【気楽に生きよう】人生は死ぬまでの暇つぶし

エトセトラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
もっと自分の好きなように生きようっと!
今までも好きなように生きているように思えますが・・・(苦笑)。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

【名言】人生は死ぬまでの暇つぶし

もっと自分の好きなように生きようっと!
今までも好きなように生きているように思えますが・・・(苦笑)。
いやいや。僕って、真面目にやっても不真面目に取られるタイプなんだよね。子どもの頃はそれでどれだけ傷ついたか・・・。
そうなんですか?
つい最近も奥さんや家族に気を使い過ぎて、帯状疱疹になったりしたし。人生も折り返しを過ぎ、今まで以上に好きに生きることにしたい。そう・・・「人生は死ぬまでの暇つぶし」なんだから。
そのフレーズ、よく聞きますよね。

人生は死ぬまでの暇つぶし
人生とは死ぬまでの暇つぶし
人生なんて死ぬまでの暇つぶし
どうせ、死ぬまでの暇つぶし
人生は壮大な暇つぶし

いい言葉だよね。心がふっと軽くなる。僕みたいにマジメにプレッシャーを感じて生きてきた人間ほど、心を落ち着かせてくれる。
はいはい(苦笑)。
ところで、この言葉って、誰が言い始めたのかしら?
誰でしょう? ちょっと調べてみましょうか。え~と(検索中)・・・。
スポンサーリンク

「人生は死ぬまでの暇つぶし」とは誰が言い始めた?

あ、思い出した。たしか、みうらじゅん、いや、所ジョージ? そのへんだったような・・・。
え~と(検索中)・・・そうですね。みうらじゅんさんが「マイブーム」を流行らせたときのコメントで、「人生は死ぬまでの暇つぶし」だからと仰ったような話がありますね。いや・・・?

↓マイブームは流行語にもなった

↓最近(2019年)のみうらじゅん氏の著作

いや?
いや、みうらじゅんさんより、こちらの方が先のようです。実相寺昭雄(じっそうじあきお)さん、映画監督ですかね。
え?それってウルトラマンとか特撮の監督さんじゃない?
そうですね。実相寺昭雄さんは、日本特撮界の巨匠にして、ポルノ映画界の怪物と呼ばれたそうです。主にウルトラシリーズを中心に、他と一線を画す独創的な特撮映像を作り出したことで有名でした。そして、その実相寺監督について、ひし美ゆり子さんのブログに次のような記載があります。

出典:dic.nicovideo.jp

実相寺さんは69才8ヶ月で鬼籍に入られた。丁度いまの私と同じ歳だ。早い!勿体無い!そういえば故人の古希の誕生日の偲ぶ会で耳にした彼の口癖は『人生は、死ぬ時までの暇つぶし』だそう。年齢が追いついてみるとなんだか分かるような気がスル(笑)

出典:blog.goo.ne.jp

↓1977年発売の本のタイトルにも「死ぬまでの《ヒマツブシ》」とある

↓2016年刊。樋口尚文が実相寺昭雄の生涯を追う

ほー。
まあでも、似たような意味の言葉は昔からあったのではないでしょうか。世界史に登場するような哲学者の時代から、似たような格言はあったようです。
そうだね。それを時折思い出したように有名人が使って、その時代の人たちにまた広まる感じ?
え~と(検索中)・・・がばいばあちゃんの言葉の中にもありました(笑)。また、松本大洋先生の「ピンポン」、藤沢とおる先生の「GTO」、古谷実先生の「ヒミズ」など、マンガでも登場しています。あ、ルパン三世にも。最近では、ひろゆきさんやホリエモンさんが使って注目されてたりもしています。
ひろゆきやホリエモンの記事でも見かけた気がする。まあ、昔からあった言葉なんだね。で、最近の日本だと、実相寺昭雄、みうらじゅんあたりから、広く広まった感じか。
ですね。
スポンサーリンク

「人生は死ぬまでの暇つぶし」と似たような言葉

たしか、明石家さんまの座右の銘に「生きてるだけで丸儲け」ってあったけど、あれもちょっと似た感じ?
娘さんの「IMALU(いまる)」さんの名前に由来になった言葉ですね。え~と(検索中)・・・さんまさんには、こういうエピソードがあったそうです。
【日航機墜落30年】難を逃れた芸能人たち さんまがIMALUに込めた思い

明石家さんま(60)も事故当日、人気バラエティー番組「オレたちひょうきん族」の収録後、123便で大阪入りするはずだった。ところが収録が早く終わり、1つ早い全日空便に変更して事故を免れた。 その夜、大阪で出演したレギュラー生ラジオ番組「MBSヤングタウン」では、「いつも使ってる便やから…」とショックありあり。この経験を機に、東京―大阪間の移動などは新幹線を利用するようになった。また「生きてるだけで丸儲け」という座右の銘も、こうした過去の経験などに由来。愛娘のタレントIMALU(25)の本名「いまる」は、この言葉を短縮しさんまが付けた名前だと、IMALU本人が明かしている。

出典:www.tokyo-sports.co.jp

ほー。そういうことだったんか、納得。
でも一歩間違えば・・・怖いですね。まさに生きてるだけで丸儲け?

↓笑福亭松之助はさんまの師匠です

あと、あれもあるよね・・・箕輪厚介「死ぬこと以外かすり傷」。
え~と(検索中)・・・幻冬舎の名物編集者、箕輪厚介さんの著作のタイトルになっている「死ぬこと以外かすり傷」ですね。
全くそうだよね。とにかく生きていればいい。相場の格言でも、とにかく生き残ることが大事だって言うからね。
最近、くまちゃんの投資熱がまた高まってきたようです(苦笑)。

ベストセラー連発!わずか一年で100万部突破!天才編集者の革命的仕事術。

スポンサーリンク

もっと自由に!

決めた! 残りの人生は好きに生きるぞ!
家族が生活するお金は?
そんなの今の時代、いろんな稼ぐ方法はあるよ。やっぱ投資だよね。仮想通貨とかFXとか。
なんか危ないなあ・・・。
投資でさくっと稼いで、昼間は子どもの教育に全力投球。夜は飲み歩いて人生勉強。週末ごとに全国に温泉をまわるぞ!
そんなの実現できたら、誰だってやりたいです・・・。
あ、飲みに行く前は、ちゃんとトレーニングして、サウナに行こうっと。ストレスフリーで健康な人生万歳!
あっ(察)、なんか仕事で嫌なことがあって、逃避しているのかもしれません。妄想もストレス解消だから、あたたかい目で見守ってあげましょう。じー(あたたかい目のつもり)。
なんだよ。急にニヤニヤ笑って気持ち悪い。こっち見るなよ。
もー!(赤面)。