今の君にも刺さるかい?初期・佐野元春のイノセントな言葉

春はロックン・ロールだよ!
この前も、そんなこと言ってませんでしたっけ・・・(笑)

こちら→ いかすぜ!この恋~大滝詠一&西田敏行、エルビス・プレスリーへの愛が39曲分(?)

というわけで・・・先日はエルビス・プレスリーだったけど、今回は日本のロックン・ローラー、佐野“ライオン”元春で行ってみよう!
どういうわけか、よくわかりませんが、佐野元春さんの話ですね
でも、佐野元春さんがどうしてライオン?

これから佐野元春を聴くリスナー達へ

☆☆☆自己紹介☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:3才の娘を笑わせること
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索
で・・・佐野元春さんはどうしてライオンなんですか?
髪型じゃない?

♪ジェームス ディーン気取りのティーン・エイジ・ブルース

出典:www.moto.co.jp

今晩ひとり 情熱だけほえて
ジェームス ディーン気取りの
ティーン・エイジ・ブルース

出典:「アンジェリーナ」佐野元春(1980年)

君にも10代の頃はあっただろ?
はい・・・
あの頃の気持を今でも覚えているかい?
う~ん・・・もうずいぶん昔ですから

あなたと暮らしていきたい
(生活)という うすのろが いなければ

出典:「情けない週末」佐野元春(1980年)

あの頃は生活なんて糞くらえと思っていた
そうなんですか?
まずは生活のリズムは大切ですよ・・・


♪つまらない大人には なりたくない

出典:www.moto.co.jp

ガラスのジェネレーション
さよならレヴォリューション
つまらない大人には なりたくない
So one more kiss to meone more kiss to me

出典:「ガラスのジェネレーション」佐野元春(1980年)

誰もがきっと思ったはず!
「つまらない大人には なりたくない」と!
大人も子どもも、それなりに事情を抱えていると思いますが・・・

♪「手おくれ」と言われても 口笛で答えていた あの頃

出典:www.moto.co.jp

「手おくれ」と言われても
口笛で答えていた あの頃
誰にも従わず
傷の手当もせず ただ
時の流れに身をゆだねて

出典:「SOMEDAY」佐野元春(1981年)

まったく問題ない
僕たちが負けるはずない・・・と思っていたよ
つまり、いきがっていたんですね

たったひとつだけ残された
最後のチャンスに賭けている

出典:「ダウンタウンボーイ」佐野元春(1981年)

1度でもチャンスがあれば、賭けるしかないね
いやいや、そんな冒険、できませんよ・・・

友達のひとりは遠くサンフランシスコで 仕事をみつけた
友達のひとりは 手紙もなく今 行方もわからない
友達のひとりは 幸せなウエディング 一児の父親さ

出典:「ROCK & ROCK NIGHT」佐野元春(1982年)

いろんな人生があったんだ
僕の前にも、君の前にも
平凡が一番ですよ

どんな奴でも 一度くらいは
チープスリルに 命を賭けてしまうのさ

出典:「彼女はデリケート」佐野元春(1982年)

それが安っぽいかどうかは自分で決めてやる
でも、命は賭けたくありません・・・

ただのスクラップにはなりたくないんだBabe baby.
世界中のインチキにAi ai ai

出典:「Happy Man」佐野元春(1982年)

陽気な仲間がいればそれだけで最高!
僕は一人が好きです・・・

♪遠く離れる者 ここに残る者 僕が決めても かまわないなら 何も言わないけど

出典:www.youtube.com

今夜は みんなきれいな Stardust Kids
本当の真実がつかめるまで Carry on

出典:「スターダスト・キッズ」佐野元春(1982年)

ただただ真実を探していたのさ
真実なんてないかもしれませんよ~

遠く離れる者 ここに残る者
僕が決めても かまわないなら
何も言わないけど

出典:「グッドバイからはじめよう」佐野元春(1983年)

終わりは始まりなんだよね
人生は旅です

昔のピンナップはみんな
壁からはがして捨ててしまった

出典:「NEW AGE」佐野元春(1984年)

いつまでも昔の自分じゃないのさ
今の僕は今の僕です

誰かのエゴがみえる
誰かにエゴをみせたくはない

出典:「Shame―君を汚したのは誰」佐野元春(1984年)

薄々は気づいていたのさ
僕らも大人になっていくことにね
それは悲しむべきことですか?

♪いつか自由になれる日を あてもなく夢みていた

出典:www.moto.co.jp

いつわりに沈むこの世界で oh yeah oh yeah
君だけを固く抱きしめていたい

出典:「Young Bloods」佐野元春(1985年)

もう立ち止まらない
そうです、前に進むしかありません

すべての「なぜ?」にいつでも答を 求めていたあの頃
いつか自由になれる日を あてもなく夢みていた

出典:「WILD HEARTS」佐野元春(1986年)

夢を見ることをやめたわけじゃない
希望を失ったわけではありません

1980年代の佐野元春

出典:www.strange-ds.com

社会現象にもなった佐野元春ブーム 1982 -1983

※抜粋
 佐野元春が伝えようとしてきた“荒廃した都市の中に息づくイノセンス”というテーマは、3枚のアルバム『Back To The Street』、『Heart Beat』、『SOMEDAY』で新しい言葉と新しいロックンロールを渇望するティーン・エイジャーには十分伝わり始めていた。
(中略)
 それと同時に佐野からのインンスピレーションを直接的に貰ったニュー・アーティストが既にシーンに登場してきたのだ。尾崎豊と吉川晃司である。

 2人はそれぞれタイプの異なる新世代のシンガーではあるが、尾崎は歌の中に放りこむ青春の怒りや焦燥感を、吉川は佐野独特の唱法を既にデビューした時点で見せていた(白井貴子もデビュー・アルバムで「サムデイ」をカヴァー)。

 当時の彼らは佐野からの影響を実際にインタヴューなどの公の場で語っていたりもした。
(東 雄一朗)

出典:www.moto.co.jp

佐野元春のイノセントな衝動はいろんなアーティストに影響を与えたんだよ
凄いですね
尾崎豊さん、吉川晃司さんも・・・
たまにね・・・初期の佐野元春を聴くと、10代や20代にその曲を聴いていた頃の自分と一瞬すれ違ったような錯覚を覚えるんだよ
ほんの一瞬だけどね
昔のヒット曲を聴くと、その頃の感情が蘇りますよね
ほんの一瞬・・・あ、まだ微かに残っている感情を確認するとちょっと安心するんだよね