「イオンシネマで『パンダコパンダ』45周年記念上映~オーナーズカード割引について」くまとR子の子育て日記(143日目)

子育て日記
スポンサーリンク
『パンダコパンダ』45周年記念上映を観てきたよ
イオンモール熊本のイオンシネマね
ぱんだこぱんだこぱんだ~♪
きゃっきゃっ

「パンダコパンダ」45周年記念上映CM(30秒ver.)

若き日の高畑勲・宮崎駿が手掛けた名作アニメ映画がデジタルリマスター版でよみがえりました! 全国のイオンシネマ68スクリーンにて2月17日(土)より順次公開。「パンダコパンダ」「パンダコパンダ 雨ふりサーカス」の豪華2本立て! 上映劇場はイオンシネマのホームページをご覧ください。
http://www.aeoncinema.com/cinema2/all/movie/144198/
先着順でかわいい特製コースターをプレゼント!

出典:www.youtube.com

☆☆☆☆☆
2018年、くま(49歳)とR子(42歳)の子育て日記です。
第一子むーちゃん(♀)は4歳、そして、第二子たろー(♂)は1歳になります。
高齢出産、高齢子育て・・・引き続き、が、頑張ります。
☆☆☆☆☆
2018年2月24日(土)、パパとむーちゃんは、イオンシネマ(イオンモール熊本)で『パンダコパンダ』を観てきました。
熊本はこの日が初日です。初日・初回は僕らの他、カップル1組、男性1名とちょっとさびしい館内でしたが、おかげで広々ゆっくり鑑賞できました。
熊本の子育て世代よ、こんないい作品をなぜ観にいかない?(笑)
☆☆☆☆☆

イオンシネマで『パンダコパンダ』45周年記念上映を観た~オーナーズカード割引について

実は初イオンシネマでもある
イオンシネマはオーナーズカードで安くなるんでしょ?
そうなんだよ
昨年から特典内容が変わったんだよねえ
いつでも1000円で映画が観れて、ポップコーンかドリンク付き
ステキね
イオンオーナーズカード(イオン株式会社の株式を100株以上お持ちの株主さまに発行している株主ご優待カード)特典のご案内

2017/9/1よりオーナーズカードの特典内容が変更となりました。
チケットご購入の際、劇場窓口にて「オーナーズカード」をご提示いただくと、ご同伴者さま分も合わせてご優待価格にてご鑑賞いただけます。

■通常料金より
大人/大学生/高校生  →   鑑賞料金1,000円
中学生以下       →   鑑賞料金800円

上記鑑賞料金のご優待に加え、オーナーズカード1枚に対し、売店でご利用いただけるポップコーンまたはドリンク引換券のどちらか1枚を進呈します。
ただし、有料鑑賞時以外のお渡しは出来ません。

※オーナーズカードは株主ご本人さまと生計を同一にする配偶者・親・子供(18才以上)のご家族の方のみご利用いただけます。ご家族以外への貸与・譲渡はできません。
※オーナーズカード割引きは、≪窓口および券売機でのご利用≫となり、e席リザーブではご利用いただけません。
※他の割引との併用はできません。
※高校生料金が1,000円の場合、鑑賞料金800円とさせていただきます。
※ポップコーン or ドリンク引換券は、有料鑑賞時以外でのお渡しは出来ません。

出典:www.aeoncinema.com

だがしかし・・・今回の『パンダコパンダ』はもともと安い料金なので、料金の特典はなかった(苦笑)
それは残念
でも実際にチケットを買って、使い勝手がわかったよ
まとめると・・・
・オーナーズカード割引きは、≪窓口および券売機でのご利用≫のみ
・インターネットのe席リザーブは使えない
・しかしどちらも、2日前から購入可能
オーナーズカード割引の場合も座席予約ができるのね
インターネットでオーナーズカード割引が使えないのは残念だけど、直接映画館に行けば2日前からちゃんと席を確保できる
イオンモール熊本は近いし、僕らにとってはなかなか使えるよ
オーナーズカードがあってよかったね
らうんじもいく~!
むーちゃんはイオンラウンジ好きだもんね

※オーナーズカードはイオンラウンジの特典もあります

うーうー

イオンモール熊本のイオンシネマ

イオンオーナーズカード特典のポップコーンを食べながら・・・

出典:www.pandakopanda.jp

映画『パンダコパンダ』(1972年)と映画『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』(1973年)


ここは日本、東京の郊外です。
美しい田園のひろがる街、まるでおとぎ話の世界のようです。
お城のように素敵な小さなお家に、素敵な少女ミミちゃんが、おばあちゃんと暮らしています。
ミミちゃんは自由な女の子!嬉しいことがあると、お得意の逆立ちする女の子!

ある日、この二人家族に、パンダの親子が仲間入りします。
それが、パンダコパンダです。
ミミちゃんはコパンダにとってママ、パパンダはミミちゃんにとってパパになりました。
こうして、おかしな、ゆかいな物語が始まります。

出典:www.pandakopanda.jp

『パンダコパンダ』は、若き日の、宮崎駿の作品だよね
2つ観てきたの?
うん、どちらも短編だから、あわせて72分
小さい子どもにちょうどいい時間だよ
そうね
むーちゃんは、ひとりですわって、みたよ
先月の映画デビューの時は、ずっとパパの膝の上で観てたけど、今回はちゃんと一人で座ってみたよ

関連エントリー→「『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』で、3歳娘が映画デビュー! 親となった兜甲児と剣鉄也に共感の涙が溢れる・・・」くまとR子の子育て日記(134日目)

むーちゃん、偉い!
だってもう4さいだし
きゃっきゃっ


ちゃんと観るのは初めてだったかも・・・

出典:www.pandakopanda.jp

『パンダコパンダ』は僕が子どもの頃の映画だけど、ちゃんと観るのは初めてかも
パパも初めてだったんだあ
ほかの宮崎駿作品にも共通する要素をいくつか発見した
まずはなんといっても・・・『パンダコパンダ』(1972年)のお父さんパンダ「パパンダ」は、やっぱり『となりのトトロ』(1988年)のトトロに似てるなあって思った
似てるぅ(笑)

やはりパパンダはトトロの原型?

出典:www.pandakopanda.jp

そして、映画『パンダコパンダ』(1972年)と映画『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』(1973年)ともに、ルパン三世の山田康雄が登場したよ
山田康雄さんは、ルパン三世の声の人ね

おまわりさん:山田康雄(映画『パンダコパンダ』)

出典:www.pandakopanda.jp

サーカス団長:和田文夫、サーカス団員:山田康雄(映画『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』)

出典:www.pandakopanda.jp

山田康雄の声を聞くと、わくわくするよね
そうなの?(笑)
そして・・・『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)にも『崖の上のポニョ』(2008年)にも登場する、水の中に沈んだ町というモチーフが、映画『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』(1973年)にも登場して、ちょっと感動した
へー

水没する町

出典:不明

この映画は、「原案 脚本 画面設定」が宮崎駿、作画監督が大塚康生と小田部羊一という黄金のメンバーなんだけど、最後に、映画のクレジットロールを観ていて気づいたのが、原画の一人に近藤喜文氏の名前

出典:ja.wikipedia.org

近藤喜文さん?誰?
1970年代半ば以降の宮崎駿や高畑勲の作品を作画面で支えた人だよ
『おもひでぽろぽろ』のキャラクターデザインと作画監督もした人

出典:ja.wikipedia.org

あ、『おもひでぽろぽろ』の人ね
残念ながら1998年に亡くなったんだよね・・・
あら・・・
あらためて、宮崎駿を支えたアニメメーターだったんだなあと思った
ふ~ん
熊本の子育て世代よ
ぜひ、こういう良質な日本のアニメーションを子どもに見せましょう!
(笑)
ぱんだこぱんだこぱんだ~!♪
きゃっきゃっ

主題歌:「ミミちゃんとパンダ・コパンダ」歌:水森亜土


むーちゃん、4歳になりました!

むーちゃん、4歳になりました!
ハッピーバースデー!
ケーキを手で食べないで!(苦笑)
あははは!
きゃっきゃっ