【2020年】J1リーグの年間順位をオカルト予想する~超ざっくり各チーム寸評

サッカー(オカルト予想)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PK戦はアレだったが(笑)、今年もシーズン開幕が近づいてきたね!
FUJI XEROX SUPER CUPが8日に埼玉スタジアム2002で行われ、神戸がPK戦の末に勝利を収めました!

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索

関連エントリー→
【2020年】J1リーグの年間順位をオカルト予想する~超ざっくり各チーム寸評
【2020年】J2リーグの年間順位をオカルト予想する~超ざっくり各チーム寸評
【2020年】J3リーグの年間順位をオカルト予想する~超ざっくり各チーム寸評

スポンサーリンク

【反省会】2019年予想は当たったのか・・・?

いやはや・・・反省反省(苦笑)。
かなりハズレてますね(苦笑)。
2019年J1リーグ年間順位オカルト予想

※赤字は予想が大きくハズれたチームです。
※太字はビンゴです。

順位予想結果
01位川崎フロンターレ横浜F・マリノス↑
02位ヴィッセル神戸FC東京↑
03位浦和レッズ鹿島アントラーズ
04位名古屋グランパス川崎フロンターレ
05位ガンバ大阪セレッソ大阪
06位鹿島アントラーズサンフレッチェ広島↑
07位横浜F・マリノスガンバ大阪
08位湘南ベルマーレヴィッセル神戸↓
09位セレッソ大阪大分トリニータ
10位清水エスパルス北海道コンサドーレ札幌
11位サガン鳥栖ベガルタ仙台↑
12位北海道コンサドーレ札幌清水エスパルス
13位FC東京名古屋グランパス↓
14位大分トリニータ浦和レッズ↓
15位松本山雅FCサガン鳥栖
16位サンフレッチェ広島湘南ベルマーレ↓
17位ジュビロ磐田松本山雅FC
18位ベガルタ仙台ジュビロ磐田

関連エントリー→【2019年】J1リーグの年間順位をオカルト予想する~超ざっくり各チーム寸評

終わってみれば横浜FMとFC東京だったね。当てたのは磐田の降格くらいか(苦笑)。
ですね。
しかし、言わせてもらえば、一昨年の予想の際、ポステコグルー監督1年目の横浜FMを大胆に優勝予想していた。僕は1年未来を予想していたことになる(笑)。
こちらですね。

関連エントリー→【2018年】J1リーグの年間順位をオカルト予想する~超ざっくり!1分で読める各チーム寸評!

スポンサーリンク

【分析】超ざっくり各チーム寸評

ではさっそく、各チームの状況を確認しておこう。ざっくりね。
ざっくりですね。
チーム名(2020年の監督名と年数|2018年度の営業収益)

ざっくりとした寸評(主観的印象)です。主に、Jリーグ.jp(日本プロサッカーリーグ)サッカーダイジェストウィキペディアを参考にしました。
※チームの経営規模の目安として、Jリーグ公式サイトで公表されている2018年度営業収益(売上高)※百万円未満切り捨てを掲載しました。2年前の数字なので、チームによっては大きく数字が変化している場合もありますが、これが公表されている最新なのでご容赦を。あくまで大まかな目安として見てください。

横浜F・マリノス(アンジェ・ポステコグルー監督3年目|51.3億円)ACL

前年優勝、監督3年目、補強順調、上位はほぼ間違いないだろう。優勝候補筆頭。

FC東京(長谷川健太監督3年目|48.4億円)ACL

今季も優勝争いに絡みたい。戦力は充実しているがリーグとACLを戦いきれるか。長友帰ってくる?

鹿島アントラーズ(アントニオ・カルロス・ザーゴ監督1年目|73.3億円)

補強順調、信頼の伝統、前シーズン無冠・ACL無のモチベーションと余裕。後は新監督次第?

川崎フロンターレ(鬼木達監督4年目|60.7億円)

ACLがないのでリーグに集中できる。選手層は厚いが、結構若返った模様。可能性と不安がともにある。

セレッソ大阪(ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督2年目|38.7億円)

ロティーナ監督の手腕は間違いない。今季も上位に食らいついていくだろう。

サンフレッチェ広島(城福浩監督3年目|33.6億円)

他の上位チームと比べると地味な戦力に見える。が、育成型クラブだし、城福体制も安定している。

ガンバ大阪(宮本恒靖監督3年目|51.5億円)

DF昌子も加入し益々充実する戦力。上位進出の可能性も十分あり得る?

ヴィッセル神戸(トルステン・フィンク監督2年目|96.6億円)ACL

戦力・財政規模・人気、Jトップとなりつつある。ACLとリーグ戦で結果を残せるか?

大分トリニータ(片野坂知宏監督5年目|11.2億円)

昇格1年目、財政規模にも関わらず大健闘した昨季。片野坂監督5年目、今年も堅実に中位に定着したい。

北海道コンサドーレ札幌(ミハイロ・ペトロビッチ監督3年目|29.8億円)

ペトロビッチ監督3年目、着実にチームの地力は上昇している。上位進出も十分可能。

ベガルタ仙台(木山隆之監督1年目|26.8億円)

J2では実績のある木山監督だが、J1ではどうか? クエンカの活躍は間違いない。

清水エスパルス(ピーター・クラモフスキー監督1年目|39.8億円)

昨季優勝した横浜でヘッドコーチをしていたクラモフスキー監督1年目。未知数。やや不安が多いか?

名古屋グランパス(マッシモ・フィッカデンティ監督2年目|54.9億円)

財政規模的にはもっと上にいるべきチーム。フィッカデンティ監督はそれなりに堅実なチームを作るだろうが、これまで数年間との方向性のギャップが・・・。

浦和レッドダイヤモンズ(大槻毅監督2年目|75.4億円)

戦力、財政規模ともにJトップクラスだが、メンバーに新鮮味を感じない。がしかし、J3から駆け上がってきたレオナルドがハマれば意外といいかも。

サガン鳥栖(金明輝監督2年目|42.5億円)

途中登板で2度チームを救った金監督が初めてシーズン頭から指揮を執る。戦力ダウンに見えるが、クエンカはいなくなった分は松岡大起に期待。

湘南ベルマーレ(浮嶋敏監督2年目|29.7億円)

メンバーも大きくかわりどう転ぶか。ノルウェー代表FWタリク、完全移籍で戻ってくるMF山田直樹らに期待したい。

柏レイソル(ネルシーニョ監督2年目|41.5億円)

昇格チームとはいえ、戦力・財政規模・チームの方向性に揺らぎはない。オルンガがJ1で躍動するか楽しみ。

横浜FC(下平隆宏監督2年目|15.2億円)

おそらく戦力的には一番下と見られている。がしかし、中村俊輔、松井大輔、そしてカズにオールドファンも感涙。GK南も久しぶりのJ1でモチベーションも高いだろう。下平監督はよい監督だと思う。

いろいろ見どころあるけど、横浜FCには俊輔、松井、カズがいるんだよね。これが2002年くらいならかなり凄いチームだぞ・・・(笑)。
こらこら(苦笑)。
スポンサーリンク

【2020年】J1リーグの年間順位をオカルト予想する

では予想。霊感ヤマカン第六感!
霊感ヤマカン第六感? なんですかそれ(笑)?
2020年J1リーグ年間順位オカルト予想
順位予想結果
01位鹿島アントラーズ
02位ヴィッセル神戸
03位横浜F・マリノス
04位北海道コンサドーレ札幌
05位浦和レッズ
06位ガンバ大阪
07位セレッソ大阪
08位FC東京
09位川崎フロンターレ
10位ベガルタ仙台
11位サンフレッチェ広島
12位柏レイソル
13位大分トリニータ
14位横浜FC
15位サガン鳥栖
16位名古屋グランパス
17位湘南ベルマーレ
18位清水エスパルス
ちなみに、英大手ブックメーカー『ウィリアムヒル』のJ1優勝オッズは次のようになっているらしい。
ほー。まあ、これが一般的な期待値ですよね。さて?!

【英大手ブックメーカー『ウィリアムヒル』のJ1優勝オッズ】
4倍 横浜FM(昨季1位)
4.5倍 川崎(昨季4位)
5.5倍 鹿島(昨季3位)
6倍 FC東京(昨季2位)
10倍 C大阪(昨季5位)
11倍 神戸(昨季8位)
13倍 広島(昨季6位)、G大阪(昨季7位)
15倍 札幌(昨季10位)
17倍 浦和(昨季14位)
21倍 柏(昨季J2・1位)、名古屋(昨季13位)
29倍 大分(昨季9位)
34倍 仙台(昨季11位)、清水(昨季12位)
41倍 鳥栖(昨季15位)
51倍 湘南(昨季16位)
67倍 横浜FC(昨季J2・2位)

出典:www.football-zone.net

スポンサーリンク

【令和2年・J1リーグ】オリンピックイヤー、VAR導入

さあ、今年はオリンピックイヤーのJリーグだぞ。そしていよいよ、良くも悪くも問題のVARがJ1リーグで導入される。
VAR導入で、きっと物議をかもし出す試合もあるんでしょうねえ。
絶対あるぞ。まあ、そうやって壁にぶつかっては改善しながら前に進むしかないだろう。
こちらJリーグからのVARの基本講座です。僕らも勉強しておきましょう。

でも、毎年そうだけど、開幕戦のtoto予想は難しいよな・・・。ただ、それだけに思い切った予想もできる。開幕まで楽しく悩むよ(笑)。今年こそは当てるぞ!
え~と(検索中)・・・totoの当せん確率(理論値)は3等でも約1/5,110です。くまちゃんは毎週300円分しか買ってませんから、3等すら当たる確率は約1703分の1です。まあ、数年に一度3等が当たったらいい方ですね(笑)。

出典:www.toto-dream.com

え? そんな確率低いんだっけ? でも、最後にそんな夢のない話するかなあ・・・。

↓恒例の選手名鑑




↓岡田武史監督の本が出てました!(2019/12/18発売)

↓Jリーグの今を知る!(2019/12/20発売)