「令和の花岡山公園で昭和のデート風景を妄想する」くまとR子の子育て日記(315日目)

子育て日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
みんなの青春、花岡山公園。
そうなの?
☆☆☆☆☆
2019年、くま(50歳)とR子(43歳)の子育て日記です。
第一子むーちゃん(♀)は5歳、そして、第二子たろー(♂)は2歳になります。
高齢出産、高齢子育て・・・引き続き、が、頑張ります。
☆☆☆☆☆
花岡山公園に行ってきました。ここから見る夜景は熊本で一番の人気というのは昔から聞いていましたが、僕の青春時代、デートでくる機会は残念ながらありませんでした・・・。
☆☆☆☆☆
スポンサーリンク

花岡山公園は、熊本で一番有名な夜景スポット

出典:kumamoto-guide.jp

これはステキ。もし熊本で青春時代を送っていたなら、一度はここでデートをしてみたかった・・・。
パパの青春時代は東京だもんね。
でもさ、ここまでくる道が結構、狭くて夜は怖くないかしら?
離合も大変そう・・・。

※離合・・・狭い道をクルマ同士が譲り合ってすれ違うこと。西日本方面(特に九州)などで使われる言葉。

こうえんはあるの?
たーた!

※現在の語彙は、「まま」「あんぱ(アンパンマンのこと)」「あんにゃ(バイキンマンのこと)」「にゃー(キティちゃんまたはサンリオキャラのこと)」「あけて(お菓子の袋を開けてほしいときなど)」「ばーば」「じじ」「ぎぎ(うさぎのこと)」。そしてやっと最近「たた(ぱぱ)」と言うように! また、首をふったて否定したり、「うん」と頷いたり肯定したりと意思表示できるようになりました。

スポンサーリンク

花岡山公園は、インドのネール元首相から寄贈仏舎利塔、加藤清正(かとうきよまさ)公の腰掛石、熊本バンド・奉教の碑・・・熊本の歴史を感じる場所

茶臼山(ちゃうすやま)の上にそびえる熊本城から市街地を縫って流れる白川(しらかわ)の流れなど、熊本市街地を一望できる展望スポットの一つ。JR鹿児島本線熊本駅のすぐ北側に位置し、標高133mと気軽に登ることができる山です。加藤清正(かとうきよまさ)公が熊本城築城の折、必要な石をこの山から切り出したといわれ、頂上には、清正公が工事を指揮したときに腰掛けたといわれる石が「腰掛石」として残されています。また、ここは札幌、横浜と並ぶ日本キリスト教(プロテスタント)の3源流の一つ、「熊本バンド」ゆかりの地でもあります。熊本洋学校教師であったジェーンズからキリスト教を学んだ徳富蘇峰(とくとみそほう)や海老名弾正(えびなだんじょう)ら生徒約40人が、明治9年(1876年)、キリスト教信奉を誓ったのがこの花岡山で、「熊本バンド・奉教の碑」が建てられています。また、インドから寄贈されたお釈迦様の骨である仏舎利を納めた仏舎利塔もあり、夜景や桜の名所でもあります。

出典:kumamoto-guide.jp

花岡山公園は・・・巨大遊具やブランコもない。残念ながら、子どもが楽しめる公園ではない。
つまんなーい。
しかし、インドのネール元首相から寄贈仏舎利塔、加藤清正(かとうきよまさ)公の腰掛石、熊本バンド・奉教の碑・・・ここは、熊本の歴史を感じることのできる場所でもある。
へー。
しかたないから、へんてこなしろいとうのまわりをはしりまわろー。
あんぱ。

所在地 〒860-0046 熊本市西区横手2丁目
駐車場 10台 無料
アクセス情報JR熊本駅から徒歩20分

出典:kumamoto-guide.jp

・・・実は熊本駅から徒歩でも行けるらしい。ホントに徒歩20分か?
私は絶対イヤ・・・。

スポンサーリンク

令和の花岡山公園で昭和のデート風景を妄想する

でもさ・・・青春時代にここに夜景を見に来たかったけど、ここまでの道のりが結構怖くない?
夜に運転したくない道よね・・・。
僕の青春時代って言ったら、ヤンキーや暴走族のいた時代だよ?
怖くてこれないよ・・・彼女が拉致されたらどうする?
いやいや。でも昭和ならあり得る?
こらこら。昭和をバカにすんなよ。・・・でも、途中にラブホテルもいくつかあったし、昔からそういう場所だったんだろうなあ。まさに若さとスリルだね。
なによそれ。
令和の花岡山で昭和の青春を妄想するのもまたよし。ここでファーストキスを奪われた熊本の女性も沢山いることだろう。
ちょっと子どもたちの前で・・・。
だれがちゅーしたの?
まま?

すでに廃墟となったラブホテル(?)。廃墟マニアにはいい雰囲気です。

出典:Googleストリートビュー

現在も営業中のラブホテル。

出典:Googleストリートビュー

熊本市が一望できます。たしかにいいロケーションです。夜にも来てみたいものです。怖いけど。