【Amazonでお試し中】Audible (オーディブル) の使い勝手、本を返品し新しい本を読む方法(1コイン)など【夫のちんぽが入らない】

エトセトラ
スポンサーリンク
Audible (オーディブル)で、例の「ちんぽ」の話を読んでいる
ち、ちんぽ・・・?(赤面)

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索

【最大3,000ポイント】Amazonのオーディオブック、Audible (オーディブル) を30日無料体験

キャンページページはこちら(2018年12月12日まで)

※今回のキャンペーンが終わっても、また似たようなキャンペーンが始まると思われる。

Amazonで今、キャンペーンやってるから試してみた
Audible (オーディブル) って、本を聴いて楽しむサービスですよね
そうだよ
AmazonのAudible (オーディブル) 30日無料体験
しかも、1日5分以上聴けば50ポイント(プライム会員なら100ポイント)
30日聴いたら最大1,500ポイント(プライム会員なら3,000ポイント)
悪くないでしょ?

キャンページページはこちら(2018年12月12日まで)

いや、かなりお得ですよ
無料で1冊本を聴けて、さらにポイントももらえるんですよね?
お得だよねー
それで・・・なんかエッチなタイトルの本を読んでるんですね
「夫のちんぽが入らない」はちゃんとした文芸書だよ
知らない? 
タイトルは知ってます、ドラマやマンガにもなってますよね
印象的なタイトルですが、なんか卑猥です・・・
僕は最初、Audible (オーディブル) で柳田国男の『遠野物語』を聴いてたんだけど、昔の言葉だから気持ちよくリスニングできないんだよね・・・
だから、最近の本に交換してもらった
無料で読める1冊も、自由に交換ができるんですか?
なんかできるみたいよ
へー

Audible (オーディブル) とは・・・? そして、数日使ってみた感想

Audible (オーディブル) とは・・・?
そして、僕が数日使ってみた感想
え~と(検索中)・・・
Audible (オーディブル) とは

Audible (オーディブル) とは、プロのナレーターの朗読によるオーディオエンターテインメント・情報・教育関連のコンテンツを制作・配信しているAudible Inc. の通称であり、またそのサービスを言う。本社はアメリカのニューアーク (ニュージャージー州)にあり、自社の制作スタジオを持つ。現在、世界7カ国に拠点を持ち、日本はアメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・オーストラリアに続いて、2015年7月にサービスを開始。他国に先駆けて、月額1,500円で全タイトル聴き放題の定額制サービスを提供している。

出典:ja.wikipedia.org

もともと1995年にアメリカで始まったサービス
2008年からAmazon傘下に入ったらしい
意外と昔からあるサービスなんですね
そして、日本で定額制が始まって、今、Amazonが盛んにピーアールしているところだね
しばらく使ってみてどうですか?
まず良いところ
最近のサービスはどれもそうだけど、パソコン、スマートフォン、タブレット、どれでも手軽に楽しめてすぐに同期できるのは便利
通勤時間が長い人などにはとてもいいサービスだと思った
本を読むのが疲れたときに、気分転換に聴くのも悪くない
悪いところもありますか?
まず、現段階ではコンテンツが少ないと思う
毎月1500円払うならもっと本の選択肢を増やしてほしい
今回も真っ先に聴きたいと思った本、ユヴァル・ノア・ハラリ「サピエンス全史」または「ホモ・デウス」をまず検索したけど、残念ながら無かった
それって世界的な大ベストセラーですよね
ベストセラーは大抵あるようなら魅力的なんだけどねえ
続けて、悪いところは・・・さっきも言ったけど、現代人に古典が聴きにくいように、Audible (オーディブル) にあったコンテンツとそうじゃないのが混在していると思う
最近の小説じゃないとダメ?
もちろん古典に親しんでいる人とっては問題ないだろうけどね
聴いているだけだと、わからない言葉があったときモヤモヤするんだよね
本を読む場合は、自分のペースで言葉を調べたりしながらできるでしょ?
それに文字なら、知らない漢字も雰囲気で意味が推察できたりするじゃん
特訓で、英語や古典を聴くんならいいけど・・・普通の現代人が、単に楽しむためのリスニングには、言葉がすんなり入ってくる最近の本に限られるかなと思った
なるほど
さらに、小説をオーディオブックにした場合、朗読する人の個性が気になる
そもそも、男の人の朗読か、女の人の朗読かで印象がずいぶん変わると思う
映画の吹き替えやアニメの声優が気にいらないときのような感じですね
むしろ、今度は女性が朗読するセクシーな小説も試してみるか?
まだ僕が気づいていないAudible (オーディブル)の魅力が発見できるかも?(笑)
くまちゃんのことだから、まず真っ先にそこを試したのかと思いましたよ(笑)

Audible (オーディブル) 1コインで、本を返品し新しい本を読む方法

Audible (オーディブル) のトップページ

いくつか悪口を言ったから今度は良いところ(笑)
本を気軽に交換できる
それはいいですよね
Audible (オーディブル) は、今、コイン制になったんだよね
1コインが1冊と交換できて、本の返品と再選択もできる
へー
読んでる途中、または、ほとんど読んだ本も気軽にチェンジできるのは良心的だと思った
では、Audible (オーディブル) 1コインで、本を交換する手順です

画面右上の「〇〇さん、こんにちは!」にカーソルをあわせ、「アカウントサービス」の文字をクリックする。

あらためてログインさせられることもある。

アカウントサービス画面のメニューの中に、「購入履歴(返品)」の項目がある。

「返品」ボタンを押せば完了。しばらくすると処理が完了し、コインが「0」→「1」となり、また無料で自由に本を選択できる。

ただし、返品回数には制限があるんだって
そりゃそうでしょう

公式サイトのよくあるご質問
Audibleコインとは何ですか
タイトルの返品方法を教えてください。

Audible (オーディブル) で、私小説「夫のちんぽが入らない」を読んでいる途中

今、読んでるチンポも、僕がイメージする主人公の女性より、朗読する女性が快活すぎるんだよねえ
あの・・・チンポって略さないでください
わりー
僕のチンポが入らないね
違いますよ
夫のちんぽが入らない、でしょ?
あ、そうだったそうだった(笑)
「夫のちんぽが入らない」ね
わざと間違えてませんか・・・?

↓作者こだまさんへのインタビュー記事

作者はこだまさんという女性
これって、ほぼ実話なんだよね?
読み終わったら・・・じゃなかった、聴き終わったら、こだまさんへのインタビュー記事なども読んでみよう
物語にハマりはじめてますね
これからどんな展開になるのだろう、ワクワク!
そしてチンポの後は、女性が朗読するセクシーな小説を試してみよっと!
まあ、1ヵ月間、Audible (オーディブル) を楽しんでください・・・

↓作者こだまさんのブログ

↓最近、文庫化された

↓マンガ版

↓最初に発売された単行本

↓こだまさんの小説2作目