第927回 toto(5/6,7)のオカルト予想 「GW第3弾toto!J1J2ともに混戦、大宮連勝で札幌の今季ホーム無敗が途絶えるか?」

2017年5月3日(憲法記念日)の、ルヴァン杯は順当な結果だね・・・
ということは、くまちゃんの予想は外れてそうですね・・・
お!久保くんもついにJ1の試合に出たみたいだぞ!
くまちゃんは波乱&引き分け多発と予想してましたもんね・・・

ゴールデンウイークの日程

GW1 第925回 toto(4/29,30)・・・J1第9節&J2第10節
GW2 第926回 toto(5/3)・・・J1ルヴァン杯&J2第11節
GW3 第927回 toto(5/6,7)・・・J1第10節&J2第12節

出典:www.toto-dream.com

☆☆☆自己紹介☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

前回の反省会~第926回 toto(5/3)

ゴールデンウイークの連戦もあり、カップ戦のグループリーグは引き分け多発と予想したんだけど・・・リーグ戦でも好調な方のチームが勝つという順当な結果だったね
え~と(検索中)・・・1等23口で約390万円
2等約2万4000円、3等約2000円です

出典:www.toto-dream.com

引き分けも3試合で平均的、支持率が低い方が勝ったのは磐田と徳島のみ
う~む
次、ゴールデンウイーク3連戦の最後は頑張りましょう!

1分でわかる!リーグ戦前節までの状況まとめ

J1は、注目の埼玉ダービー、最下位大宮がやっと勝利し、首位独走かと思われた浦和が負けたので、これでさらに、勝ち点差が縮んだよね
上位、中位、下位で、3つの団子になってない?
ああ、そうですね

出典:www.jleague.jp

J2も混戦だよね
上位陣は、1位横浜FCと2位湘南が勝ち点23
3位名古屋と4位東京Vが勝ち点21で並んでいます

出典:www.jleague.jp

岐阜、京都あたりが、下位から調子を上げてきたね
岐阜はちょっと注目ですね

第927回 toto(5/6,7)のオカルト予想

オカルト予想とは・・・

非科学的なものを根拠に、常識にとらわれない自由な視座から、勝敗を分析して行う予想のこと。

くまちゃんのオカルト予想のルールと手順

1. 300円(3口)で予想する
2. 対象試合13試合のうち1試合は勝ち・分け・負けのすべてを買う
3. 投票率をベースにし、その中から波乱(または引き分け)のカードを数試合選ぶという手順で行う

Yahoo! totoの購入画面

結構、迷わずに決まった
そういう時は、意外といい結果がでるかもしれません

第927回 toto(5/6,7)オカルト予想のポイント~J1J2ともに混戦、大宮連勝で札幌ホーム無敗途絶えるか?

今回の対象試合は、J1とJ2ともに、通常通りリーグ戦だね
J1が第10節、J2が第12節になります
過去の対戦データから、ちょっと面白いデータをピックアップしてみた
ほー

札幌v大宮・・・大宮は、札幌のホームで12戦中7勝1分
広島vs神戸・・・広島は神戸に対して、ホームで18戦中11勝4分
仙台vsF東京・・・仙台はホームで、2015年からF東京に5連敗
山形vs名古屋・・・過去9戦、山形は名古屋に、まだ一度も勝ったことがない
長崎vs水戸・・・過去8戦、長崎は水戸に、まだホームで勝ったことがない

出典:www.toto-dream.com

特に、札幌v大宮のカード
今季まだホーム無敗の札幌だけど、実は大宮は札幌ホームの試合で、過去12戦中7勝1分なんだよ
また赤いユニフォームのチームに勝つとみたね!
浦和を破った後だけに、ちょっと説得力あります・・・
その他も、これまでの傾向を重要視して予想してみたよ
でも、山形vs名古屋は興味本位で、ジョーカー(全部買い)で狙ってみる
支持率もアウェイに偏っているしね
あれ?仙台は?
ちょっと迷ったけど、僕は今季の仙台をかってるんだよね
これは自分の直観を信じる!
・・・さて!?

11節を消化して、大混戦のJ2

今シーズンは例年以上に明確なスタイルを有したチームが多い印象・・・特に、岐阜!?

 4月29日で第10節までが終了した2017年シーズンの明治安田生命J2リーグ。首位の横浜FC、2位の名古屋グランパス、3位の湘南ベルマーレが勝ち点20で並び、そこから7位の徳島ヴォルティスまでが3ポイント差の中にひしめくなど、早くも大混戦の様相を呈している中、今シーズンは例年以上に明確なスタイルを有したチームが多い印象を受ける。

 例えば、徹底した『ハイライン』を貫き続けているジェフユナイテッド千葉。リーグ2番目に失点数の少ない『堅守』で上位に付けている東京ヴェルディ。もはや『湘南スタイル』と聞くだけでチームの戦い方がイメージできる湘南。あるいはJ1と比べても、より指揮官のスタイルがピッチで具現化されやすいとも言えそうなリーグではあるが、今シーズンのJ2で、その“スタイル”を最も打ち出しているチームの1つとしてFC岐阜の存在は見逃せない。

「岐阜のイメージを変えたい、と言うよりも変える」と言い切る大木武監督に率いられたチームは、どの試合でもボール支配率で相手を圧倒しながら、ショートパスやドリブルを駆使したスタイルを貫き続ける。2分3敗と白星の付いて来なかった最初の5試合から一転して、ここ5試合は4勝1分。第10節のツエーゲン金沢戦では、やや相手に主導権を握られながらも、きっちり1-0で勝利を収めるなど、スタイルを貫くことと勝利を引き寄せることのバランスがマッチしてきた様子も窺える。大木監督の掲げる「90分間プレーし続ける」サッカーを体現している岐阜の今後は、J2全体を考える上でも注視していく必要がありそうだ。

出典:www.soccer-king.jp

この記事同様、僕も岐阜が気になってるんだよね
まさか、こんなに早く、結果が出てくるとは・・・
あと、この記事では、大卒・高卒フレッシュマンの活躍を挙げていますね
岐阜の大卒ルーキー、大本祐槻選手と古橋亨梧選手
その他ザスパクサツ群馬の高井和馬選手と岡庭裕貴選手
京都サンガの仙頭啓矢選手、讃岐の中島大貴選手
V・ファーレン長崎の翁長聖選手・・・

出典:www.soccer-king.jp

高卒組は?
高卒ルーキーは、千葉の高橋壱晟選手、京都の岩崎悠人選手、そして、湘南の杉岡大暉選手

出典:www.soccer-king.jp

へー
名前を憶えておこう
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする