上昇していたので、一旦33000ドルくらいまでは上昇すると思ってロングしてたら、800ドルを超える急落だぞ…。最近、順調だったのに悔しい!
水曜日のCPI(4月消費者物価指数)を控え、特に大きな材料はありませんでしたが、米時間開始時に大きく上昇した後、急落しました。ダウ4日続落です。

スポンサーリンク

【5/11(水)】リスクオフからの反発ならず!注目のCPI(消費者物価指数)は予想を上回り、米株下落局面続く(変動幅約790ドル)【損益:プラス271pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

前日の負けた分を、なるべく熱くならず冷静に取り返そうと日本時間からラッセルでロングを狙った。欧州時間にCPIへの期待からか米株が上げてくれたおかげで前日の損失をなんとか取り戻すトレードができた。しかしながら、今週のメインイベントと思われるCPIが発表される21時半から、今度はダウでトレードして失敗、その殺人的な動きで結局微損となった。具体的にいうと、負け分は取り戻したから、前日分と当日分の目標利益を狙って、CPI直後、600ドル幅で下落をみてショート、しかし、いきなり全戻しで真っ青…。しかししかし、結局は800ドルに届く勢いの下落で安値更新するという。結局下落するまで耐えて含み損分はほぼ取り戻したが、含み損が一旦前日の負け分の何倍も膨らんで焦ったぞ。CPI後に継続して下げるならわかるけど、一旦上昇するってアレ何?予測不可能…。
ダウ5日続落です。CPI(消費者物価指数)発表後、米主要指数はプラス圏で推移する場面もあったものの、次第にリスク回避の雰囲気が広がり、下げに転じてた格好です。ナスダックも大幅反落です。

スポンサーリンク

【5/12(木)】ダウ4ヶ月ぶりの6日続落(変動幅約750ドル)【損益:プラス850pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

週明け月曜日は良いスタートを切ったものの、火曜・水曜とバタバタしたトレードをしてしまって、負けないまでも2日分の目標利益が出ていなかった。この日は朝から淡々と、日本・欧州時間はラッセル、米時間はダウをトレードして無事に3日分の目標利益を確保、一日の利益としては今年一番良かったのではなかろうか。金曜日は映画「シン・ウルトラマン」公開初日、気持ちよく映画を見にいくため、今週はもうトレードお終いにしようかな。
休むも相場です。この日、ダウは4ヶ月ぶりの6日続落となりましたが終了間際に買い戻しが入っています。ナスダックは反発です。

スポンサーリンク

【5/13(金)】ダウは7営業日ぶりに反発も…(変動幅約700ドル)【損益:プラス115pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

金曜日は心穏やかに映画に行くため、トレードは木曜日でやめるつもりだったが…やっぱりちょっとやっちゃった(笑)。でも無事に1日分の利益は確保、よかったあ。
ダウは7営業日ぶりに反発です。ロイターは、物価ピークアウトの兆候で上昇と伝えていますが本当でしょうか?

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】先週「やはりセル・イン・メイ?」→今週「やはりセル・イン・メイ」(変動幅約1500ドル)【2022年5月9日-13日】

2022年5月9日-13日の一週間(15分足チャート)

TradingView

やはりセル・イン・メイを確信する一週間となってしまったか…。個人的には、危ない場面もあったものの、一週間通しては堅調にトレードできた。お疲れさん。
今週は、水曜にCPI(インフレ)が市場予想を上回り株価が急落、ダウは年初来安値を更新しました。ただ金曜日は一応CPI発表前の水準に近づいて終えています。しかし、テラショック・暗号資産暴落など、大荒れ感が残りますね。

今週は無事にトレードができて、心穏やかに映画に行くことができた。感謝!
映画『シン・ウルトラマン』をトレードに負けて傷心で見る、とかじゃなくてよかったですね(苦笑)。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】来週は31000ドル割れ?次30000ドル?そして2021年初頭の安値29700ドル?【2022年5月16日-20日】

2021年1月~(日足チャート)

TradingView

来週は大きなイベントないよね? 引き続き下目線は間違いなかろう。金曜日は反発したものの、来週は31000ドル割れちゃうか? 割れた場合、次は30000ドル。そして2021年初頭の安値29700ドルが見えてくる展開とか…? 怖っ。
金曜日のようなショートカバー、デットキャットバウンスはあるかもしれませんが、ポジティブな要素は少ないかと思われます…。

最後に…投資判断に迷ったら、ELE(@eleconomics)氏を参考にしている。
投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート | GogoJungle」ですか。ほー。ふむふむ。

 | GogoJungle

関連エントリー→【ゴゴジャン】えれ氏の投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」を購入、これで爆益間違いなし!?【ゆるゆる投機的行動79】

井口の本が出るらしい。鎌田さんの本、トイプーと一緒に要チェック!
2022年6月24日(土)発売のようです。

●井口 喜雄:トトレイダーズ証券 取締役(CSO)現役為替ディーラー。認定テクニカルアナリスト。1998年より為替ディーラーとして活躍し、ドル円やユーロドルなどのメジャー通貨を主戦場に20年以上ディーリング業務を行う。ファンダメンタルズ分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評があり、短期からスイングまで鋭い視点でマーケットを展望する。日経CNBCやロイター、雑誌等へのメディア出演多数。