【熊本ぼちぼち新聞】自民圧勝・立民没落? 7/10(日)参院選まであと一か月、躍進するのは維新?国民?れいわ?それとも参政党?【2022年6月4日(土)~10日(金)|第22号】

熊本ぼちぼち新聞(全国版)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
7/10(日)参院選まであと一か月。内閣不信任案否決で立憲民主党・共産党の印象はさらに悪くなったし、ま、自民圧勝だろうな。
自民・立民の趨勢は決まったとして、その次の波となるのはどの政党でしょうか?やっぱり維新?
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
熊本ぼちぼち新聞では、僕ら目線でゆるーくぼちぼちと一週間を振り返っていく。 

※最近はオンラインで読めるので、全国から気軽に熊本日日新聞が購読できます。→熊本県外プラン:月額3,400円(税込)

今週は【2022年6月4日(土)~10日(金)】です。
スポンサーリンク

【2022年6月4日(土)】林真理子、日大次期理事長に決定

出典:読売新聞オンライン

めっちゃやる気ありそうなので応援したい!
「古くて非常にマッチョな体質を改革したい」「愛校心は誰にも負けない。大きな改革をしなくちゃいけない」「日大(出身)と言うと薄ら笑いを浮かべられ、屈辱的な気持ちになった。もう後輩につらい思いをさせたくない、というのは大きな動機」「私の明るさが、この大学を変えていくと自負している。来年からは胸を張って『日大生だよ』『話題の大学じゃん、すごいじゃん』となるのが私の理想です」とコメントされています。

【70年】鶴屋百貨店、増改築の歩み

出典:熊本日日新聞

これ、僕も知りたかった情報。ふむふむ。
通町筋の正面入り口は、1952年開業時から変わっていないんですね。へー。

スポンサーリンク

【2022年6月5日(日)】世界最高齢83歳で太平洋横断

出典:読売新聞オンライン

堀江謙一さんも辛坊治郎さんも、凄いよなあ。ちなみに、堀江さんが最初に挑戦したのって、僕らが生まれるずっと前だぞ。
堀江謙一さんの体験記「太平洋ひとりぼっち」は当時話題となり、石原裕次郎さん主演で映画化され話題となりました。今、Amazonプライムビデオで見れますよ!

1962年、19フィートの〈マーメイド〉で日本人初の単独太平洋横断航海に成功した堀江謙一氏が著した体験記。一人の青年が夢をかたちにするまでの航跡は、ヨットによる海外渡航が認められなかった時代における「挑戦」の記でもある。

【秋篠宮】インタビュー録「二人はそれでも結婚しますよ」

出典:熊本日日新聞

問題の本、熊日一面下に広告出てるぞ。
天皇陛下も心よく思われていないという記事もありましたが…。

激動の5年間、秋篠宮邸に合計37回通ったジャーナリストによる唯一無二のインタビュー録。

スポンサーリンク

【2022年6月6日(月)】麻婆豆腐の素の日

出典:読売新聞オンライン

6月6日は「麻婆豆腐の素の日」になんだって。僕は丸美屋の「麻婆豆腐」、週に1回は自分で作って食べてるぞ。いろいろアレンジして。
「麻婆豆腐の日」ではなく「麻婆豆腐の素の日」なんですね(苦笑)。

【協議中】江津湖花火、する?せん?

出典:熊本日日新聞

これ気になってた…。いや、やろうよ。するとよかたい。
まだ決めかねているようですね…いずれか、7月にはわかりそうですね。

スポンサーリンク

【2022年6月7日(火)】スポーツ賭博、解禁案

出典:読売新聞オンライン

「スポーツ賭博」と言っちゃうと抵抗あるかもしれんが、「スポーツ・ベッティング」が日本でも普通にできたら、絶対スポーツ観戦がもっと楽しくなるのになあ。
先進7か国(G7)の中で、スポーツ賭博が導入されていないのは日本だけだそうです。

出典:読売新聞オンライン

【カタールW杯プレーオフ】ウクライナ、W杯出場逃す…

出典:読売新聞オンライン

よく戦った。結果は仕方ない。ウェールズの何十年ぶりの出場を祝福したい。
FWギャレス・ベイル主将のウェールズは、64年ぶりのW杯出場となります。

【親善試合】超満員の国立競技場で、日本vsブラジル戦

超満員の国立競技場に感動した! しかし、本番のブラジルはもっと強いんだろうなあ。
まず開始直後、ヒールパスから失点しそうになったシーン、ヒヤヒヤでした。

スポンサーリンク

【2022年6月8日(水)】スポーツ賭博はダメ!

出典:読売新聞オンライン

「スポーツ・ベッティング」、すぐさま否定される。つまらん。
やはり日本では抵抗あると思いますよ。

一面にもチラッとカラーで掲載されているが、僕も久しぶりにボクシングみたぞ。
昨夜は盛り上がりました。井上尚弥選手、凄すぎです。

【中止決定】江津湖花火、中止

出典:熊本日日新聞

中止決めるの早っ。無難な選択しやがって、これもつまらん!
これで3年連続中止となりました。

スポンサーリンク

【2022年6月9日(木)】ゴミからアルミ缶持ち去り問題

出典:読売新聞オンライン

世界情勢の影響から地域のホームレスの問題まで内包する、興味深い問題だな。自治体のグレー対応も致し方なしか。
缶で1キロ170円、1年で2倍になったそうです。

【内密出産】大西一史熊本市長、野田聖子子ども政策担当相に説明

出典:熊本日日新聞

大西市長、江津湖花火を中止決定した後、東京に飛びやがって…と思っていたら、こんな大事な仕事をされていたのね(笑)。頑張って!
SNSでも発信されていましたね。

坂本哲志氏、表情に覇気がないが大丈夫か…??
いやいや(苦笑)。

スポンサーリンク

【2022年6月10日(金)】内閣不信任案否決

出典:読売新聞オンライン、熊本日日新聞

内閣不信任案否決に際し、読売「立民、際立った孤立感」、熊日「野党見せ場もまとまれず」と、新聞によって視点が異なるのが面白い。
いずれにせよ、立憲民主党にとってマイナスイメージが膨らむだけの結果となったと言えそうです…。

【空の神兵】菊池飛行場に旧陸軍落下傘部隊が一時駐留

出典:熊本日日新聞

「熊本市内で上映されていた映画『空の神兵』、劇場の舞台の上で一人一人紹介され、観客から喝采を浴びたという」だって。なんかこう、歴史の生のワンシーンが垣間見える、こういう記事好き。
太平洋戦争中、インドネシアのパレンバンの石油地帯を制圧し、「空の神兵」と呼ばれた落下傘部隊が帰国後、菊池市泗水町にあった菊池(花房)飛行場に一時駐留していたという、記事でした。

これは「空の神兵」と呼ばれた若者たちが、落下傘で奇襲攻撃し、見事勝利を収めた貴重な記録である。ハート出版 (2021/3/6)

戦後70余年を経て、鮮やかに蘇る日本アニメーション映画史上屈指の傑作2作品 4Kスキャンによるデジタル修復版

スポンサーリンク

【熊本ぼちぼち新聞】自民圧勝・立民没落? 7/10(日)参院選まであと一か月、躍進するのは維新?国民?れいわ?それとも参政党?【2022年6月11日(土)~17日(金)】

出典:www.nikkei.com

3年に1度の参院選が近づいています。6月22日に始まり、7月10日に投開票する日程になりそうです。岸田文雄首相の政権運営に対して、事実上初めて民意が問われる国政選挙になります。

出典:kahoku.news

参院選は7/10(日)投票。まあ、ぶっちゃけ自民圧勝で立民が沈んでいくのは間違いないだろう。興味はその次の勢力。やっぱ維新か?
吉村洋文大阪府知事も人気ですからね。

ただ維新はちょっと最近、胡散くさい空気も感じるんだよなあ…。
上海電力の件ですね。

こーいうのが本当なら、みんな応援したくないよね。日本が外国に乗っ取られるのイヤだもん。それに日本の、とくに地方の美しい景観を壊すソーラーには大反対!
太陽光発電は良し悪しですよね。上海電力の件は、実際のところはどうなんでしょうか?

僕的には、日ごろ、国民民主党の玉木雄一郎代表の発言が一番まともな気がするので応援してる。
ほー。

山本太郎のれいわも、水道橋博士は面白そうだがちょっと弱い気がする。そこで今回、一番気になっているのが、保守政党として今後躍進しそうな勢いを感じる、神谷宗幣の参政党。自民を補完する保守として、かなり注目? ま、今の段階では、NHKより参政党ってとこかな?
参院選・熊本選挙区に、参政党から高井ちとせさんが立候補されることが決まています。

熊本選挙区は、どうせ自民党現職・松村祥史氏(58)に決まるだろうから、僕は高井ちとせに投票しようかな?「ゆる〜く、楽し〜く、まじめ〜に活動」ってまるで僕らみたいじゃん(笑)。
そんな安直な…(苦笑)。
ところで…参院選とは関係ないが、明石市長が素晴らしすぎる!国のこうあるべき!
この記事の内容、まさにその通りですよね!これからの日本を担うのはやはり日本の子どもたちです。