【2022年公開】劇場版『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(安彦良和監督)、ヒロインはもちろん緑の髪の美少女ロランでしょ?

サブカル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おそらく安彦良和監督の遺作となるだろうな。
こらこら(苦笑)。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
スポンサーリンク

【2022年公開】劇場版『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(安彦良和監督)、2022年公開!!!

 アニメ「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインなどを担当した安彦良和さんが監督を務める劇場版アニメ「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」が制作され、2022年に公開されることが9月15日、分かった。「ククルス・ドアンの島」は、1979年に放送された「機動戦士ガンダム」の第15話のエピソードで、主人公のアムロ・レイが敵対するジオン軍の脱走兵ドアンとの交流を通じて、戦争の哀愁が描かれた。劇場版では第15話を改めて描くという。

出典:mantan-web.jp

最初、冗談かと思ったら本当だった(笑)。
2022年公開ですから、すぐですね。もう制作中かと思われます。
でも、ファースト・ガンダムの本筋から離れた、この番外編みたいなエピソードを選んだのは悪くない。南の孤島を舞台したところなど、同じく安彦良和監督『巨神ゴーグ』(1984年テレビ放送)を思い出す。
では、その「機動戦士ガンダム」第15話『ククルス・ドアンの島』とはどんなストーリーだったのでしょうか?

スポンサーリンク

【1979年放送】「機動戦士ガンダム」第15話『ククルス・ドアンの島』とは…?

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

作画崩壊で有名とか言われるけど、そこまでじゃないぞ(笑)。僕なんて、この話のみに登場する緑色の髪の少女ロラン、作画も含めてかなり好き。
ロランさんという美少女も登場するんですね。
あらすじ:第15話「ククルス・ドアンの島」

連邦空軍からの緊急信号を受けて、訓練中のアムロはコア・ファイターで近くの島へと向かった。不時着した戦闘機の中にシートに縛りつけられた瀕死のパイロットを発見したアムロは、応急手当を施す。すると兵士に敵意を抱く3人の子どもが現れ、ドアンと呼ばれる男がザクで近づいてきた。コア・ファイターで抗戦を試みるアムロだたが、ザクに撃墜されて傷ついてしまう。目ざめたアムロの側には、ロランと名乗る少女がいた。最初は彼女にも反発を感じたアムロだったが、次第にドアンに興味を抱いていく。実はドアンはジオン軍の脱走兵であった。追っ手におびえながら子どもたちを育て、防衛用の武器を奪っていたのだ。接近するジオン軍をホワイトベースがキャッチし、帰還に成功したアムロはガンダムで再出撃する。それを制止し、ザク同士の格闘戦をアムロに見せつけるドアン。子どもたちの親を殺して以来、彼は罪の意識に囚われていたのだ。ザクは倒せても、追撃の影に悩むドアンを見て、アムロはドアンのザクを投げつけ海中へと沈める。それは彼に染みついた戦いの匂いを消すためであった……。

出典:www.gundam.jp

コア・ファイターに搭乗したアムロ・レイは、リュウ・ホセイらが乗ったガンペリーから、ガンダム本体との空中換装の訓練中だった。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

連邦空軍からの緊急信号が入り、アムロはコア・ファイターで現場へと向かうことに。コア・ファイターがBパーツから射出される姿に、「ガンダムのこんな姿は見たくもないな」とリュウ。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

ある意味、ガンダム・パーツとコア・ファイターのギミックがきちんと描かれた回でもあり、それは最終回への伏線ともいえる(?)。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

アムロが島に到着すると、カツ・レツ・キッカみたいな子どもたちから、石を投げられ敵意を示される。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

そこに現れたのが、ザクに搭乗したこの回の主役ククルス・ドアン。ジオン軍の脱走兵である。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

そして、ドアン、子どもたちと共に、島で暮らすのが、この緑色の髪の美少女ロラン。マジでかわいい。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

ドアンの前で、アムロを非難する子どもたち。ドアンとロラン、子どもたちの絆は強い。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

だが…ククルス・ドアンが見ている悪夢は、過去の現実であった…。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

故意ではないにせよ、ドアンには、流れ弾で子どもたちの両親を殺してしまったという負い目があったのだ。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

そしてついに…脱走兵ドアンを追って、ジオン軍のザクが島にやってきた。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

たまたま一緒にいたアムロと子どもたちは、ドアン、ロランらと合流。ドアンはアムロに、これまで隠していたコア・ファイターの場所を教える。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

戦いを始めるドアンのザクと、ジオン軍のザク。もちろんここまでのガンダムでこんなシーンは初めてです。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

アムロも一旦ホワイトベースへと戻り、再びガンダムで島へと戻る。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

ま、若干、作画崩壊はしてますか?(笑)

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

ドアンのザクは武器を持たない。戦いはすべて素手による格闘戦だ。ドアンはアムロのガンダムを制止し、マシンガンを持ったザクに丸腰で戦いを挑む。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

自分の戦いを、アムロや子どもたちに見せるククルス・ドアンの男気。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

ま、若干、作画崩壊はしてますか?(笑)

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

しかし、最後には見事、素手で武器をもったザクを倒す、ドアンのザクであった。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

戦い終わって…。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

ザクは倒せても、追撃の影に悩むドアンを見て、アムロのとった行動は、ドアンのザクを海中へと沈めることだった。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

アムロのとった行動に、狼狽するロランと子どもたちだが、ドアンはそれを受け止めた。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

これでドアンに戦う武器はなくなったのか?

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

アムロとホワイトベースは、ククルス・ドアンの島を去る。その後、ドアンとロラン、子どもたちがどうなったかは誰も知らない。

出典:「機動戦士ガンダム」第15話ククルス・ドアンの島

ファーストガンダムのストーリー、大きな流れからは外れたサイドストーリーだが、また戦争の不条理が描かれた、多くの少年少女の心に残っているエピソードであった。ロランかわいい。
わかりましたって(苦笑)。
スポンサーリンク

【マンガ】「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」初の公式外伝コミック『機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島』(全5巻|角川コミックス・エース)

Amazonで購入

機動戦士ガンダム THE ORIGIN初の公式外伝コミック!! 宇宙世紀0079…。激化する1年戦争の最中、戦う事を放棄し、軍から脱走した男「ククルス・ドアン」。ファーストガンダムより登場するも、未だ語られることのなかった彼の過去が今、明らかに!! ‎ KADOKAWA (2017/2/25)

Amazonで購入

で、実は2017年に、安彦良和『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の公式外伝コミック『機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島』(全5巻|角川コミックス・エース)というのが出てるんだよね。
ほー。
僕もまだ読んでないが、今回の映画にも、多少関係あるのではないか?
こちらのコミックも原案は安彦良和さんですからね。おそらくなんらかの関連はあると思われます。





スポンサーリンク

【最後の自伝?】『安彦良和 マイ・バック・ページズ』で、新作アニメーションの仕事について、タイトルや具体的内容は伏せて語っているらしい!

そして、2020年に出版された、おそらく安彦良和の最後の自伝になるであろう『安彦良和 マイ・バック・ページズ』。こちらの最終章に、劇場版「ククルス・ドアンの島」のことと思われる記述があるらしい。
ほー。
実は僕もこの本、電子書籍版ですでに購入しているのだが、まだ読めていない。近日中に読んでみよう。 安彦良和は1947年12月9日生まれ、 もうすぐ74歳だぞ。おそらく本当にこれが最後の安彦ガンダムとなるだろうな。心して待つぞ!
お元気だったら、もう少しいけるんじゃないですか?(苦笑)

アニメ『機動戦士ガンダム』『クラッシャージョウ』『巨神ゴーグ』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』、漫画『アリオン』『虹色のトロツキー』『天の血脈』『乾と巽-ザバイカル戦記-』などで知られる、漫画家・アニメーターである安彦良和。そんな安彦良和が過去に過去に手掛けてきた「全仕事」を30時間を超える超ロングインタビューで語り下ろした、これぞ永久保存版。太田出版 (2020/11/26)