はたして未来人はくるのか?また、2016年についてノストラダムスの予言は?

いよいよ2016年5月17日(火)になったよ。
昨夜の茨城震度5弱の地震はちょっと緊張したね・・・。
まさか予言が・・・。
未来人の予言でしょ?
くまちゃん、信じてるんですか?
未来人の予言とは?

2010年11月~12月、2011年7月、2012年12月、2016年4月15日に2ちゃんねるオカルト板にてスレ住民と質疑応答を行った。
名前、年齢、住所は非公開であるが、質疑応答により日本人、男性であることは判明。

■東日本大震災
Q.あなたの時代までにあった歴史に残るような大きな自然災害(2011~2062年)をいくつか教えてください
A.自然災害に関しては、言う事が許されない。人口動態変化に繋がる事は言えないのだ。ただし、忠告しておく。
yあ 間 N意 埜 b於 レ(⇒山に登れ)”

■熊本地震
「今回の任務が完了したら2016年4月15日へ行く。また会えたらいいな」
「2016年4月、非常に大事な事を伝えに行ったが困惑した。的確で冷静な判断を頼む」
そして、「2016年4月15日に現代に再び現れる」という約束と共に、2011年7月22日にネット上から姿を消したのだった。

■次は5月17日?
そして、2016年4月15日にも現れた「2062年未来人」は、「昨日の地震から4月15日に来たのは偶然ではない」と書き込み、
さらに、「これから南海トラフ大地震が必ず来る」「5月17日にまた来る」という言葉を残している。

出典:「次は5月17日」未来人の警告日と、自然界からの地震予測が不思議な一致
http://matome.naver.jp/odai/2146285368067191501

☆☆☆自己紹介☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:福山雅治と同世代。広く浅く世間を語る。
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)。独身。潔癖症。シニカルな視点は世代のせい?
今、未来人の予言で世間が騒いでるでしょ。
今回の熊本地震で、この一か月休みなしで働いている
公務員の知人とか、すっごい怒ってるよ。
いい加減な予言で騒ぐなって。
そりゃ、怒りますよね・・・。
ネットでも相当盛り上がってるし、
職場とかでもみんな知ってるから、
この予言は外れると思うよ。
みんなが盛り上がりすぎると外れる?
そんなもんだよ。
株なんかでも、テレビやメディアが騒いで、
普通の主婦やタクシー運転手が買い始めたら、
相場下がるって言うでしょ。
そんなもんですかね・・・。
ま、平穏に過ぎ去ればいいんですが。
それにしても、「未来人」ってネーミングどう思う?
「電車男」みたいでストレートすぎない?
逆に今は、それがリアリティがあるんじゃないですか?
やっぱり予言者っていったら、
こういう人たちだよ!
預言者モーセ

75ebb681-s

出典:ミステリー怪人物ファイル
http://blog.livedoor.jp/stratagem5-tubuyaki/

「モーセの十戒」でも知られている預言者だよね。
なにせ海も二つに割っちゃうからね!
神の領域ですね・・・。
出口王仁三郎

2327b273

出典:ミステリー怪人物ファイル
http://blog.livedoor.jp/stratagem5-tubuyaki/

日本の預言者で、大本教の開祖だね。
ふたつの戦争・原爆投下に、その後の復興、
リニアモーターカーや携帯電話の出現も
予言したらしいよ。
へえ・・・。
サイババ

b4b0aa0a

出典:ミステリー怪人物ファイル
http://blog.livedoor.jp/stratagem5-tubuyaki/

サイババは比較的新しいよね。
1990年代にマスコミでも騒がれていたね。
アフロヘアの風貌が凄いですね。

250644_heroa

出典:Goal.com
http://www.goal.com/jp/

それは、コロンビアの英雄バルデラマ!
(笑)
でも、予言者といえば、やっぱり・・・、
ノストラダムスじゃないですか?
もちろん!
ノストラダムス

cdn42.atwikiimg.com

出典:ノストラダムスの大事典
http://www42.atwiki.jp/nostradamus/pages/1.html

1999年7か月、
空から恐怖の大王が来るだろう、
アンゴルモアの大王を蘇らせ、
マルスの前後に首尾よく支配するために。
『予言集』(百詩篇)の第10巻72番より

出典:ウィキペディア「アンゴルモア」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%82%A2

恐怖の大王だよ、
アンゴルモアの大王だよ。
これ本気で信じたもんね・・・。
日本では異常に終末論で盛り上がりましたよね。
まあ、僕は世代的に、知識として知っているだけですが(笑)。
でも、アンゴルモアのこの予言を1999年の世紀末と結びつけたのは、
ちょっと強引だったみたいね。

この詩が人類滅亡を表しているとしていた論者は20世紀後半以降に激増したのであって、それ以前には余り見られなかった。
(中略)
1999年からすでに10年が過ぎた。今後は、過去のくだらない呪縛から解き放たれて、日本でも良質なノストラダムス研究が立ち現れてくれることを祈りたいところである。

出典:百詩篇第10巻72番解釈集
http://www.geocities.jp/nostradamuszakkicho/sonota/1072.htm

それにしても、
この「ノストラダムスの大事典」という
ホームページ作っている方すごいですね。
この人がウィキペディアにも加筆したりしてるようですよ。
こういうマニアの方、好き。
頑張ってください!
(笑)
「ノストラダムスの大事典」から、アンゴルモア以外の、
ノストラダムスの予言をピックアップしてみたよ。
広島、長崎の原爆投下(1945年)

百詩篇第2巻6番
二つの都市の門の近くと市内とで、
決して見られたことがないような二つの災禍があるだろう。
内部で飢餓とペストがあり、剣によって外に出された人々は、
不死にして偉大なる神に救いを求めて叫ぶだろう。

出典:ノストラダムスの大事典
http://www42.atwiki.jp/nostradamus/pages/523.html

大日本帝国の敗戦(1945年)と日本の高度成長(1950年代以降)

百詩篇第1巻32番
大帝国がすぐに移されるだろう、
小さな場所に。それは瞬く間に成長するだろう。
狭い伯爵領のじつに取るに足らない場所、
その中央に彼の王杖を置きに来るだろう。

出典:ノストラダムスの大事典
http://www42.atwiki.jp/nostradamus/pages/1757.html

人類の月到達(1969年)

百詩篇第9巻65番
その者は月の片隅に返しに来て、
その場で囚われ、異国の地に置かれるだろう。
未熟な果実は大きな醜聞になるだろう。
一人に対する大きな非難、大きな賞賛。

出典:ノストラダムスの大事典
http://www42.atwiki.jp/nostradamus/pages/934.html

ベルリンの壁崩壊(1989年)

百詩篇第5巻81番
太陽の都市で王家の鳥が、
七ヶ月前に夜間の前兆を示すだろう。
東の壁は陥落するだろう。雷鳴と稲妻。
七日が経つとすぐさま敵たちが門へと。

出典:ノストラダムスの大事典
http://www42.atwiki.jp/nostradamus/pages/1106.html

911/アメリカ同時多発テロ事件(2001年9月11日)

百詩篇第1巻87番
大地の中心からの火エンノシガイオスが、
新しい都市の周辺で震動させるだろう。
二人の偉人は長い間、岩と戦争をするだろう。
そして新しい川はアレトゥサを赤くするだろう。

出典:ノストラダムスの大事典
http://www42.atwiki.jp/nostradamus/pages/1144.html

こうして見ていくと、凄い視点だよね、
地球の歴史を時空を超えて眺めているような・・・。
自分の存在や今の現実がちっぽけに見えてきます・・・。
そして、今年2016年について、
ノストラダムスはどんな予言をしているのか?!
え!
ノストラダムスも2016年の予言をしているんですか?
あ、ごめん。
あんまり期待しないで。
『2016年向けのノストラダムス予言トップ10』

Alex Noudelmanが「2016年向けのノストラダムス予言トップ10」を公表し、日本ではTOCANAがこれを元にした記事を公表した。しかし、その予言というのは、たとえば
「最後の大統領・オバマ」
「ホワイトハウスで戦争ゲームが行われる」
など、検討する価値のないものばかりである。
(中略)
ノストラダムスは2016年と明記された予言など1つも残していない 、という事実は改めて強調しておきたい。

出典:ノストラダムスの大事典
http://www42.atwiki.jp/nostradamus/pages/2322.html

なーんだ・・・・。
あと、思ったんだけどさあ。
何ですか?
数年前に未来人が2ちゃんねるに書き込んだでしょ。
はい。
今だったら、もう2ちゃんじゃなくない?
2ちゃんは古いってことですか?
それがFacebookか、Twitterか、
または、他のSNSかはわからないけどさ。
Instagramとか、lineとか、ですか?
うん。
違う場所の方がリアリティがありそうな気がする。
それは言えますね。
今頃、どこかでひっそりと、
一部の人しか見ていない場所で、
新しい予言が掲載されているかもよ!