『1981年夏、NYのゲイ新聞が奇妙な病気の流行を報道』~バック・トゥ・1981(遥か昭和56年への旅)

ジジ放談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
『ボヘミアン・ラプソディー』盛り上がってるよねえ
まだ観てないけど、そろそろ行くか?
これだけ評判がいいので、しばらく上映されていると思われます


名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索
1969年から2019年までの50年間を振り返るこの企画 ―――
今の時代につながる萌芽(ほうが)を探すよ
今回は1981年(昭和56年)ですね
スポンサーリンク

1981年夏、NYのゲイ新聞が奇妙な病気の流行を報道、後に後天性免疫不全症候群(エイズ)と呼ばれる~バック・トゥ・1981

出典:medium.com
※MMWR(Morbidity and Mortality Weekly Report)は、米国疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention: CDC)が毎週報告している感染症情報です。NYのゲイ新聞ではありません(^^汗)。

エイズの症例が初めて報告されたのがこの年、1981年だった
へー、1980年代初頭だったんですねえ

※Wikipediaより
HIVの起源はカメルーンのチンパンジーという説が有力であり、そこから人に感染して世界中に広まっていったと考えられている。1981年にアメリカのロサンゼルスに住む同性愛男性(ゲイ)に初めて発見され症例報告された。ただし、これはエイズと正式に認定できる初めての例で、疑わしき症例は1950年代から報告されており、「やせ病」(slimming disease)という疾患群が中部アフリカ各地で報告されていた。1981年の症例報告後、わずか10年程度で感染者は世界中に100万人にまで広がっていった。

当初、アメリカでエイズが広がり始めたころ、原因不明の死の病に対する恐怖感に加えて、感染者にゲイや麻薬の常習者が多かったことから、感染者に対して社会的な偏見が持たれたことがあった。現在は病原体としてHIVが同定され、異性間性行為による感染や出産時の母子感染も起こり得ることが知られるようになり、広く一般的な問題として受け止められている。

出典:ja.wikipedia.org

日本人がエイズを意識し始めるのは、この数年後だよね
で、ちょうどその頃って、僕ら思春期だったでしょ?
まあ、から騒ぎが大変だったね
から騒ぎ?
だって、10代後半でセックスしたとかしないとか大騒ぎするお年頃でしょ?
童貞を卒業しただけで、エイズに感染したんじゃないかって不安になる少年も多数発生した
アホですね(苦笑)
スポンサーリンク

エイズとHIVって違うの?同性愛者がエイズになるの?エイズになったら確実に死ぬの?

たぶん、無知と偏見の時代は過ぎ去ったけど・・・普通に生活している日本人は、エイズに無頓着な部分もあるよね
知ってるようで知らないエイズですか?
エイズとHIVって違うの?
同性愛者がエイズになるの?
エイズになったら確実に死ぬの?
再確認しておきましょう
え~と(検索中)・・・
HIV感染症とエイズは異なる状態を示すもの

 エイズは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染によって引き起こされる病気で、はじめての患者は1981年に米国で見つかりました。正式名称は、「後天性免疫不全症候群」(AIDS)といいます。HIVは、私たちの抵抗力(免疫)の司令塔的役割を担っているヘルパーTリンパ球(CD4陽性リンパ球)に感染して死滅させ、免疫不全状態にしてしまいます。

 免疫が機能しない結果、通常では問題にならないような弱毒性の病原体に感染(=日和見感染)するようになります。代表的な23の指標となる病気を発症した時点で、エイズを発症したと診断されます。HIV感染症とエイズは異なる状態を示すものなので、区別する必要があります。

出典:www.asahi.com

HIVに感染して、その後に指標となる病気を発症したら、AIDS(エイズ)と診断されるんだね、なるほど
で、同性愛者がエイズになるの?
エイズになったら確実に死ぬの?
え~と(検索中)・・・
全体の約90%が性行為感染

 主な感染経路としては、性行為感染、血液感染、母子感染があります。全体の約90%が性行為感染です。性行為感染の多くは男性の同性間性行為ですが、異性間の性行為でも感染します。予防にはコンドームの使用が有効です。まれに静注薬物使用(違法薬物使用時の針の回し打ち)での感染が報告されています。極めてまれに輸血による感染の可能性がありますが、通常の日常生活で唾液(だえき)や汗などから感染することはありません。
(中略)
 20世紀は「エイズ=死の病」と考えられていました。しかし、HIVによく効く治療薬が開発されたことで、現在は感染を早期に発見し、治療を受ければ普通の生活を送ることが可能です。エイズ、HIV感染症はもはや死の病ではありません。

出典:www.asahi.com

よかったあ・・・一応、現代では、絶対死ぬ病気ではないんだね
早期発見が大切です
しかし、原因としては性行為がほとんどみたいだね
しかも、多くは男性の同性間性行為・・・
怖いですね
そういえば、僕も『おっさんずラブ』を最近やっと観たけど、サイコーだった
2018年で一番面白いドラマだったと思うよ
どうして『おっさんずラブ』を思い出すんですか・・・


2018年はドラマ『おっさんずラブ』も流行ったし、映画『ボヘミアン・ラプソディー』も絶賛上映中
でも、いろいろ気をつけないとね
いやいや、その発言には偏見が・・・(苦笑)

↓役割を終えた?Act Against AIDSのイベントも2018年が最後だという



スポンサーリンク

今なお続くヤンキー文化の始まり?ツッパリHigh School Rock’n Roll、イエ!~遥か昭和56年への旅

話は変わる
その他、1981年(昭和56年)の話題ですね
この年、1981年(昭和56年)の最大のヒット曲は、寺尾聰『ルビーの指環』
しかし、今日はこの年にヒットが連発したツッパリソングに注目したい
ツッパリソング?
1981年(昭和56年)は、校内暴力が深刻化した年と言われる
校内暴力、イジメ、ダメです
僕はこの年、田舎の小学6年生
まあ、たしかにイジメはあったね
ヤンキーとかいました?
いたよ
ここから数年が一番ヤンキーが増えた時代じゃない?
イヤですねえ・・・
ツッパリソングの代表格
横浜銀蝿『ツッパリHigh School Rock’n Roll (登校篇)』、
それに、アラジン『完全無欠のロックンローラー』
どちらも、この年のヒットだもんね
へー
こじつけるなら、同じくこの年にヒットした、薬師丸ひろ子『セーラー服と機関銃』も極道と女子高生だし、『ハイスクールララバイ』がヒットしたイモ欽トリオにも、リーゼントの不良少年「悪い子」がいるもんね
優等生より不良がモテた時代ですね
やだやだ
ツッパリソングに登場する、どこかユーモラスなツッパリ、ヤンキー
今のマイルドヤンキーとつながっていく?
マイルドヤンキーなんて井の中の蛙です
井の中の蛙、君が言うか(笑)
・・・ちなみに、ツッパリソングとは関係ないが、子どもの僕は、ザ・ぼんち『恋のぼんちシート』が大好きだった
あの曲って、お笑いが歌番組にも登場するようになった先駆けだよね
へー
また、この年スタートした1980年代を代表する番組が・・・
クイズ番組『なるほど!ザ・ワールド』(司会:愛川欽也・楠田枝里子、1996年3月終了)
バラエティ番組『オレたちひょうきん族』(出演:ビートたけし、明石家さんま他、1989年10月終了)
どちらもフジテレビだね
この頃は、フジテレビが元気だったんですねえ
スポンサーリンク

フレディ・マーキュリーという男~映画『ボヘミアン・ラプソディー』

で、話は戻る(笑)
映画『ボヘミアン・ラプソディー』、年内には見に行きたい
そのくらいまでやってますよ
観たら読もうと思っている記事も多いんだよね
では、リンクをこちらに貼っておきます

さらに、2019年夏は映画「おっさんずラブ」か・・・(笑)
僕も新しい世界に挑戦するか?!
僕のはるたんはどこ?
まさか、き、君か?
やめてください!