【宇宙作戦隊も発足】次期首相候補のひとり、河野太郎大臣が語る日本の本当の敵とは?

ジジ放談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「宇宙作戦隊」なるものが発足したぞ!
なにをワクワクしてるんですか(笑)?
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

【SF・アニメの世界か?】宇宙作戦隊、発足!河野防衛大臣「宇宙の領域でもわが国の優位性の確保が重要だ」

自衛隊で初めての宇宙領域の専門部隊となる航空自衛隊の「宇宙作戦隊」が18日に発足し、防衛省は日本の人工衛星を守るため、不審な人工衛星や宇宙ごみを監視する体制の整備を本格化させることにしています。

(中略)

隊旗の授与式で、河野防衛大臣は「宇宙の領域でもわが国の優位性の確保が重要だ。システムの整備や育成をはじめ、本格的な運用に向けて課題は数多くあるが、新たな安全保障環境に一刻も早く適応するため、体制を構築しなければならない」と述べ、任務にまい進するよう指示しました。

このあと河野大臣は、記者団に「『宇宙作戦隊』は、初めての宇宙領域を専門とする部隊で、国民の期待も非常に高いと思う。人材育成も進めなければならず各国との協力態勢を築きたい」と述べました。

出典:www3.nhk.or.jp

「宇宙作戦隊」とは、ちょっとレトロな名称でいいね(笑)。さらに、カッコいい略称と腕章など、それに隊員服の見栄え次第では、自衛隊に若者殺到するのではないか?
最近の若者はそんな単純じゃないと思います(苦笑)。

僕もあと30歳若ければ志願したのに・・・。
別に宇宙で敵と戦ったりするような任務じゃないと思いますが・・・。
敵は宇宙人じゃない? じゃあ誰だ? 中国か?
こらこら。
ところで河野防衛大臣は先日、UFOの話題でもコメントしてたよね? 
こちらですね。

河野太郎いいよね。ツイッターも面白いし大好き。あーいう人が政治家にいると応援したくなる。はい。今日の話題は「宇宙作戦隊」ではなく・・・次期首相候補のひとりにも名前があがる河野太郎だよ。実はよく知らないので、ちょっと勉強しておこう。
河野太郎大臣はツイッター人気ですよね。河野太郎大臣について、え~と(検索中)・・・・。

スポンサーリンク

【ポスト安倍?】河野太郎大臣は、次期首相候補のひとり?

次期首相候補は、石破茂の名前をよく聞くけど、河野太郎はどうなの?
え~と(検討中)・・・こちらはFNNの調査です。
次の総理大臣にもっともふさわしいと思う政治家は誰か(10名から選択)

石破茂 21.2%
安倍晋三 15.0%
小泉進次郎 8.6%
枝野幸男 6.0%
河野太郎 4.4%
菅義偉 2.4%
岸田文雄 2.4%
野田聖子 1.2%
茂木敏充 0.4%
加藤勝信 0.4%
この中にはいない 26.0%

自民党支持層

(以下、左から順に 2019年9月・12月・2020年2月の数字)
安倍晋三 28.4% 34.4% 33.9%
石破茂 11.8% 20.6% 16.9%
小泉進次郎 14.2% 10.9% 11.0%
河野太郎 7.8% 6.5% 6.2%
岸田文雄 6.9% 4.6% 5.0%
菅義偉 8.4% 5.7% 3.8%
加藤勝信 0.3% 0.0% 1.2%
茂木敏充 1.7% 1.1% 0.7%
野田聖子 0.7% 0.5% 0.5%

無党派層

(以下、左から順に 2019年12月・2020年2月の数字)
石破茂 18.2% 22.3%
小泉進次郎 19.3% 8.4%
安倍晋三 7.5% 4.3%
河野太郎 4.8% 4.1%
菅義偉 0.8% 2.3%
野田聖子 1.1% 1.6%
岸田文雄 1.1% 1.4%
茂木敏充 0.2% 0.2%
加藤勝信 0.2% 0.0%

※FNNは2月22・23日の両日、全国の有権者を対象に電話世論調査(固定電話+携帯電話・RDD方式)を実施し1040人から回答を得た。

出典:www.fnn.jp

石破、小泉に続いて、わりと上位じゃん。ひょっとしたら、ひょっとするんじゃない?
河野太郎氏の著書はこちらです。

著書の帯には「総理になって変えるしかない!」のキャッチコピーが!

Amazonで購入

著作の帯を見ると、本人もやる気ありそうじゃん!

大日本から新日本、そして超日本へ……。以下、六章にわたって私の考えを記します。(2012/8/21 刊)

スポンサーリンク

【カレーやカルピスが好き】河野太郎氏とは・・・?

出典:www.taro.org

本来なら著作を読むべきだろうが・・・まずはサクッとネットで調べてよ。どんな人なの?
え~と(検討中)・・・ウィキペディアよりニコニコ大百科の方が、端的でわかりやすいでしょうか。こちらから引用します。

カレーが好き。カルピスも好き。神奈川県平塚市出身。選挙区は神奈川15区。父親は14期衆議院を務めた河野洋平で、いわゆる世襲議員であるが、洋平氏の選挙区をそのまま受け継いだわけではないため、3世議員ではあるものの、選挙区の「世襲」はしていない。

自らのBlogにて、「小さな政府と大きな年金」が持論ではあるが、「選択的夫婦別姓制度に賛成」「反官僚」「内閣総理大臣の靖国神社参拝反対」「民主党を中心とする議員連盟原発ゼロの会に所属」等、自由民主党の中ではいわゆるリベラルな活動が目立つ。

具体的な政策についてはWikipediaexit や 公式サイトexit を参照。

2015年10月7日、第3次安倍改造内閣で国家公安委員長・行政改革担当相に初入閣。それに伴い上記公式サイトexitの過去の発言を削除した。

インターネットに詳しいらしく、ブログやMLは言うまでもなく、自身が自民党広報本部のマルチメディア局長を務めた際、YouTubeに開設された 同党の公式チャンネル「LDPChanel」に出演している。また、mixiのIDが150万台であることからも、それなりに早い段階でmixiに参加し ていたことが伺える。
ニコニコ動画に公式として登場したのは「教えてまつじゅん」の司会として登場したことが初出と思われる。(松本純は頻繁に「河野太郎にWebサイトを勧められて始めた」と答えていることから、少なくとも1999年頃には政治におけるネット活用を広めていたことになる)
Twitterに関しては、「やらない」と明言していたが、ソフトバンク社長孫正義の進めにより、宗旨替えし、現在では、最も頻繁に呟く政治家のひとりとなっている。

自民党内だけではなく他政党や英語が堪能なために海外の政財界にも人脈を築いている。また、政財界だけではなく、湘南ベルマーレの会長(現在は監査役)を務めたことがあり、中田英寿と親交があったり、原発には反対の立場であるため、STOP ROKKASHOにも共感し、坂本龍一や元LUNA SEAのSUGIZOとも繋がりがあったり、以前対談した堀江貴文、ひろゆきといったスポーツ界、音楽・芸能界、IT業界・・・と非常に幅広く親交がある。

韓国の元ハンナラ党議員で、元駐神戸大韓民国総領事館の李成権(イ・ソングォン)総領事ををかつて秘書としていた。

2019年9月より防衛大臣を務める。

出典:dic.nicovideo.jp

カレーやカルピスが好き、だって(笑)。それにしても、バリバリの右派じゃなさそうだね。
これだけ見るとそうですね。

安倍首相もそろそろヤバそうだし。野党はてきとーな人がいなそうだし論外。石破氏は最近ちょっとなあ。やっぱ河野氏にひかれる。
そーいう方も多いでしょうね。

出すぎる杭はむしろ打たれない!
「自民党の中で一番外れているから自民党の冥王星だ」といわれた私が、党を変えてみせる!
競争の中で強い経済をつくりあげる「新しい中道右派」がこの国には必要だ!(2010/6/5 刊)

スポンサーリンク

【河野太郎のブログを読む】日本に対する脅威や懸念をもたらしている国は・・・?

出典:www.taro.org

最後に、河野氏のブログでちょっとお勉強。僕らの本当の敵は誰か? やっぱ中国じゃないの?
こらこら(苦笑)。
東アジアの安全保障の現実

※後半部分を抜粋
この社説の最後は、「日本は対米追従から脱し、米露に中国を加えた新たな時代の軍縮交渉の実現にこそ努力すべきだ」とある。

新たな軍備管理枠組みには米露だけでなく中国も加わるべきだというのは、世界のコンセンサスになりつつあり、私が外務大臣の時代から日本もそれに向けて様々な提案をし、努力をしている。

中国が尖閣諸島や東シナ海、南シナ海をはじめ、各地で緊張関係を創り出している中で、日米同盟は、日本の安全保障だけでなく、この地域の平和と安定に必要な公共財であるという認識は、少なくともアジア・太平洋地域の民主国家の間では共有されている。

ポストコロナには、民主主義と独裁・権威主義、自由社会と監視社会の対立という時代が来る可能性があり、価値観を共有する国々は今からそれに備える行動をすべきだという認識も、各国の閣僚レベルで共有され始めている。

安全保障を考える上で、サイバー戦、宣伝戦、ハイブリッド戦ということが言われるようになった。

SNSやメディアを通じて相手の社会にフェイクニュースを流し、自国に都合のいい世論を形成し、相手の安全保障政策に影響を及ぼすということが現に行われている。

まず、軍備を拡張し続けてきたのはどこなのか、日本に対する脅威や懸念をもたらしているのはどこなのか、民主主義や自由社会に対抗しようとしているのはどこなのか、ということをしっかり考えて、安全保障の議論をしなければならない。

我が国の領海で無害通航ではない航行を行っているのはどこの国の船舶なのか、毎日のように自衛隊が対領空侵犯措置を執らなければならないのはどこの国なのか、日本を守るために、自国の若者を訓練し、即応態勢を維持してくれてるのはどこの国なのか、東アジアの安全保障の現実を、しっかりと世の中に認識してもらう必要がある。

出典:www.taro.org

河野氏は中道・リベラル寄りかと思いきや、わりとはっきり言うね。やっぱあの国は要注意か。
あの国とはあの国ですか?
そうそう。あの国。

「シャアだって分かっているはずだ!本当の倒すべき相手が誰かということを!」

出典:機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編