【エロゲー】3Dポリゴンの女体が薄暗い社内でうごめく、伝説のセクハラゲーム『総務部庶務課』(1997年)と『総務部庶務課2』(1998年)【h.m.p】

サブカル
ふと思い出す、1990年代後半のこの伝説のセクハラゲーム(苦笑)。
は?!
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:リフティング10回
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索

【伝説】3Dポリゴンの女体が薄暗い社内でうごめくセクハラゲーム『総務部庶務課』(1997年)

出典:www.suruga-ya.jp

セクハラ、パワハラは絶対ダメ!
当たり前です(苦笑)。
とはいえ…1990年代という時代はまだ、パソコン用ゲーム、ロールプレイングゲームとして、そういう男性の欲求がこうやってパッケージとして商品化されていた。もっと凄いのもあったらね『臭作』(1998年)とか。そしてこの『総務部庶務課』(1997年)は、大雑把にいうと、大手家電メーカーS&M電器に入社してきた新人OLの水野裕美を主人公の課長が教育していくというストーリー。こんな課長に憧れたら絶対ダメだぞ!
自分が昔夢中でやっていたゲームじゃないんですか?(苦笑)
薄暗い社内と、3Dポリゴンのアニメーションがなんとも淫靡な感じなんだな、これが。
そうなんですか(苦笑)。
彼女の一週間のスケジュールを組んで、適度にエッチなイベントを入れていく。あんまりやり過ぎると、彼女が退社したり、自分が解雇されたりしてゲームオーバーになっちゃう。
セクハラがバレてクビになるんですね(笑)。
絶対こんなゲームをもうやっちゃダメだぞ。やりたくとも、今ではもう入手困難だけどねー。それに今のWindowsで動かないんじゃないかな? たぶん実家にまだあるから今度試してみるか?
まだ、そーいう願望があるんですか…(冷笑)。

出典:『総務部庶務課』(1997年、h.m.p)

【楽しみが3倍?】違うタイプの3人のOLを攻略できる『総務部庶務課2』(1998年)

出典:auctions.yahoo.co.jp

たぶん一定層の支持を得ていたんだと思う。翌年には第2弾が発売されたからね。今度は女の子が3人に増えた!
違うタイプの3人のOLを攻略できるんですね。
しかし…
しかし?
残念ながら、その後は系列の作品は発表されることもなく、このジャンルも今はもうほとんど絶滅したんじゃない? このまえ、ファンザでいろいろ探してみたけど、これだという後継作品なかったもんね。巧妙なセクハラゲーム、今でも需要あると思うんだけどなあ…。いやいや、絶対セクハラ、パワハラはダメ! ゲームもダメ!
倫理的にダメです(苦笑)。

出典:auctions.yahoo.co.jp

出典:auctions.yahoo.co.jp

「h.m.p」というアダルトビデオメーカー

出典:auctions.yahoo.co.jp

これらのゲームを作っていたのは、「h.m.p」というアダルトビデオメーカー。今でもちゃんとあるよ。ゲームは作ってないっぽいけど。
え~と(検索中)…結構老舗のメーカーで、今も営業活動を活発に行われているみたいですね。

h.m.p株式会社は、1981年に創業した日本のアダルトビデオメーカー。一般向け映像ソフトの制作・販売も行う。

出典:ja.wikipedia.org

当時、ゲームをモチーフにしたと思われるアダルトビデオ『総務部庶務課』も発売された。

出典:www.hmp.jp

個人的に、昔からアニメのエロゲー、「萌え」っぽい絵のエロゲーって生理的に好きじゃなかったから、3Dのエロゲーが進化しないかなと願っていた。どこかのメーカーが、世の中のグレーな部分を最新の3Dで上手にゲームにしてくれないかなあ。でも、セクハラ、パワハラ、痴漢は絶対ダメだぞ!
なんか矛盾した発言してないですか…(苦笑)。