「七夕の願い事、ずっとママと一緒がいい!」くまちゃん・R子の子育て日記(29日目)

もうすぐ七夕だね。むーちゃん、七夕ってわかる?
???
むーちゃん、この前、短冊にお願いごと書いたでしょ?
???

DSC_0707

よくわかってなかったみたいね・・・。
くまちゃんとR子の第一子むーちゃん(♀)は、この春、2歳になりました。
R子は高齢出産(アラフォーで高齢呼ばわりとは・・・)でしたが、幸い元気な子が生まれて、すくすくと育っています。
☆☆☆☆☆
もうすぐ七夕です。むーちゃんは七夕のことをまだよくわかっていませんが、
今のむーちゃんの願いはただひとつ。それは・・・。

七夕のおはなし~織姫と彦星

むーちゃん、お風呂はいるよ!
は~い!
パパからも、むーちゃんに七夕について教えてあげて。
いいよ。
たなばた?
七夕には短冊に願い事を書いて、笹に飾るんだよ。
むーちゃんも児童館で先生と一緒に作ったでしょ。
せんせいとつくった。
むーちゃんの願いごとはママが書いてくれたのかな?
あ、そうだ。むーちゃん、七夕のお話をしてあげる。
むかしむかし?
そう、昔話。遠くのお星さまのお話だよ。
してして。
『昔々、神様たちが住んでいる天の川のそばに織姫という美しい娘と彦星という若い男がいました。織姫は機織りが仕事で、彦星は牛飼いをしていました。年頃になった二人はやがて恋に落ちて結婚しました。』
パパとママみたいに、織姫と彦星も結婚して一緒のお家で暮らし始めたよ。
うん。
『二人はとても仲がよく幸せだったのですが、そのうち織姫はあまり着物を作らなくなり、彦星は牛の世話がいい加減になってきました。そんな二人を見てとてもお怒りになった神様は、広い広い天の川の向こう側とこちら側に、二人を離れ離れにしてしまいました。』
神様が「遊んでばっかりいるから、怒ったぞ~!」って言ったんだね。
かみさま?
おにみたいにこわいの?
そうだね(笑)。神様が怒ったら鬼より怖いかもね。
『でも、織姫と彦星が余りにも悲しそうにしていたので、「二人がそれぞれ一生懸命に働くなら」という約束で、年に一度だけ七月七日の夜に天の川を渡って二人が会えるようにしてあげましたとさ。』
[1]
よかったね。
う~ん、まあまあよかったかな?
むーちゃんはママと会えなくなったら、どうする?
いたづらばっかりしてると、神様が年に一回しかママに会えなくするかもよ。
むーちゃんはままのたからものだから、いつもいっしょだもん!
あ、ごめんごめん。泣かなくてもいいでしょ・・・。
まあま~!!
あらら・・・。
どうしたの?
なんでむーちゃん、泣いてるの?
ごめん・・・。ちょっと意地悪言ったら泣いちゃった・・・。
むーちゃんはままのたからものだもん!

熊本駅開業125周年記念 熊本駅つばめ夏祭り2016(7月2日・3日/熊本駅白川口駅前広場)

DSC_0744

熊本駅前でお祭りをやっていたので、ちょっと偵察してきました。
むーちゃん、新幹線に乗れてよかったね。
ちいさいしんかんせんにのった!
よくわかってるね(笑)。
そのうち大きな新幹線に乗ろうね。

160629_event

くまモンが17時から登場したらしいけどね・・・。先に帰っちゃった。
お買い物もあったからね。残念。

仮設商店街「益城復興市場・屋台村」

熊本地震の被害が酷かった益城町に屋台村が出来たらしいね。
ちょっと偵察してきました。

場所は、黒潮市場・益城店(スーパー)の駐車場でした。
お店が倒壊した方などが屋台で営業をしていました。
ちなみに、黒潮市場自体は建物の被害が酷いのか、営業してませんでした。
震源地の近くでは、スーパーなんかの大きな建物は軒並みやられてるけど、
スーパーキッド(ディスカウントストア)は大丈夫みたいね。
あそこは特に倒壊が酷い場所なのに凄いね・・・。
コスモス(薬局)ももう営業してたね。
そして、ママが好きなたこ焼き屋さんも無事だった!
やたい、むーちゃんもいく!

DSC_0751

益城町のみなさん、頑張ってください!
僕もたまに買い物に行きます。
ぱぱとままといっしょだから、
ぶらぶら(地震)こわくないもん!

脚注
[1] Wikipedia 七夕

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする