【NYダウ日記(2022年3月7日-11日)】先週から一段下げ32000ドルを挟んだレンジ、変わらずウクライナ情勢を睨む相場。そして来週はFOMCとメジャーSQ【ゆるゆる投機的行動194】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2022年3月7日-11日のトレード日記だよ。先週が33000ドルを挟んだレンジなら、今週は一段下がって32000ドルを挟んだレンジだったな。
さらに下落したということですね。ウクライナ情勢はいまだ混沌としています。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに、一年ほどIG証券ノックアウト・オプションをメインでトレードしていた。しかし、無駄な損切りが増えていたので、メイントレード口座を一般的な指数CFD取引口座に変更する。これからは指数CFD取引口座で低ロットのデイトレードからスウィングトレードをやりつつ、チャンスのとき、ボラティリティが大きいときのギャンブルトレードにIG証券ノックアウト・オプションを使いたいと思う。とにかく損失を減らすことが目的。
まあ、それぞれの口座の特長を活かして、上手に使い分けることができたらいいですね。

↓先週末(2022年2月28日-3月4日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2022年3月7日-11日)の予定。

↓今週の予想

スポンサーリンク

【3/7(月)】週明けからウクライナ懸念、ダウ3日続落(変動幅約850ドル)【損益:???pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

2/24(木)、ロシアがウクライナ侵攻を開始した日の底値近くでショートし含み損状態のポジションがもう間もなくプラ転するかもしれない。しないかもしれない。
週末金曜日と週明け月曜日と続けてマイナスです。まだ下がる可能性は高いかと思われますが、世界にとって良い事ではありません…。

スポンサーリンク

【3/8(火)】ダウ、荒い値動きの中続落(変動幅約1070ドル)【損益:???pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

引き続き、含み損ショートを少しもったまま、上がったら売るを繰り返してちょっとずつ利益を確保している。しかし、この日は欧州時間と米時間開始後にわりと上昇する局面があったな。結局下がったけど。
ダウは荒い値動きの中続落です。

スポンサーリンク

【3/9(水)】翌日のロ・ウ外相会談とECB理事会への期待、また世界規模の原油増産への期待からダウ5日ぶり反発(変動幅約910ドル)【損益:???pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

終日上げちゃうとか…(泣)。再び含み損拡大中。さっさと清算して目線変えた方がお利口さんだったか??? でもまだ戦争は終わらないし、その後の問題も続くと思うんだよね…。
翌日のロシア・ウクライナ外相会談とECB理事会への期待、また世界規模の原油増産への期待からダウ5日ぶり反発でした。

スポンサーリンク

【3/10(木)】今週一番の注目、ECB政策発表(→タカ)とCPI(→予想通り40年ぶりの伸び)を通過して…(変動幅約490ドル)【損益:???pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

日本・欧州時間とちゃんと下がり、注目のCPIも予想通りの結果で通過。米時間もこのまま下がるかと思いきや、ほぼ戻してるやんけ!(憤)
2月のCPIは前年同月比7.9%と高い結果でしたが株式市場への影響は限定的でした。ボラティリティーは高くても方向感のない1日だったと言えるでしょう。市場参加者の関心は来週のFOMCに移行しているとの声もあります。

スポンサーリンク

【3/11(金)】プーチン発言で突然の急騰も結局下落して週を終える(変動幅約790ドル)【損益:???pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

結局、一週間もショートの含み損を抱えたままだった。最後に下げてくれたけど、プーチン発言で急騰した時はかなり焦ったぞ。
プーチン大統領「ウクライナと話し合う予定あり」との報道で日本時間20時頃、株価やユーロ、暗号資産などが急騰しました。しかしその後ほぼ全戻し、またはさらに下落となりました。

※日本のメジャーSQ(アメリカは来週)

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】先週から一段下げて32000ドルを挟んだレンジ、変わらずウクライナ情勢を睨む相場(変動幅約1360ドル)【2022年3月7日-11日】

2022年2月28日-3月11日の二週間(15分足チャート)

TradingView

先週金曜・今週月曜と下げて始まった一週間。水曜日に反発して注目の木曜日、ECB政策発表はタカ派&米CPI(消費者物価指数)は予想通りの高水準で通過したものの、結局金曜日は下げて終わった。ま、その金曜の20時頃にプーチン発言ヘッドラインで一旦急騰する場面はあったけどね。
俯瞰してみると、先週が33000ドルを挟んだレンジなら、今週は一段下がって32000ドルを挟んだレンジだったと言えます。
個人的には、ウクライナ侵攻で下落したときのショートで含み損を抱えたまま、またもや週持ち越し。含み損を抱えつつ、一部回転させて多少の利益は出してるけどね。まだ下目線は間違いないと思うので来週こそ逃げられるといいのだが…。
今週の損益は毎日「???pips」になっています(苦笑)。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】引き続きヘッドライン相場のなか、FOMCとメジャーSQも注目【2022年3月14日-18日】

2021年1月~(日足チャート)

TradingView

金曜日が上髭陰線で終わっている。まだまだ弱い。引き続きヘッドライン相場で下目線でいいと思うのだが…。
来週は16日(水)のFOMCと18日(金)のメジャーSQも注目です。
シーズナルパターンだと、来週まで下げてそこから上昇してもおかしくない。来週・再来週のどこかで底を打つ可能性もあると思う。
ただいまだ先が読めないウクライナ情勢、ロシア・プーチン大統領に、引き続き振り回されそうです。
ところで…来週からはサマータイム。日本人の僕らはこれまでより1時間早く寝れる。嬉しい。
来週から米国は夏時間になりますねー。

※SQは「アメリカ:第3金曜日、日本:第2金曜日」、メジャーは「3・6・9・12月」

最後に…投資判断に迷ったら、ELE(@day_select)氏を参考にしている。
投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート | GogoJungle」ですか。ほー。ふむふむ。

 | GogoJungle

関連エントリー→【ゴゴジャン】えれ氏の投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」を購入、これで爆益間違いなし!?【ゆるゆる投機的行動79】

毎日ツイートを参考させていただいている、鎌田傳さんが本を出したな。これ役に立ちそう。
評判いいみたいですよ!