「【空想特撮映画】『シン・ウルトラマン』に8歳&5歳の反応は…? ※メフィラス構文『僕の好きな言葉です』→流行語大賞候補か?!」くまとR子の子育て日記(582日目)

子育て日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

※ネタバレあります!

8歳娘、5歳息子ともに、楽しんでくれたのではなかろうか? 二人の心に何かしら残ってくれたら嬉しい。
たろーも初めての映画館だったけど、お利口さんにちゃんと観れたね。
☆☆☆☆☆
2022年、くま(52歳)とR子(46歳)の子育て日記です。
第一子むーちゃん(♀)は8歳、そして、第二子たろー(♂)は5歳になります。
高齢出産、高齢子育て・・・日本はそういう時代です(たぶん)。
☆☆☆☆☆
映画『シン・ウルトラマン』、初日に一人で観に行ったのですが、この映画なら子どももきっと喜ぶだろうと確信しました。新しいウルトラマンが幼い記憶に残るよう、あらためて今度は家族四人で映画を観に行きました。
☆☆☆☆☆
スポンサーリンク

【初鑑賞】5歳息子、イオンシネマで映画館デビュー

今回はイオンシネマにて。イオンのオーナーズカードで、大人一人1000円、子ども一人800円で鑑賞。

関連エントリー→「【株主優待】イオンシネマでオーナーズカードを使う際の罠 ~映画ドラえもん のび太の月面探査記を観る」くまとR子の子育て日記(278日目)

え?未就学児は膝の上に載せたら無料にならないの?
いやいや、無理だろ(苦笑)。たしか3歳くらいから映画館は有料のはず。
たろー、えいが館はじめてだから、暗くてこわがるんじゃない?
こわくないよー。

2度目の『シン・ウルトラマン』はイオンシネマで鑑賞。※最初はTOHOシネマズでした。

関連エントリー→【巨大化】『シン・ウルトラマン』を初日に見てきた!ああ、長澤まさみ、長澤まさみ、長澤まさみ…【 2022年5月13日(金)公開】

スポンサーリンク

【ネタバレ注意】映画を見た後、40年ぶりくらいにパンフレットを購入

映画が公開されてもう二週間以上経過、もうネタバレしてもよかろう。
あら、いつの間にかパンフレット買ってる(笑)。
自分のためにも、ちょっと映画を振り返りながら整理しておきたい。映画を見た後、パンフレットを買うのなんて40年ぶりくらいだぞ。ママ、子どもらよ、映画どうだった?
面白かった!感動した!

※久しぶりの映画館だったらしく、子どもたち以上に映画に興奮したママでした。

まー、おもしろかったよ。

※わりと冷静。でも、話を聞くと、ちゃんと内容を理解しているようです。

おもしろかったー!

※5歳児は暗闇の中、2時間完走できたことがゴール。家でもライダーやウルトラマンの映画をいつも見ているし、たぶん楽しめたはずです。

映画『シン・ウルトラマン』は、「ウルトラQメインテーマ」と共に始まります。左から順に、巨大不明生物「ゴメス」、巨大不明生物第2号「マンモスフラワー」、巨大不明生物第3号「ペギラ」、敵性大型生物第4号「飛翔禍威獣 ラルゲユウス」、敵性大型生物第5号「溶解禍威獣 カイゲル」、敵性大型生物第6号「放射性物質捕食禍威獣 パゴス」。この辺の情報もパンプレットにきちんと掲載されていたので買ってよかった。

出典:映画『シン・ウルトラマン』

オープニング、「ウルトラQメインテーマ」からの導入が最高だった。そして今回の映画『シン・ウルトラマン』は、大まかにいえば、1966年に放送されたテレビ「ウルトラマン」全39話の中から、特に5話分のエピソードをベースとして、庵野秀明が再構築し映画の脚本を作ったそうな。
へー。

第3話「科特隊出撃せよ」透明怪獣ネロンガ
第9話「電光石火作戦」地底怪獣ガボラ
第18話「遊星から来た兄弟」ザラブ星人、にせウルトラマン
第33話「禁じられた言葉」メフィラス星人、巨大フジ隊員
第39話「さらばウルトラマン」宇宙恐竜ゼットン

出典:ja.wikipedia.org

映画の本編、最初に登場する「禍威獣(カイジュウ)」が「ネロンガ」、続けて「ガボラ」と続く。
最初は怪獣ばっかりでてくるから、本当にウルトラマン? と思ってみてた。

禍威獣第7号「ネロンガ」

出典:Amazon

禍威獣第8号「ガボラ」

出典:Amazon

外星人1号「ウルトラマン(リピア)」

出典:映画『シン・ウルトラマン』

ウルトラマンには他にも魅力的な怪獣が沢山いるので、ぜひ続編も作ってほしい! 僕は「ジラース」と「ウー」が好きだったので見たい。そしてやっぱり「バルタン星人」も。
映画『シン・ウルトラマン』には、怪獣だけじゃなくて宇宙人も登場するよね。
宇宙人は「外星人(ガイセイジン)」と呼ばれ登場する。映画ではウルトラマンが外星人1号。そして外星人2号「ザラブ」に、実はウルトラマンより先に地球にやってきていた外星人0号「メフィラス」…特に山本耕史のメフィラスがよかった。メフィラス構文「私の好きな言葉です」、これは今年の流行語大賞候補くるか?
ところで、たろーが映画観ながら、ずっとポップコーン食べ続けてる(笑)。

※5歳息子は少食偏食なので、ポップコーンでも食べてくれると嬉しい。

外星人2号「ザラブ」

出典:hobby.dengeki.com

外星人0号「メフィラス」

出典:映画『シン・ウルトラマン』

そうそう。かつてのウルトラマンでもフジ隊員という女性の隊員が巨大化したんだよ。
長澤まさみが巨大化してビックリしたあ。

第33話「禁じられた言葉」に登場した、巨大フジ隊員。今回、長澤まさみ演じる禍特対の分析官・浅見弘子が巨大化して驚いた!

出典:第33話「禁じられた言葉」

ところで、長澤まさみがお尻パンパン叩くのアレ何? 気合入れるため?
たぶんそうじゃない?
さて。映画の終盤、光の国からやってきたのは「ゾフィー」ではなく「ゾーフィ」。その昔、ゼットンを操る悪い宇宙人「ゾーフィ」として雑誌に誤って紹介され、それが広まったという。今回はホントにゼットンを操る「ゾーフィ」が現れた。でも、最後のシーンでは「ゾフィー」って発音しているように聞こえたが、あれはどういう意図なのか? その件について、岡田斗司夫もYouTubeで指摘していたぞ。
2回観に行っても謎がまだあるのね。

光の国からやってきた「ゾーフィ」

出典:hobby.dengeki.com

「ゾーフィ」が持ってきた、天体制圧用最終兵器「ゼットン」

出典:映画『シン・ウルトラマン』


空にポカンと浮かぶ天体制圧用最終兵器ゼットン。ゼットンは怪獣というよりエヴァに出てくる使徒や兵器みたい。ウルトラマンが一度ゼットンに挑んで敗れた後、地上では何も知らない一般市民がただ日常を過ごしている。しかし、あの空に浮かぶゼットンの影、あのへんの描写が怖かった。僕は似た夢を昔からよく見るんだよねえ。空にボっーと謎の物体が浮かんでる夢。潜在意識に何かあるのだろうか?
でも、最後はハッピーエンドでよかったね。
ま、一応ポジティブなエンディングといえるかな。ところで…禍特対(カトクタイ)室長、宗像龍彦役の田中哲司氏は仲間由紀恵の旦那さんだよ。俳優っていうのは知ってたけど、これまで氏が出演する映画やドラマをちゃんと見たことなかった。今回どんな俳優かがわかってなんか安心した。いい人そうじゃん!(笑)
えー!あの室長役の人が仲間由紀恵の旦那さんなんだー!私も知らなかった!

禍特対(カトクタイ)室長・宗像龍彦役の田中哲司氏、仲間由紀恵の旦那さんです。

出典:twitter.com

スポンサーリンク

【続編あるか?】結局、ウルトラマンは死んだのか?

出典:Amazon

ウルトラマンはきっと生きている。
え?斎藤工は生き返ったけど、ウルトラマンは死んだんじゃないの?
いやきっと生きてると思う。次回作ではぜひバルタン星人との闘いを軸にした、新たな脚本で続きをみたい。ぜひジラースとウーも登場させてほしい。
なんだただ願望か。
「願えば叶う!」僕の好きな言葉です。

第10話「謎の恐竜基地」に登場した「ジラース」。僕の好きな怪獣です。

出典:muuseo.com

第30話「まぼろしの雪山 」に登場した「ウー」。僕の好きな怪獣です。

出典:www.ultraman100.com

でも、『シン・ウルトラマン』の続編より、やるとしたら『シン・ウルトラセブン』? それとも『シン・秘密戦隊ゴレンジャー』? いやいや『シン・デビルマン』か?!
スポンサーリンク

【空想特撮映画】『シン・ウルトラマン』に8歳娘、5歳息子の反応は…?

子どもたちも楽しんでくれたようだが、予想以上に奥さんが楽しんだようでよかった。
久しぶりの映画だったし、とてもよかった。
まあまあ、おもしろかった。
つぎは「ドンブラザーズ」のえいがにいきたい。おねがい!

『シン・ウルトラマン』グッズを物色する5歳息子。

UFOキャッチャーで「映画『シン・ウルトラマン』 でっかいぬいぐるみ」をゲットして大喜び! ※ちなみに投資額300円!