【NYダウ日記(2022年5月2日-6日)】やはりセル・イン・メイ?【ゆるゆる投機的行動203】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2022年5月2日-6日トレード日記だよ。やはりセル・イン・メイなのか?
今週はFOMCとパウエル会見を経て一時1000ドルを超える上昇を見せたましたが、結局翌日に全戻しです。2月末の今年最安値32200ドルが見えてきました…。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに、トレードは、IG証券ノックアウト・オプションと指数CFD取引口座を使いわけている。基本デイトレードだけど、ノックアウト・オプションはより短い時間でのトレードって感じ?
まあ、それぞれの口座の特長を活かして、上手に使い分けることができたらいいですね。

↓先週末(2022年4月25日-29日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2022年5月2日-6日)の予定。

↓今週の予想

スポンサーリンク

【5/2(月)】大引け間際の1時間で反発ラリー、3指数揃ってプラスで終了(変動幅約800ドル)【損益:プラス484pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

21時半くらいから23時半まで、米時間開始前後の大きな動きが出る前のダウで、ロング・ショートを交互にとってスキャ成功、日当分プラスアルファ確保。こういうトレードもストレス少なくていいかも。ただ少しだけ遊びでナス寝ショート。寝しなはプラスで安心してたのに起きたら朝マイナスになっていた…うーむ。
米3指数は大引け間際の1時間で反発ラリー、週明け月曜日の米市場は揃ってプラスで終了となりました。

岐阜氏と後藤氏がホントに一緒に呑んでて笑った。
なんかいいですね。

スポンサーリンク

【5/3(火)】FOMCをひかえ方向感ない(変動幅約450ドル)【損益:プラス470pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

ここ数日、日中はたまにチャートを見るだけ。トレードは21時くらいから寝るまでのノックアウト・オプションでわりと上手くいっている。ただこの日も一度負けた後にギャンブルトレードで取り返す場面があって…これがたまたま成功しているからいいが、いつかコツコツドカンとなる可能性もある。このへん課題、うーむ。
試行錯誤ですね(苦笑)。さて、いよいよこれから3日(火)・4日(水)のFOMCを通過し、6日(金)雇用統計とイベントが続きます!

スポンサーリンク

【5/4(水)】FOMCは想定通りの内容で米株急伸(ドル円は下落)、しかしデッド・キャット・バウンスか?(変動幅約1120ドル)【損益:プラス159pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

FOMCをひかえて日中はほとんど動かず。米時間開始前後にノックアウト・オプションを少しやって日当分プラスアルファ確保。その他、いくつかの口座で持っていたポジションも微益撤退しフラットにした。深夜のFOMCおよびパウエル会見では結果、1000ドル幅で急騰した模様。ショートカバーと思われる。
FOMCは想定通りの内容で、相場は急伸しました。

デッド・キャット・バウンス

株価の急落が続いている局面で、一時的に小幅ながら反発すること。
デッド・キャット、すなわち「死んだ猫」でも高いところから落とせば地面に当たって跳ね返るとの意味です。急激な下落相場で、取り立てて買い材料がないにもかかわらず短期的に株価が回復するような場面を指します。主に米国で使われている相場格言のひとつです。

出典:www.daiwa.jp

羊飼い氏も一緒だな。たまにビットコインや金も触るけど、ヤケドすることが多い。もちろん今後の相場の流れでまた変わるだろうけど、今はこれが安全。
羊飼いと同じなら安心感ありますね。

スポンサーリンク

【5/5(木)】ダウ4日ぶり、1000ドルを超える反落(変動幅約1440ドル)【損益:498pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

FOMC&パウエル会見で上昇したと思いきや、翌日すぐ下落かよ…。振り返ると、欧州時間から売りっぱなしで良かった一日。ま、個人的には最近のトレードルールを守って、米時間開始前後の2時間程度で日当分プラスアルファ確保。
前日から一転、強烈な戻り売りです。米国主要指数は前日の買い戻しのムードを完全に失った格好となりました。

スポンサーリンク

【5/6(金)】4月の雇用統計はほぼ市場予想なみ(変動幅約585ドル)【損益:???pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

しまった…。いつものように米時間開始後2時間くらいまでちゃんと利益出てたのに、調子に乗ってさらにショートし、含み損のポジションを週末持ち越しちゃったぞ。でもたぶん大丈夫でしょう。
注目の米雇用統計は、米4月雇用42.8万人増で予想上回りました。失業率3.6%で横ばいでした。米株式市場はまちまち、やや下落でしょうか。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】FOMCとパウエル会見を経て一時1000ドルを超える上昇も、結局全戻しで下落(変動幅約1670ドル)【2022年5月2日-6日】

2022年5月2日-6日の一週間(15分足チャート)

TradingView

まさにセル・イン・メイですな。
FOMCとパウエル会見を経て一時1000ドルを超える上昇を見せたましたが、結局翌日に全戻しです。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】やはりセル・イン・メイ?【2022年5月9日-13日】

2021年1月~(日足チャート)

TradingView

来週の注目はCPI(消費者物価指数)かな。来週もやはりセル・イン・メイか?
2月末の今年最安値32200ドルが見えてきました…。

最後に…投資判断に迷ったら、ELE(@eleconomics)氏を参考にしている。
投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート | GogoJungle」ですか。ほー。ふむふむ。

 | GogoJungle

関連エントリー→【ゴゴジャン】えれ氏の投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」を購入、これで爆益間違いなし!?【ゆるゆる投機的行動79】

もうひとつ。毎日ツイートを参考させていただいている、鎌田傳さんが本を出したな。これ役に立ちそう。
評判いいみたいですよ!

さらにもうひとつ、プーちゃんの単行本も発売されたぞ。
可愛いですね。
ともかく! 来週木曜日までトレード頑張って、金曜日に気持ちよく映画「シン・ウルトラマン」を観に行くのが目標。頑張るぞ!
映画「シン・ウルトラマン」は、5月13日(金)公開です!