【NYダウ日記(2022年6月6日-10日)】CPI好結果で大幅下落、来週FOMCで売り加速?【ゆるゆる投機的行動208】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2022年6月6日-10日トレード日記だよ。大方の予想通り、CPI好結果で下げてきたな…。
この流れは、来週の15日(水)FOMCで加速するのでしょうか…。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに、トレードは、IG証券ノックアウト・オプションと指数CFD取引口座を使いわけている。基本デイトレードだけど、ノックアウト・オプションはより短い時間でのトレードって感じ?
まあ、それぞれの口座の特長を活かして、上手に使い分けることができたらいいですね。

↓先週末(2022年5月30日-6月3日、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2022年6月6日-10日)の予定。

↓今週の予想

スポンサーリンク

【6/6(月)】終日でみると米国株は小幅高(変動幅約420ドル)【損益:210pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

特に指標等イベントはなし、FOMCまでブラックアウトなのでFRB要人発言もなし、金曜日の流れを踏襲すると予想。しかし、朝から下目線でトレードするも、日本・欧州時間そして米時間開始から1時間くらいまで指数はずっと上昇するから焦った…。やっと23時すぎから下落してくれたので、1日の目標利益を確保。でも、なんで日中は上がっていたのだろう? それに日経強いし。
米時間に下落しましたが、終日でみると米国株は小幅高でした。ただ注目は132円と円安が再加速するドル円です。約20年ぶりの円安記録を更新しました。

スポンサーリンク

【6/7(火)】金利低下で、3指数揃って上昇(変動幅約590ドル)【損益:マイナス420pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

月曜日と逆パターン、日本・欧州時間にジリ下げ、米時間に急上昇。米時間までは順調にショートで利益を積み上げていたのだが、一気にマイナスとなって損切りした。負けは痛いが、損切りしなかったら、恐ろしいことになっていた。今週もまた1歩進んで2歩下がるだな、はあ(溜息)。
損失を限定できたことは良しとしましょう。週末のCPIまで特に材料はありませんが、金利が少し低下したことで買い戻されたようです。

スポンサーリンク

【6/8(水)】インフレ懸念が強まり、ダウ3日ぶり反落(変動幅約360ドル)【損益:380pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

続伸しないかヒヤヒヤしながら、引き続き下目線。日本時間の終わりくらい?欧州の始まりくらい? また10年債の金利が3%超えてきたから、そのまま下目線でいいだろうと判断してトレードした。朝から頑張ったので、なんとか前日の損失を8割程度補填できた。
あらためてインフレ懸念が強まり、ダウ3日ぶり反落です。

マジかよ?

ふむふむ。金曜日に向けて要注意だな。

スポンサーリンク

【6/9(木)】ECBのタカ派スタンスを確認&金曜日のCPIが予想より高くなるとの見方から、米市場は大幅下落(変動幅約855ドル)【損益:150pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

引き続き10年債金利が3%超えていたから、上はないだろうと思っていたが欧州時間はそれなりに上昇した。朝からプラスを積み重ねていたものの、欧州時間のこの上昇でマイナスが少し膨らんだので、一旦目線を上に変更しドテンロングしたらその後は上がらずにさらにマイナスが膨らんだ。迷いながらも、また目線を下に修正してドテンショート、これがやっと成功してなんとか利益を確保できた。ポジションを持った回数がいつもの倍くらいで疲れた。ふう(溜息)。
ECBのタカ派スタンスを確認、また、金曜日注目CPIが予想より高くなるとの見方から、米市場は大幅下落となりました。CPIが予想より良ければ金融引き締めが強化される懸念から株価が下がり、反対に結果が悪ければ株価上昇となるのでしょうか?

スポンサーリンク

【6/10(金)】CPI(消費者物価指数)好結果、予想通りの下落(変動幅約970ドル)【損益:120pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

大方の予想通り、CPI好結果で下落。慎重にトレードし、一日の目標額には届かなかったものの、ある程度のところで利確して米時間はただ眺めていた。万が一、イベントリスクが終わって逆に買いがこないかを一応警戒した。
買いはきませんでした。CPIを受け(インフレ高進)、積極利上げ観測が高まり大幅続落です。下落したまま週末を迎えることになりました。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】CPIで木金、2000ドル幅に近づく急落(変動幅約1866ドル)【2022年6月6日-10日】

2022年6月6日-10日の一週間(15分足チャート)

TradingView

あらためて、木曜日と金曜日で大きく下落したチャート。ダウは2日で2000ドル幅に迫る下落。逆イールドも発生しそうになっているしヤバいな…。
今週は円売りも止まりませんでした…。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】水曜日のFOMCで下落の流れは加速するか?【2022年6月13日-17日】

2021年1月~(日足チャート)

TradingView

次の目標は5月安値の31000ドル付近、到達すれば5月末の反発局面は帳消しになったとみて間違いなかろう。ショートラリーくらいはくる? でもやはり、当面は下目線継続だな。
次の注目は来週15日(水)FOMC最終日です。下落の流れは加速するのでしょうか? 17日(金)はメジャーSQです。

最後に…投資判断に迷ったら、ELE(@eleconomics)氏を参考にしている。
投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート | GogoJungle」ですか。ほー。ふむふむ。

 | GogoJungle

関連エントリー→【ゴゴジャン】えれ氏の投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」を購入、これで爆益間違いなし!?【ゆるゆる投機的行動79】

そして、井口さんの本が出るらしい。鎌田さんの本、トイプーの本と一緒に要チェック!
2022年6月24日(土)発売のようです。

●井口 喜雄:トトレイダーズ証券 取締役(CSO)現役為替ディーラー。認定テクニカルアナリスト。1998年より為替ディーラーとして活躍し、ドル円やユーロドルなどのメジャー通貨を主戦場に20年以上ディーリング業務を行う。ファンダメンタルズ分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評があり、短期からスイングまで鋭い視点でマーケットを展望する。日経CNBCやロイター、雑誌等へのメディア出演多数。