記憶あってる?トーテムポールに大きな水車が回る、今は無き山小屋レストラン(熊本・下通り一丁目)

その昔、熊本・下通りに山小屋というレストランがあってな・・・
山小屋ですか?
ボクの記憶だと・・・下通りから曲がってすぐ、熊本市役所の近くだったっけ?
ということは・・・下通一丁目あたりですか?

☆☆☆自己紹介ここから☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

☆☆☆自己紹介ここまで☆☆☆

2013年に移転先(熊本市中央区坪井町)でひっそりと幕を閉じる・・・

出典:tabelog.com

あの、熊本の伝説の洋食レストランが、坪井でまだ営業しているという、とある記事を見て訪ねたところ、すでに廃業していたのが2013年のことだった
熊本の伝説の洋食レストランですか?
そう・・・それは山小屋レストランだよ
山小屋・・・ですか?
1950年代にオープンし、お店は形態と場所を変えながら、2013年まで存続していたという
1950年代から・・・ずいぶんと歴史を刻んだんですね

昭和の熊本、中庭に大きな水車のある洋風レストラン

※画像はイメージです、山小屋レストランと全く関係ありませんw

出典:cs.wikipedia.org

出典:www.mininghistoryassociation.org

もうどこ探しても、写真が残ってないんだよ・・・この写真の森林を南国風のジャングルにして、トーテムポールを立てたら、山小屋の中庭の結構イメージに近いかな?
わざわざ似ている構図の写真を探したんですね(笑
店頭から随所に配置された南国風のトーテムポール、薄暗い雰囲気の店内、中庭は熱帯雨林風になっていて、大きな水車と滝があったっけ・・・
水車とトーテムポールが目印なんですね
僕の中では、この山小屋レストランのイメージと、テレビ番組「兼高かおる世界の旅」のイメージがなんとなく重なっているんだよね(笑
僕にはピンときませんが・・・(笑
昭和の日本人って、ハワイや南国情緒への憧れってあったんだよね
「兼高かおる世界の旅」・・・え~と(検索中)
いやいや・・・別に今、調べなくていいから(笑

ここで初めてのグラタンを食べた・・・ような気がする!

山小屋レストラン・・・下通り一丁目にあった、昭和の熊本を代表する本格派の洋風レストランだよ
僕も洋食大好きです!
ボクは、ここで初めてのグラタンを食べた・・・ような気がする!
へー
家庭の食卓にもグラタンがよく出てくるようになる、少し前だったと思うよ・・・
今ではコンビニでもすぐにグラタン食べれますけどね
コンビニのグラタンも美味しいのあるもんね・・・でも、当時は感動したねえ
水車やトーテムポールを眺めながら、小さなくまちゃんが一生懸命グラタンを食べていたんですね、なんかかわいいなあ(笑
だろ?
なんか洋食が食べたくなってきました(笑
スープも絶品だったなあ
え~と(検索中)・・・食べログなどネット上に残っている、閉店前の話題を見ると、きのこスープが人気ですか?
そうだったかもね、ボクはスープそのものの味が・・・幼い頃の刷り込みで、山小屋のポタージュスープの味が・・・そのスープが美味しいかどうかの基準になっているかもしれない
小さい頃の味覚は一生引きずりますよね

懐かしい!実家を整理していたら、山小屋オリジナル手帖が出てきた・・・!!


実家を探してみたら・・・出てきたよ!
これは販促品ですか?
そう!山小屋レストランのレジで配られていた手帖だと思う・・・でも、これはおそらく、1980年代後半にビルの五階にあった頃のものだから、ボクらが一番親しんだ、あの水車の中庭があった山小屋ではないけどね・・・それでも、この手帖の時代ですら、もう30年近く前だもんね
リーフレットに、「31年のご愛顧」と書いてありますよね
いやあ・・・よく残っていたなあ、懐かしい!
この時すでに、下通りと坪井にそれぞれ店舗があったようですね
水車とトーテムポールの山小屋の時代・・・ボクにとって、いや、あの頃の熊本の子どもにとって・・・大洋デパートのおもちゃ売り場、またはおもちゃのポレエルで遊び、山小屋レストランで美味しい洋食を食べるというのは、至福の日曜日の過ごし方だった
いいっすね
今日はボクの思い出話につきあってくれて・・・ありがとう!
山小屋レストランは今はもうありませんが・・・また何処かで、似た味のスープやグラタンに巡り合えるといいですね!
年取ったら、全国を回って、そういうグルメ旅をするのが夢だよ・・・
全国老舗洋食屋めぐりですね!いいと思います!(笑

↓手帖に挟まれていたリーフレット