「【白川沿い】小さい子も安心して遊べる小島公園(西区小島6丁目)、白川上空を飛ぶグライダー、歴史を感じる周辺探訪も楽しい」くまとR子の子育て日記(580日目)

子育て日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
熊本市西区小島の「小島公園」、ただの子どもを遊ばせる公園だけのじゃなくて、いろいろと見どころの多い公園だった。
そうなの?
☆☆☆☆☆
2022年、くま(52歳)とR子(46歳)の子育て日記です。
第一子むーちゃん(♀)は8歳、そして、第二子たろー(♂)は5歳になります。
高齢出産、高齢子育て・・・日本はそういう時代です(たぶん)。
☆☆☆☆☆
熊本港にも近い、熊本市西区小島の「小島公園」です。ただの小さい子が遊ぶ公園だと思っていたのですが、それだけではありませんでした。白川沿いの「白川滑空場(日本学生航空連盟白川滑空場)」にも隣接していて、グライダーが飛ぶのを見学できます。また周辺には歴史を感じるスポットが点在していました。機会があれば、ぜひ散策してみてください。
☆☆☆☆☆
スポンサーリンク

【小さい子も安心】小島公園(小島公園運動施設)で遊ぶ

数年前、むーちゃんがまだ、たろーくらいの時に遊びに来たことある。今回久しぶり。
私は行ったことなーい。
サッカーができるこうえんだったら、どこでもいいよー。
たろーは、ゆうぐがあるこうえんがいい!

小島公園には駐車場が2か所あります。熊本市中心部から、熊本港へと続くアクアドーム沿いの道(51号線)を右折して公園近くまできた場合、小島橋を渡って白川沿いの道を左折せずに数メートル先の路地から左折して公園に入っていくと小島地域コミュニティセンター側の駐車場、一方、白川に架かる小島橋を渡ってすぐ左折、白川沿いの道をしばらく走ると遊具に近い方の駐車場、です。

こちらは小島地域コミュニティセンター側の駐車場へ入る道です。「ラ・バンバ」という素敵な店名の酒場がありました。

小島地域コミュニティセンター側の駐車場の方が止まっているクルマが少ないです。

小島橋を渡ってすぐ左折した白川沿いの道です。左手が「白川滑空場(日本学生航空連盟白川滑空場)」。右手が「小島公園」です。

こちらが遊具に近い方の駐車場です。

どちらかいえば小さい子向けの遊具が多いです。かつては古いコンビネーション遊具(塚原古墳公園の遊具に似たやつ)でしたが、最近新しいコンビネーション遊具が設置されたようです。

比較的新しいコンビネーション遊具です。でも、どちらかいえば未就学児向けですね。小学生には物足りないと思います。

白川滑空場が近いからか、飛行機をモチーフにした遊具もあります。

江津湖の「ゾウさんプール」にある滑り台に似てますが、ちょっと違います。

8歳娘と5歳息子です。

ケンカもしますが、基本仲良しです。お姉ちゃんにはちょっと物足りない公園なので周辺を散策してみましょう。

スポンサーリンク

【グライダー】白川滑空場(日本学生航空連盟白川滑空場)で飛行訓練を見学する

公園の土手を上ると、白川沿いに白川滑空場(日本学生航空連盟白川滑空場)がある。ちょうどこの日もグライダーが飛んでいて、しばらく見てたよ。
子どもたちも珍しそうに見てるね。
わりとおもしろかったー!
ヒコーキがとんでたー!

日本学生航空連盟は大学・高校の航空部・グライダー部が加盟する全国組織です。関東・中部・関西・九州の各地区に飛行練習の拠点となる訓練所(グライダー滑空場)を設け各校の活動を支援するとともに、競技会の開催、航空スポーツの普及啓蒙活動を行っています。

出典:www.jsal.or.jp

スポンサーリンク

【歴史を感じる】小島公園周辺(西区小島6丁目)を探訪する

そしてさらに、公園の外に煙突が見えたので、ちょっと周辺を探訪してみた。わりとレトロな建物があって興味深い。
へー。
おじぞうさまにちゃんとおじぎしたぞ。

※お地蔵さんを見かけたらお辞儀をするように教えています。

なになにー?

ちょうど野球場の裏手あたりです。

こちら「白川の石刎 ( いしばね ) 」だそうです。加藤清正公の治水工事関連のようです。同じく加藤清正公が作ったという、菊陽町の「馬場楠井手の鼻ぐり(ばばぐすいでのはなぐり)」みたいなものでしょうか。

公園の外に出てみました。公園から見えた煙突は、こちら「金守製油所」の煙突でした。

すぐ近くには由緒ありそうな、古い「えびす像」がありました。

さらに、お地蔵様が三体並んでいました。

真ん中の一体は、こちらも鯛を抱えたえびす様のように見えます。

実は、こちらを探していました。「醤油の大楠」です。小島地区を見守ってきた由緒ある大楠だそうです。

なぜ「醤油の大楠」か? それは、こちら「浜田醤油」さんの敷地内にあるから。

8歳娘はドリブルしながらの、小島公園周辺(西区小島6丁目)探訪でした。