【桑田佳祐のやさしい夜遊び】原由子が語る、レオン・ラッセルが突然自宅に現れた日~そして、大物海外ミュージシャンによるサザンのカバー集『Mid-Summer Blossoms』について

サブカル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あの!レオン・ラッセルが深夜に桑田佳祐宅を訪れた話、噂には聞いていたが原由子本人からそのエピソードが語られるとは!
FM東京『桑田佳祐のやさしい夜遊び』で原由子さんが代行DJを務められた際、その話題が出たみたいですね。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

桑田佳祐とレオン・ラッセル

関連エントリー→ロック、ポップス、歌謡曲! サザン・桑田佳祐の音楽的ルーツを探る。

レオン・ラッセルが亡くなって、もう5年くらい?
レオン・ラッセルさんは、2016年11月13日(74歳没)にお亡くなりになっています。

出典:ja.wikipedia.org

そもそもレオンラッセルは桑田佳祐の音楽に影響を与えた海外ミュージシャンのひとり。特にあの歌唱スタイルは大きな影響を受けていると言っていいだろう。
なんとなくわかる気がします。
1980年代後半くらいだっけか? 渋谷陽一がホストの音楽番組がテレビであって、そこで桑田佳祐がレオン・ラッセルの代表曲「ア・ソング・フォー・ユー」を歌っていたのをみたことある。その他、ライブでもレオンの曲はよく歌っていたと思う。
それだけ敬愛するミュージシャンと会って、しかも自宅に呼んじゃうなんて、さすが桑田さんですね(笑)。
スポンサーリンク

【やさしい夜遊び】原由子が語る、レオン・ラッセルが突然自宅に現れた日

出典:rockinon.com

桑田本人も以前にサラッとこの話題にはふれていたけど、今回、原坊からより詳しく当時の状況を聞けて感動した。あらためてホントの出来事だったんだなって(笑)。
いやいや、桑田さん、嘘はつかないでしょ(苦笑)。
1990年代にレオン・ラッセルが日本に来日した時らしいから、たぶん僕も観に行った九段会館でライブやった時じゃないかしら?

関連エントリー→追憶のレオン・ラッセル①~超有名な代表曲、スワンプ・ロック、九段会館での出会い

その可能性は高いかと思われます。

関連エントリー→追憶のレオン・ラッセル②~アーリーデイズ、カントリー、AOR、一番好きなこの2曲

1990年代の某日、都内某所、桑田佳祐と関係者がレオン・ラッセルと会食した。原坊はもしやと思い、桑田が自宅を出る際にレオン・ラッセルをまさか自宅に連れてくることはないよねと事前に確認し、桑田はそんなことは絶対ないと言って出かけたらしい(笑)。
なんか絶対連れてくるパターンですよね(笑)。
案の定、その日の夜、原坊が子どもたちを寝かしつけようとしていた時、あと〇〇分で家にレオン・ラッセルを連れていくからという電話がかかってきたらしい。
やっぱり(笑)。
原坊は慌てて、化粧したり部屋を整理したりしていると、気づいたら玄関先にすでに本人が立っていたという。そして、その風貌をみた子どもたちはサンタクロースがやってきたと思ったらしい。
レオン・ラッセルさんは長髪でひげもはやしていますからね。夜に突然現れたら、子どもはきっとサンタさんだと思いますよ(笑)。
ま、無事に歓迎することができて、自宅のスタジオでみんなでセッションしたらしい。その内容も聴いてみたいよね。いつか世にでないかなあ…。
お酒も入っているし、盛り上がったんでしょうねえ。
で、原坊の「やさしい夜遊び」では、その後、レオン・ラッセルが歌う桑田佳祐「いつか何処かで」がオンエアされた。僕もすっかり忘れていたけど、同じく90年代にサザンや桑田佳祐の曲を海外ミュージシャンがカバーした企画モノが発売されていたんだよね。所有しているかどうかすら忘れてるけど、僕も持っていたんじゃないかな?
また実家に眠っているパターンですか(苦笑)。

スポンサーリンク

【カバー集】『Mid-Summer Blossoms』には、レオン・ラッセルやドクター・ジョンなど錚々たる大物ミュージシャンが参加していた!!!

Amazonで購入

ちょっと調べたら、1990年代に3枚出ているらしい。
え~と(検索中)、でも今は…ちょっと入手困難っぽいですねえ。

出典:jp.mercari.com

昔は中古CDとか、レンタル落ちなんかでよく見た気がする。僕も実家を探してみよう。
2000年代に3枚をまとめた3枚組のCDも発売されていますね。収録曲はこちらです。

[CD1]
1.Mid-Summer Blossoms(真夏の果実) / フィリップ・ベイリー
2.Memories Of Her(Ya Ya あの時代を忘れない) / ビル・チャップリン
3.Just A Little Bit/ マイケル・センベロ
4.September Winds(Never Fall In Love Again) / レニー・ウィリアムス
5.Lovers On The Shore(海) / レニー・ウィリアムス
6.Sha La La(シャ・ラ・ラ) / ビル・チャップリン&カトリーナ・パーキンス
7.No More Sayonara(さよならベイビー) / レニー・ウィリアムス
8.Oh,Claudia(Oh!クラウディア) / マイケル・センベロ
9.Ellie My Love(いとしのエリー) / ビル・チャップリン
10.Merodies(メロディ) / フィリップ・ベイリー

[CD2]
1.I Feel The Echo(いつか何処かで) / レオン・ラッセル
2.There’s A Magic In Your(みんなのうた) / エドガー・ウィンター
3.In This Game(My Foreplay Music) / ボビー・キンボール
4.Can’t Get This Woman Off My Mind(逢いたさ見たさ病める MY MIND) / ドクター・ジョン
5.Blue Avanue(涙のアベニュー) / タジ・マハール
6.Until It’s Gone(ミス・ブランニュー・デイ) / レオン・ラッセル
7.Just A Man In Love(悲しい気持ち) / エドガー・ウィンター
8.Picture In My Heart(栞のテーマ) / ボビー・キンボール
9.Skip It / ドクター・ジョン
10.You / タジ・マハール

[CD3]
1.ONE DAY / クリストファー・クロス
2.Merry X’mas In Summer / ロビー・ネヴィル
3.One Big Wave(忘れられたBig Wave) / ティモシー・B・シュミット
4.Makes Me Want You More(逢いたくなった時に) / ゲリー・パケット
5.Bringin You Near(Dear John) / ロビー・ネヴィル
6.Greet The Dawn(愛する女性とのすれ違い) / ゲリー・パケット
7.Can’t Put The Fire Out In Me(涙のキッス) / ティモシー・B・シュミット
8.If I Ever Hear You Knocking On My Door / ロビー・ネヴィル
9.Must Be Something There(慕情) / ゲイリー・パケット
10.Christmas Time Forever / クリストファー・クロス

出典:tower.jp

やっぱこれ欲しいな。実家探してなかったら、中古で探すしかないか。
ちなみに、赤字の2曲が、今回ラジオでオンエアされた曲です。
メルカリかヤフオクで探してみよう。
ラジオで原由子さんが紹介したばかりですから、しばらく品薄でしょう。しかし、これだけの大物ミュージシャンが参加し、しかも人気のサザン関連CDですから、近いうちにまた再発される可能性も高いかと思われます。
だよねー。小野ちゃん(※)、再発よろしく!

※小野ちゃんとは、『桑田佳祐のやさしい夜遊び』にも出演されている、ビクターエンタテインメントの小野朗さん(サザンオールスターズ担当)です。

フィリップ・ベイリー/レオン・ラッセル/ビル・チャンプリン/クリストファー・クロス/タジ・マハール/ドクター・ジョン/ティモシー・B・シュミットをはじめ、豪華海外アーティストが桑田佳祐の名曲をカヴァーしたトリビュートアルバム。桑田佳祐のソングライターとしての魅力、そしてカヴァーすることによる新たな魅力等、聴きどころ満載!

All of Mid-Summer Blossoms
ソニーミュージックエンタテインメント
¥4,589(2021/11/25 11:36時点)