[提言] 映画は90分~120分くらいが丁度いい!~『君の名は。』は何分?『この世界の片隅に』は何分?

やったー!
映画『この世界の片隅に』がキネマ旬報ベスト・テン 邦画第1位だって!
どのくらい価値のある賞かは知らないけど、自分が気に入った映画が賞をとるのは素直にうれしいね!
え~と(検索中)・・・日本映画2位には、庵野秀明監督『シン・ゴジラ』、3位は深田晃司監督『淵に立つ』だそうです・・・となると、木になる新海誠監督『君の名は。』は10位内に名前がありません・・・

出典:www.kinenote.com

へー、『君の名は。』、10位内には入っていてもよさそうなのにね・・・
興行収入や人気もさることながら、まず僕の中での良い映画の第一条件を『君の名は。』は満たしているのに残念だなあ・・・
ちなみに『この世界の片隅に』は良かったけど、僕の中での良い映画の第一条件を満たしていません・・・
何ですか?くまちゃんの良い映画の第一条件とは・・・?

☆☆☆自己紹介☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:酔っ払いおじさん、広く浅く世間を語る
特技:2才の娘を笑わせること
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

[提言] 映画は90分~120分くらいが丁度いいんじゃない?

映画は短い方がいいんだよ!(断言)
『君の名は。』は、上映時間107分で完璧だね!
上映時間が長い名作映画は沢山ありますが・・・
もちろん長い名作映画もあるよ・・・でも、平均的に映画は90分~120分くらいがベストなの!
その理由は・・・
映画は90分~120分くらいが丁度いい3つの理由ですね
(あくまで、くまちゃんが考える・・・)
【理由1】美味しいところが凝縮されている
手塚治虫にSF漫画『来るべき世界』という名作があるけど・・・これは最初1000ページ執筆した原稿を300ページまで削ったという有名なエピソードがある
実際に、手塚の自宅を訪れた藤子不二雄がゴミ箱に入った膨大なボツ原稿をみたらしいからね

出典:ja.wikipedia.org

凄いですねえ
映画もしかり・・・編集でギュっっと凝縮されることで、より密度の濃い名作になるのかもしれないよ
映画とマンガでは違いもあるかもしれませんが、そういうもんですかね・・・
【理由2】集中力がとぎれない
生産性を最大にするには、90分間隔で作業するのがいいんだって

出典:www.lifehacker.jp

そうなんですか?
理由は、睡眠サイクルが約90分間隔だから
人間の睡眠は、90分サイクルで深い眠りと浅い眠りを繰り返すんだって

出典:www.lifehacker.jp

へー
つまり、人はそのくらいが一番集中できるんだよ
ゆえに、映画もそのくらいが集中して観れるから、丁度いいというわけだね
なるほど
【理由3】デートに最適である
実は、これが言いたかった!
声を大にして言う、デートには120分以内の映画が最適であると!
あ、なんとなく・・・わかるような
まずね、デートで3時間とかの映画を選ぶなんてありえないよ
その分、彼女とゆっくり食事したり会話したりする時間が減るんだから・・・
そうですよね
だいたい、お互いの事を意識しながら、長い映画なんてみてたら神経がズタズタになるよ
デートの時は、さらっと90分くらいの映画を観て、あとは楽しい時間を過ごすのがベストだね
同意します
例えば、仕事が終わってからデートをするとするでしょ?
夜19時以降に待ち合わせて3時間の映画なんて観たら、都会だったらすぐ終電になっちゃうよ・・・
戦略的にやるんだったら別だけどね
そうですね
長い映画が観たかったら一人でゆっくり観に行けばいいんだよ
それが正解です

110分以下の名作映画はこちら!

では、実際に120分から90分くらいの名作映画にどういうものがあるか・・・今回は110分以下という条件でリストアップしてみたよ!
どんな映画がありますか・・・?
『アメリカン・グラフィティ』(American Graffiti、1973年、上映時間110分)
『ガタカ』(Gattaca、1997年、上映時間106分)
『カサブランカ』(Casablanca、1942年、上映時間102分)
『キング・コング』(King Kong、1933年、上映時間100分)
『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年、上映時間100分)
『燃えよドラゴン』(Enter the Dragon、1973年、上映時間98分)
『ゴジラ』(1954年、上映時間97分)
『恋人たちの予感』(When Harry Met Sally…、1989年、上映時間96分)
『街の灯』(City Lights、1931年、上映時間87分)
『トイ・ストーリー』(Toy Story、1995年、上映時間81分)

出典:ja.wikipedia.org ※それぞれの映画の上映時間についてはwikipediaの情報を参考にしています

見てごらん、110分以下でも、こんなにいい映画が沢山あるんだよ
『トイ・ストーリー』なんて80分だからね・・・『トイ・ストーリー』観て食事にでも行けば、デート盛り上がるよ
『トイ・ストーリー』は無難な選択かもしれません
はい!今日のエントリーは映画は短い方がいい・・・という話題でした
今日はこの辺で・・・
『君の名は。』の上映時間は107分とのことですが・・・ちなみに、昨年話題になった『シン・ゴジラ』は上映時間119分、『この世界の片隅で』は上映時間129分になります
へー、『この世界の片隅で』はそんなに長かったんだ・・・面白かったから時間を忘れてたよ・・・
あれ?その発言は今日の話の趣旨と矛盾していませんか?(笑)
こまけーことはいいんだよ
ところで、2016年に話題だったその三作品・・・・ジャンケンのグーチョキパーみたいなもので、『君の名は。』は『シン・ゴジラ』に強くて、『この世界の片隅で』は『君の名は。』に強い、そして、『シン・ゴジラ』は『この世界の片隅で』に強いって気がしない?
なんですか、それ?
根拠がわかりません・・・
『君の名は。』は『シン・ゴジラ』より興行成績が良かった
『この世界の片隅で』は『君の名は。』より専門家の評価が高かった
『シン・ゴジラ』は『この世界の片隅で』より・・・これは何だろう?
意味がわかりません
まあ、いいや・・・あくまで僕の感覚ね(笑)
ではでは!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする