「【世界で2番目に大きい鳥】エミュー脱走でお騒がせの『熊本県菊池エミュー観光牧場』がついにオープン!」くまとR子の子育て日記(574日目)

子育て日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
知ってた? エミューに嚙まれてもまったく痛くないぞ。
エミューは歯がないからねー。
☆☆☆☆☆
2022年、くま(52歳)とR子(46歳)の子育て日記です。
第一子むーちゃん(♀)は8歳、そして、第二子たろー(♂)は5歳になります。
高齢出産、高齢子育て・・・日本はそういう時代です(たぶん)。
☆☆☆☆☆
昨年注目を集めた熊本・菊池市のエミュー脱走のニュース、まだ皆さんの記憶に新しいと思います。あれから約半年、ついに2022年4月29日(金)、その「熊本県菊池エミュー観光牧場」がオープンしました。
☆☆☆☆☆
スポンサーリンク

【昨年のほのぼのニュース】熊本県菊池市の観光牧場からおよそ20羽のエミューが脱走【2021/10/7(木)】

全国ニュースになったよね、これ。ちょっとお騒がせだったけど、どちらかといえばほのぼのニュースとして、好意的に受け取られたのではないか。
エミューは大人しい動物で、人に危害を加えたりしないみたいからね。
でも、ちょっとこわい…。
たろーはこわくないよー。
熊本 観光牧場から逃げたエミュー すべて捕獲 1羽は捕獲後死ぬ

2021年10月10日 18時25分

今月7日に熊本県菊池市の観光牧場から逃げ出していた大型の鳥、エミューの残る3羽が、10日、すべて捕獲されました。
今月7日、熊本県菊池市の観光牧場で飼育されていた大型の鳥、エミュー54羽のうち、およそ20羽が、柵の扉の留め具が外れるなどして逃げ出し、牧場の関係者などが連日、周辺を捜しました。
4日目の10日も、午前7時から牧場の関係者20人余りが残る3羽の捜索を行い、牧場からおよそ1キロの範囲内の林や田んぼで、午前中に2羽、昼すぎに1羽を発見し、逃げていたすべてのエミューを捕獲しました。
牧場によりますと、10日に捕獲した3羽のうち1羽は、捕獲したあとに死んだということです。
熊本県菊池エミュー観光牧場の長迫吉治 肥育担当部長は「地域の皆さんに心配をおかけして申し訳ない」と陳謝しました。
そのうえで、エミューが逃げ出した柵の扉をこれまでの外開きから内開きにしたり、監視カメラの台数を増やしたりするなど、再発防止策を急ぐ意向を示しました。

出典:www3.nhk.or.jp

スポンサーリンク

【お待ちかね!】熊本県菊池エミュー観光牧場がついにオープン!【2022/4/29(金)】

そして…ついに「熊本県菊池エミュー観光牧場」がオープン。さっそく行ってきた。
ゴールデンウイーク中は「えさやり体験」など、イベントをやっていましたー。
ちょっとこわいけど、「えさやり」したい、したい!
たろーも「えさやり」する!する!

出典:twitter.com

菊池市方面からクルマで…デイリーヤマザキを過ぎるとすぐです。右手に「菊池市立迫水小学校跡」の正門が見えてきます。

スポンサーリンク

【赤ちゃんと記念撮影・えさやり体験】熊本県菊池エミュー観光牧場には現在、大人のエミューが約50羽、成長途中のエミューが約50羽ほどいます!【2022/5/1(日)】

もちろん入場無料。毎日先着20組はエミューの赤ちゃんを抱っこして記念撮影できるらしいから、オープンの10時を目指してお出かけした。15分前くらいに到着したけど、余裕で記念撮影できたね。
てゆーか、この日はうちが1組目だったね。
ここは廃校となった小学校の跡地を利用した観光牧場だが、外に2メートルほどに成長したエミュー、学校の建物の中に赤ちゃんや成長途中のエミューたちがいる。
エミューを見学した後は、エミュー料理を楽しめるのかしら?

※将来的にはエミュー料理が提供されるかもしれませんが、現在は関連商品が販売されている程度です。

そんなわけないでしょう!
ママ、エミューをたべちゃダメ!

ゴールデンウイーク中、10時から15時までの営業です。その後は週末のみオープンだそうです。

駐車場のスペースは十分あります。

熊本県菊池エミュー観光牧場には現在、大人のエミューが50羽、成長途中のエミューが50羽ほどいるそうです。

エミューのこども見学、ひなと撮影、エミューの庭は校内です。

靴を消毒してから、校内に入ります。

小学校の教室の中に、エミューの子どもたちがいました。

エミューの赤ちゃんと記念撮影した後、中庭のエミューたちを見て回ります。

臆病なエミューですが、ガラス越しなら寄ってくるようです。

ガラス越しにエミューの子どもと最接近できました。

ちなみに、エミューの走るスピードは人間より速いそうです。

小学校の元理科室には、イノシシのはく製もありました。エミューより怖い…。

熊本県菊池エミュー観光牧場は、福岡県土産の定番である「めんべい」を手がける(株)山口油屋福太郎と日本食品(株)の出資だそうです。

エミュー関連商品の販売もあります。また屋内屋外で、カレーやソーセージなど食事もできます。

売店には、エミュー肉のレトルトカレーなどもありました。

図書館がイートインスペースになっていました。将来的には、ここがエミュー肉のレストランとなる?

最後に、外にいる大人のエミューに「えさやり体験」です。

5歳息子は怖がらずに、上手に「えさやり」できました。

8歳娘は、恐る恐る、なんとか「えさやり」できました。

ちなみに、エミューのくちばしに挟まれても、まったく痛くありません。

そろそろ帰るよー。こらこら!勝手にプールに入るな!