第1094回 toto(5/18,19)のオカルト予想 「【J1】監督解任の清水は好調大分のホームで仕切り直し 【J2】首位に立った山形はアウェイ徳島戦へ」

サッカー(オカルト予想)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
清水ヨンソン監督、解任きたよ・・・。
最近は毎週のように寂しいニュースが・・・。

【追記(2019年5月15日)】※横浜FCタヴァレス監督の解任もきました・・・。

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

まずは反省会~第1092回 toto(5/11,12)

関連エントリー→第1092回 toto(5/11,12)のオカルト予想 「【波乱注意】鳥栖vsG大阪、松本vs札幌、仙台vs広島、清水vs川崎、神戸vs鹿島、琉球vs水戸、アウェイチームに投票が集まりすぎ!」

最近は1等数口2等数十万円クラス、同レベルの波乱が続いているな。
え~と(検索中)、第1092回 toto(5/11,12)は、1等1口38,288,530円、2等341,876円、3等23,780円・・・という結果でした。

出典:www.toto-dream.com(第1092回)

僕の予想、アウェイチームに投票が集まりすぎというおおまかな着眼点は悪くなかったが・・・。
アウェイチームに投票が集まった試合、鳥栖vsG大阪、松本vs札幌、仙台vs広島、清水vs川崎、神戸vs鹿島、琉球vs水戸で順当に勝利したチームは、川崎と鹿島のみでした。つまり、それ以外の試合は波乱ってことですよね。くまちゃんは川崎・鹿島の勝利、そして仙台の勝利は当てましたね。
J2では琉球が首位水戸を破り、ホーム無敗継続だよ・・・。この試合は全く予想がハズれた。
最近は繰越金がでるほどではありませんが、それなりの波乱が続いています。予想が難しいですね。
基本的に、引き分けが2,3試合で、1等数口程度の波乱を僕は狙い続けているから、ある意味、平常運転。次も頑張るぞ!
ちなみに、今週は週中のカップ戦等はありませんので、J1とJ2ともに1週間のインターバルです。
スポンサーリンク

1分でわかる!リーグ戦の状況まとめ

では、先週末の結果と順位を確認しておこう。
まずはJ1からです。

F東京は下位の磐田を下して首位キープ。鳥栖が新監督で初勝利だね。
川崎と鹿島もアウェイできっちり勝利です。
では、順位をみてみましょう。

→J1の最新順位表はこちら(Jリーグ公式)

F東京(勝ち点27)を筆頭に、上位陣は順調に勝ち点を重ねているな。
最下位鳥栖(7)は久しぶりに勝利したものの、その他の下位チームは黒星です。
13位神戸(10)の6連敗もヤバイが、8位広島(17)の4連敗も気になるね。ACLは好成績だし、広島はまた盛り返してくるだろうけど・・・。
そして、3連敗中の17位清水(8)は監督解任となりました。
すぐに監督を切ったりする風潮は好きじゃないけど、この流れだと、磐田とG大阪も心配だね。個人的には、名波監督も宮本監督も継続して頑張って欲しいけどね。
ここ数年は監督解任の決断をシーズン序盤で下す傾向がありますよ。
今、シーズン3分の一くらいでしょ。昨年の名古屋なんて序盤の低迷から快進撃だったからね。勇気をもっての監督継続もありだと思うぞ。
ですね。
次はJ2です。

水戸が琉球に敗れ、千葉に勝利した山形が首位に浮上。
鹿児島が愛媛に快勝するなど、混戦の下位も順位が変動しています。

→J2の最新順位表はこちら(Jリーグ公式)

首位山形(勝ち点27)が3連勝、11位東京V(17)と16位鹿児島(14)も連勝中だね。
逆に、7位甲府(20)、12位岡山(16)、21位愛媛(12)が連敗です。でもJ2はJ1に比べ、連勝・連敗で極端に調子のよいチーム・悪いチームはなく、混戦ですよね。
上位は1位山形(27)、2位水戸(26)、3位大宮(22)までが若干抜けてるとはいえ、まだまだわからんね。
下位はもっと混戦です。
19位山口、20位福岡、21位愛媛、22位岐阜は同じく勝ち点12だよ。ちょっと連勝すればすぐに中位。下手すりゃ上位も狙える。
このままいけば、J2は史上最高レベルの降格争いもありえますね・・・。
怖っ・・・。
スポンサーリンク

第1094回 toto(5/18,19)のオカルト予想

オカルト予想とは・・・

非科学的なものを根拠に、常識にとらわれない自由な視座から、勝敗を分析して行う予想のこと。

くまちゃんのオカルト予想のルールと手順

1. 300円(3口)で予想する
2. 対象試合13試合のうち1試合は勝ち・分け・負けのすべてを買う
3. 投票率をベースにし、その中から波乱(または引き分け)のカードを数試合選ぶという手順で行う
4. 波乱(または引き分け)のカードについて、その理由をポイントとして下に記載する

Club totoの購入画面|第1094回 toto(5/18,19)

当選金額予想

前回と同程度の波乱予想。そして、引き分けを少し多めに入れてみた。
その根拠は・・・?
スポンサーリンク

第1094回 toto(5/18,19)オカルト予想のポイント~【J1】監督解任の清水は好調大分のホームで仕切り直し 【J2】首位に立った山形はアウェイ徳島戦へ

やっぱり今週末はちゃんと一週間インターバルがあっての試合だから、現在の実力がわりと結果に反映されやすいと思うんだよね。引き分けも3試合以上あると思う。
なるほど。
第1094回 toto(5/18,19)のポイントはこちら!

【G大阪vsC大阪→[予想] G大阪勝利】

大阪ダービーはG大阪ホームで15勝2分4敗(全体でも24勝8分10敗)とかなりG大阪に分がある。現在G大阪の方が下位だが、対戦実績の傾向を重視し、G大阪勝利と予想する。ちなみに予想の根拠とまでは言わないが、C大阪都倉は長期離脱らしい。

【大分vs清水→[予想] 引き分け】

ついに監督解任の清水が好調大分のホームに乗り込み仕切り直し。当然ホームチームに投票が集まるが、ここは引き分けもあり得るのではないか。

【水戸vs柏→[予想] 柏勝利】

前節琉球に敗れ首位陥落の水戸。対する柏は徳島相手に久しぶりの勝利。もともと水戸は柏に0勝1分5敗とまだ勝利したことがない。2位水戸に投票が集まるが、ここは柏勝利と予想する。

【徳島vs山形→[予想] 全部買い】

首位に立ったアウェイの山形に投票が集まる。しかも対戦実績は徳島ホームで2勝5分6敗(全体でも4勝8分13敗)と山形に分がある。しかしながら、両チームにそれほど大きな力の差があるとは思えず、ここは全部買いで波乱を狙ってみたい。

【福岡vs甲府→[予想] 引き分け】

下位に低迷する福岡だが、甲府もここ2連敗と上位から脱落気味。痛み分けで引き分けと予想する。

参考:www.toto-dream.com※データ(過去の対戦実績)は2004年以降のリーグ戦が対象です

G大阪vsC大阪、なにかと注目してる。
あと当然、新体制となる清水の試合も。
さて!?
スポンサーリンク

【放談】どうなる?ヴィッセル神戸

こういうニュースも今はなんか・・・ねえ。
チームが上位争いをしているときなら、景気のいいニュースとなったんでしょうが・・・。
リージョ解任の原因はやっぱ楽天・三木谷会長の現場介入なのかねえ?
あくまで噂です。もしそれが事実でも、きっと公にはならないですよね・・・。
リージョ監督辞任の裏にあったもの……

 4月に2連敗した時点でリージョ監督が辞任。その背景には、三木谷浩史会長の現場介入の影響が囁かれている。

「三木谷氏は名将の呼び声高いリージョ監督にも、選手起用などの指示を出していたようです。辞任理由は『自己都合』とされていますが、実際にはプライドが傷つき、嫌気が差したと見られています」(前出・スポーツ紙記者)

 後任監督には昨年9月に解任された吉田孝行氏が復帰。

「吉田監督は『三木谷さんが先発まで指示してくる』と周囲にボヤいていた。それなのに臆面もなく出戻ったことで、三木谷氏や外国人選手に忖度せず、バラバラになったチームを再びまとめ上げられるか不安視されている」(同前)

 5月3日には元スペイン代表のダビド・シルバが、「神戸移籍に関心を示している」と米メディアで報じられた。「カネだけかけりゃいいってもんじゃない」というサポーターの嘆きも聞こえてきそうな現状。宝の持ち腐れに終わらぬことを願いたい。

出典:bunshun.jp

いっそのこと、リージョがこれからバルサ新監督就任するくらいのサプライズなら、神戸サポーターも仕方なかったと気持ちを切り替えることができるだろうが・・・まさかそれはないだろうな(笑)。
いくらなんでもそれはないでしょう(苦笑)。
・・・そしてチームは現在6連敗です。こちらは三浦淳寛氏のコメントです。

 J1神戸が12日の鹿島戦で2003年の延長Vゴール廃止後ではクラブワースト記録に並ぶ6連敗を喫したことを受け、試合後、サポーターがゴール裏に約1時間居残り、元日本代表MFの三浦淳寛スポーツダイレクター(SD)らが対応する一幕があった。

(中略)

 リージョ前監督について「なんで代えたのか」と問われると、三浦SDは「フアンマ(リージョ前監督)は代えていません。自分から(辞任)」と強調し、「いろんな事情がある。彼は(戦術を考えるため)寝ずにやっていたし、われわれもサポートした。ただ結果に結びつかなかった」と説明した。

(中略)

 三浦SDは、わずか4勝しか挙げられずにJ2に降格した05年シーズンと、一丸となって1年でJ1復帰をつかみ取った06年シーズンの両方を選手として経験している。この日の最後には「結果が出なくて本当にすみません」と頭を下げ、「僕はJ2で1年間戦い、仲間やサポーターと一緒に乗り越えた。今の苦しい時期をみんなと一緒に乗り越えたい。ヴィッセルを支えてほしい」と呼び掛けた。

出典:www.kobe-np.co.jp

いちJリーグファンとしては、久しぶりに日本にやってきた世界のスーパースターがある程度活躍してくれて、この傾向が続くことを願っていたけれど・・・。現実はなかなかうまくいかないね。
それもある意味、日本サッカーが成熟した証拠かもしれません。
金にモノをいわせ、札束で頬をひっぱたくように勝利するチームがあっても、それはそれで面白いと僕なんかは思うけどね。スーパースターをチョイ見せしながら、いやらしく勝ち点をひろっていく監督がいないものだろうか?いっそのことモウリーニョでも日本に連れてきたら?
てゆーか、三木谷とモウリーニョのケンカが見たいぞ(笑)。
こらこら・・・。

【追記(2019年5月15日)】※縁起物です!