【落石注意】鯛生菊池線が怖かった・・・|鯛生金山(中津江村)→竜門ダム(菊池市)【Googleストリートビュー】

鯛生金山(中津江村)の帰りに通った道が怖かった・・・
大分県と熊本県の県境ですか?

関連エントリー→「【中津江村】鯛生金山(たいおきんざん)、坑道に残る夢の跡」くまとR子の子育て日記(225日目)

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索

鯛生金山(中津江村)→竜門ダム(菊池市)

関連エントリー→「【中津江村】鯛生金山(たいおきんざん)、坑道に残る夢の跡」くまとR子の子育て日記(225日目)

行きは、何度も通ったことのある日田街道から行ったんだけどね
帰りは別の道を通ったんですね
天気いいし、通った事のない道をのんびり帰ろうと思ってね
ちょうど紅葉も始まったばかりだし
ナビは、Googleの経路案内ですか?
そうそう
今回も第一候補は日田街道が出てきてたけど、地図上は鯛生菊池線という経路も悪くなさそうに見えていた
Googleの経路案内は、実際に走ってみないとわからないことも多いですよね
Googleは結構、とんでもない道を薦めてくるんだよねえ(笑)
わかります(笑)

【落石注意】鯛生菊池線が怖かった・・・

大分県道・熊本県道133号鯛生菊池線

大分県道・熊本県道133号鯛生菊池線(おおいたけんどう・くまもとけんどう133ごう たいおきくちせん)は、大分県日田市中津江地区から熊本県菊池市に至る一般県道である。

起点から大分・熊本の県境にある穴川峠を経て菊池市班蛇口地区(穴川集落)にかけては急坂と急カーブの連続する幅1~1.2車線の隘路となっているが、同地区から終点の隈府地区(菊池温泉街)にかけては片側1車線の2車線道路となっている。ただし、班蛇口地区(穴川集落)から竜門ダムまでの区間はトンネルと橋梁が連続しており、走行の際は注意が必要。

出典:ja.wikipedia.org

最初はのどかな田舎の風景でね
鯛生菊池線を、鯛生金山(中津江村)から竜門ダム(菊池市)方面へと向かったんですね
ドライブレコーダーがあればよかったんだけど・・・以下、写真はGoogleストリートビューより引用する
今の季節は秋だけど、ストリートビューはちょっと違う季節だね
一部雪の風景もありませんか?(笑)

関連エントリー→「【中津江村】鯛生金山(たいおきんざん)、坑道に残る夢の跡」くまとR子の子育て日記(225日目)

鯛生金山を後にする。

出典:Googleマップ

このへんはまだ2車線。紅葉が始まった山道をのんびり帰るつもり。

出典:Googleマップ

なんかちょっと道が怪しくなってきたような・・・。

出典:Googleマップ

でも、まだ民家もあるし大丈夫。

出典:Googleマップ

中津江村を出て、菊池・鹿本の分岐を菊池方面へと向かう。

出典:Googleマップ

後で確認すると、ここからくねくね道が竜門ダム付近まで続く。

出典:Googleマップ

次第に、ほとんど1車線の区間が多くなる。でも、もう引き返すのは面倒だし・・・。

出典:Googleマップ

草木が道路にはみ出してきてるし・・・。

出典:Googleマップ

ちょっとちょっと・・・。

出典:Googleマップ

風情があるといえばある。でも、自分ひとりながらいいが、小さい子も載せてるし、この道は避けるべきだった・・・?

出典:Googleマップ

離合(←方言)できない。対向車が来ないことを願う。

出典:Googleマップ

いたるところに落石注意の看板が・・・。

出典:Googleマップ

ホントに落石してもおかしくない雰囲気。てゆーか、落石してたし・・・。

出典:Googleマップ

15分?20分?ほど走ったか?

出典:Googleマップ

道路も二車線に戻って、やっと安心できそう。

出典:Googleマップ

橋をいくつか渡る。竜門ダムも近い。

出典:Googleマップ

トンネルをいくつか抜ける。

出典:Googleマップ

やっと知ってる道へ。無事でなりよりでした。

出典:Googleマップ

【問題点】Googleマップの経路案内には幹線道路優先設定がない→【対策】中継地点に幹線道路沿いの施設するとよい?

今回は、自分であえて選んだ経路だったけど、Googleマップの経路案内はマニアックな道を薦めてくることも多いんだよね・・・
わかります
あれ、設定変えられないかな?
主要道路のみを選ぶとか?
え~と(検索中)・・・ああ、ダメですねえ
幹線道路優先設定とかない?
今のところ・・・カーナビについてるような幹線道路優先設定は、Googleの経路案内にはなさそうですよ
仕方ないか・・・僕の場合、対策として、中継地点に幹線道路沿いの施設なんかを設定して使ってるけど、今はそんな感じで使うしかないか
賢いですね
Googleマップの経路案内で、とんでもない細い道なんかを回避するには、事前に中継地点を決めて、経路案内を使うという方法がベストだと思います
昼間だとまだいいんだけどね
夜のGoogleにはご注意をって感じだね
今回の鯛生菊池線も夜通ったらと思うとゾッとする・・・
いや、無理です・・・