【2023年Jリーグ】年間順位予想をする前に…レギュレーション、昇格・降格チーム数、等々を確認しておく。【J1降格1チームのみ】

サッカー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
2023年Jリーグの順位予想をする前に…今季のJリーグのレギュレーションなどを確認しておきたい。
Jリーグは来季2024年に、J1・J2・J3各20クラブへとチーム数が変わる影響で、今季2023年の昇格・降格チーム数に変更があるようです。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:リフティング50回
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

【来季J1・J2・J3各20クラブへ】2024シーズン以降のリーグ構造・大会方式について

2024シーズン以降、J1・J2・J3各カテゴリーのクラブ数が20クラブに統一されるという。
その影響で昇降格の方式が変更となっています。またカップ戦は、来季からはJ1・J2・J3全クラブが参加することになるようです。
昨年末に発表された内容を再確認しておこう。
大会2022シーズン2023シーズン2024シーズン
明治安田生命
J1リーグ
・クラブ数:18クラブ

・J2への降格は2.5枠
(2枠は下位2クラブの自動降格/残る1枠はJ1 16位クラブとJ2 3~6位のJ1参入プレーオフ優勝クラブがJ1に残留または昇格)

・クラブ数:18クラブ

・J2への降格は1枠
(最下位クラブの自動降格)

・クラブ数:20クラブ

・J2への降格は3枠
(下位3クラブの自動降格)

明治安田生命
J2リーグ
・クラブ数:22クラブ

・J1への昇格は2.5枠
(同上)

・J3への降格は2枠
(下位2クラブの自動降格)

・クラブ数:22クラブ

J1への昇格は3枠
(2枠は上位2クラブの自動昇格/1枠は3~6位のJ1昇格プレーオフの優勝クラブ)

・J3への降格は2枠
(下位2クラブの自動降格)

・クラブ数:20クラブ

J1への昇格は3枠
(2枠は上位2クラブの自動昇格/1枠は3~6位のJ1昇格プレーオフの優勝クラブ)

・J3への降格は3枠
(下位3クラブの自動降格)

明治安田生命
J3リーグ
・クラブ数:18クラブ

・J2への昇格は2枠
(上位2クラブの自動昇格)

・クラブ数:20クラブ

・J2への昇格は2枠
(上位2クラブの自動昇格)

・クラブ数:20クラブ

・J2への昇格は3枠
(2枠は上位2クラブの自動昇格/1枠は3~6位のJ2昇格プレーオフの優勝クラブ)

JリーグYBC
ルヴァンカップ
・グループステージは、ACL出場4チームを除くJ1 14チームとJ2 2チーム(前年度J1の17位、18位)の16チームを4グループに分け、各グループでホーム&アウェイ方式の2回戦総当たりのリーグ戦

・プレーオフステージは、グループステージを勝ち上がった8チームによりホーム&アウェイ方式の2試合

・ノックアウトステージは、プレーオフステージを勝ち上がった4チーム、およびACLに出場する4チームを加えた計8チームにより、ホーム&アウェイ方式のトーナメント戦(決勝は1試合)

グループステージは、J1全18チームとJ2 2チーム(前年度J1の17位、18位)の20チームを5グループに分け、各グループでホーム&アウェイ方式の2回戦総当たりのリーグ戦

・ノックアウトステージは、グループステージを勝ち上がった8チームにより、ホーム&アウェイ方式のトーナメント戦(決勝は1試合)

J1・J2・J3全クラブが参加するノックアウト方式

※詳細は別途発表

出典:www.jleague.jp

スポンサーリンク

【J1降格1チームのみ】2023Jリーグ 大会方式等の変更点について

今季は、J1とJ2チームが戦うプレーオフがないんだよね。もし昨季がこのレギュレーションだったら、ロアッソ熊本もJ1昇格してたのに残念(笑)。
今季もそこを目指しましょうよ。
もちろん応援するが、今季はかなり厳しいぞ…(苦笑)。
大会変更点理由
明治安田生命
J1リーグ
J2への降格は1枠(最下位クラブの自動降格)・新たな成長戦略に基づき、Jリーグ全体の価値向上を図るべく、2024シーズン以降の各リーグのクラブ数を変更するため
JリーグYBC
ルヴァンカップ
・グループステージは、J1全18チームとJ2 2チーム(前年度J1の17位、18位)の20チームを5グループに分け、各グループでホーム&アウェイ方式の2回戦総当たりのリーグ戦とする
プレーオフステージは開催しない
アウェイゴールルールの撤廃
・ACLのシーズン移行ならびにレギュレーション変更に合わせた対応
明治安田生命
J2リーグ
J1への昇格は3枠(2枠は1位・2位の自動昇格/1枠は3~6位のJ1昇格プレーオフの優勝クラブ)・新たな成長戦略に基づき、Jリーグ全体の価値向上を図るべく、2024シーズン以降の各リーグのクラブ数を変更するため
J1参入プレーオフ開催なし・J1昇格プレーオフ開催のため
J1昇格プレーオフJ2 3位~6位のうち、J1クラブライセンスが付与されているクラブは、J1昇格プレーオフに出場。優勝クラブ(1クラブ)がJ1に昇格・昇降格数の変更のため
明治安田生命
J3リーグ
20クラブによるホーム&アウェイ方式の2回戦総当たりのリーグ戦・FC大阪、奈良クラブがJリーグに入会したため

出典:www.jleague.jp

スポンサーリンク

【ドコモ据え置き】DAZN値上げについて

DAZN値上げの残念なニュースがあった。しかしなんとか僕らは、今季もDAZNでJリーグが観れそうだな。
DAZN値上げもドコモの旧来ユーザーは据え置きです。よかったですね。
ただ、DAZN値上げで毎月3700円のスポーツ専門チャンネルだと、ライト層が気軽にJリーグを見れない。今後はJリーグ中継について考えた方がいいぞ。AbemaTV藤田晋社長、いいアイデアないかしら?
スポンサーリンク

【最新情報】移籍の噂など

セレッソにカタール・ワールドカップにも出場していたチュニジア代表FWが加入するらしいが、最近はなかなかイニエスタクラスのビッグネームの移籍がないね。
イニエスタさんクラスは特別です(苦笑)。
仲川・興梠には申し訳ないが、サッカーダイジェスト最新号の表紙もいまいちフレッシュさが感じられん。
こらこら(苦笑)。
とはいえ、開幕前のワクワク感はもちろんある(笑)。ロアッソ熊本からJ1に個人昇格した選手たちも気になるしね。髙橋利樹の浦和、河原創の鳥栖、ターレスの名古屋にイヨハ理ヘンリーの京都、どうしても応援したくなっちゃう。
まずはレギュラー獲得、頑張って欲しいですよね。

↓新潟は「FWグスタボ ネスカウとMFダニーロ ゴメスが加入」。

↓川崎は、レアンドロ・ダミアンに加えて小林悠も欠いて開幕を迎えます。

スポンサーリンク

【2/11(土)】FUJIFILM SUPER CUP 2023

毎年Jリーグの開幕を告げる、「FUJIFILM SUPER CUP 2023」。今季は昨年のリーグチャンピオンの横浜F・マリノスと天皇杯王者ヴァンフォーレ甲府 の対戦だが、J1とJ2の戦いってのは珍しい。
「FUJIFILM SUPER CUP 2023」は、2023年2月11日(土)13:35キックオフです。

スポンサーリンク

【Jリーグ開幕】川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス のオープニングマッチ【2/17(金)】

ロアッソ熊本はアウェイ栃木戦でスタート、ホーム初戦は秋田戦だな。しかし、今季J2の戦いはし烈だよなあ。いくら3チーム昇格できるとはいえ、J1オリジナル10の清水に、かつてJ1王者に君臨していた磐田だぞ。さらに、アベマ藤田社長が本気だしてきた町田に、引き続きジャパネットたかたが本気出してる長崎、岡山も戦力落ちてないし、仙台、大分、山形、徳島…手ごわい相手ばかり。大木監督頼みます!
昇格してくる、いわて、藤枝も曲者かもしれません。今季も楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました