大人のジャケ買い!「純情LIVE|曽我部恵一と真黒毛ぼっくす 【追悼】志村けんとその音楽芸」 2020年4月1週目 発売

大人のジャケ買い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
志村、うしろ!(涙)
つらいですね・・・。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索。
名前:猫(♀)
プロフィール:独身(バツイチ?)、映画や音楽に詳しい、お酒とカラオケが好き
特技:暴言
「大人のジャケ買い!」では、その週に、新発売または再発売(リイシュー)されるCDアルバムの中から、ジャケ買いのような軽い“大人の”衝動、または単なる“大人の”気まぐれで、注目の1枚を紹介するぞ!
今週の一枚は、こちら(涙目)。
スポンサーリンク

[NEW] 純情LIVE|曽我部恵一と真黒毛ぼっくす

2019年10月22日に行われた真黒毛ぼっくす34周年記念イベント<酔いどれ東京ダンスミュージック>。曽我部恵一がメインゲストとして出演した本公演が、ライブアルバム『純情LIVE』としてリリースされることが決定しました。両者でお互いの曲を演奏した当日のライブから楽曲を収録。曽我部/サニーデイの代表曲の数々も、ホーンや鍵盤などを擁する真黒毛ぼっくすの手により、なんとも贅沢なサウンドとアレンジで奏でられています。さらに、曽我部が愛してやまない大槻ヒロノリの歌心あふれるボーカル。彼らふたりの歌の絡みももちろん本作の聴きどころのひとつ。そして何と言っても、ソングライティングの名手二人による名曲の数々。真っ黒毛ぼっくすの長年愛されて来た代表曲「酔いどれ東京ダンスミュージック」のエモーショナルな歌と演奏は、このライブ盤の白眉。ここでしか味わうことのできない演奏と歌が堪能できる、ライブ盤としての醍醐味に溢れた作品です。 (C)RS

→Amazonで購入する

これよさげ。同世代の音楽として、共感すること間違いなし、たぶん。
2019年10月22日に行われた真黒毛ぼっくす34周年記念イベント<酔いどれ東京ダンスミュージック>のライブ盤です。メインゲストは、サニーデイ・サービスの曽我部恵一さんです。
でもきっと、曽我部恵一も、大槻泰永も、きっと志村けんが大好きに違いない。
志村のことが頭から離れないみたいだな(苦笑)。

真黒毛ぼっくす / 酔いどれ東京ダンスミュージック,歓びのダンス【2014.3.15@真昼の月 夜の太陽】

純情LIVE 曽我部恵一と真黒毛ぼっくす

スポンサーリンク

【3月29日放送】山下達郎サンデー・ソングブックでもヒゲダンス

山下達郎サンデー・ソングブックでも、達郎が志村けんが早く良くなるようにと、たかしまあきひこ&エレクトリック・シェーバーズ「ヒゲのテーマ」、テディ・ペンタグラス「Do Me」の2曲をオンエアしていた。志村とは昔、通っていた飲み屋が一緒だったんだって。交流あったみたいね。
3月29日の日曜日の時点では、志村けんさんはまだ闘病中と思われていました。

和モノJAPANESE DISCO FUNK ヒゲのテーマ・ヒゲダンス たかしまあきひこ&エレクトリック・シェーバーズ


Teddy Pendergrass – Do Me

僕ら世代は、志村けんの音楽芸を通して、知らぬうちに、そして自然に楽しく、ソウル・ミュージック、ブラック・ミュージックの本質を体感できていたのかもね。
そうだな。
悔やんでも悔やみきれない・・・なんで、コロナウィルスなんかが流行しちゃうんだよ!
追悼・志村けんツイートを集めてみたぞ。合掌。

スポンサーリンク

大人のジャケ買い! 2020年4月1週目 発売

今日はこのへんで(涙目)。
その他、今週発売のアルバムはこちらです。

漫画誕生 オリジナル・サウンドトラック 住友紀人

ウェイク・アップ・サンシャイン オール・タイム・ロウ

フューチャー・ノスタルジア(初回限定紙ジャケット仕様盤) デュア・リパ

フューチャー・ノスタルジア
ワーナーミュージック・ジャパン
¥2,178(2020/06/03 03:35時点)

ドランク(期間限定スペシャル・プライス盤) サンダーキャット

パシフィック・アディクション マンドゥー

ギガトン パール・ジャム

ラヴ・ゾンビーズ モノクローム・セット

オンリーワンになれなくても naco

ハロー、エイプリル saji

夢空間 きくちくん

夢空間
きくちくんナンチャラン
¥2,200(2020/06/03 21:03時点)

hope マカロニえんぴつ

Seiko Matsuda 40th Anniversary Bible~blooming pink~ 松田聖子

操 岡村靖幸

蓄音臺灣~日本統治時代の台湾音楽 1917-1943 オムニバス

ケルティック・ウィメン オムニバス