憶病者のレバレッジ500倍取り引き【ゆるゆる投機的行動5】

なんか久しぶりのFX取引
注文ボタンを押す指がシビれたよ(笑)
これまで何回退場してるんですか・・・(苦笑)
今回の挑戦は慎重にお願いしますよ!

【前回】ゆるゆる投機的行動4→
Titan FXの取引環境、MT4インストール、日本時間との時差などについて~【ゆるゆる投機的行動4】

【前々回】ゆるゆる投機的行動3→海外FXに挑む【ゆるゆる投機的行動3】

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

憶病者のレバレッジ500倍取り引き

海外FXのレバレッジが500倍だからって、別にビビる必要はないんだよ
本当ですか・・・
だって日本のFX会社は25倍ですから、その20倍ですよ?
チャンスも20倍だけど、危険も20倍じゃないですか?
そういう表現はよくないなあ・・・
全力で玉砕するんなら、チャンスも20倍、危険も20倍だけど、そうじゃないから
レバレッジが大きいとどういうメリットがあるんですか?
レバレッジが大きいと、資金が少ない人でも、大きい資金を持っている人と同様に、余裕を持った取引ができるんだよ
つまり、少額から買うことができるので、もしもの時のリスク管理もしやすい
へー
チャンスも20倍だけど危険も20倍というんじゃなくて、資金2万円でも資金40万円の人と同じ危機管理ができると考えた方がいいね
FXにしても株にしても、資金を持っている人の方が、取引に有利なのはなんとなくわかります
そういうことだよ
レバレッジが大きい方が、ゆとりをもって取引ができる

レバレッジ500倍なら、初心者も資金2万円で十分戦える!

【Q】取引にあたり、最低証拠金額はいくらですか?

【A】弊社では、初回の証拠金入金額を200USD相当とさせていただいております。

出典:titanfx.com

Titan FXは最低2万円入金してからのスタートだね
200USD相当だから、ざっくり日本円で2万でいいみたいよ
そして、海外FX初心者は2万円でも十分戦える!
その根拠は?
レバレッジ25倍の国内FXでは、僕の経験上、やっぱり10万円くらいは入金して戦わないと厳しい
だけど、さっきも言ったように、レバレッジ500倍なら資金2万円でも、国内FXの資金40万円と同じように戦えるんだよ
MT4のデモはちょっとやましたけど、リアル口座での1回の取引がどのくらいの単位なのか、まだピンときてないんですよね・・・
まずは実際に注文する際の単位を確認しておこう
1枚とか、1本とか、1ロットとか・・・違いはあるんですか?

海外FXの取引通貨単位1ロットは10万通貨

海外FXは、1ロットが10万通貨だよ
10万通貨ってなんか多そうですね
でも、レバレッジ500倍だから買えるってことですか?
ま、ちょっと聞いてくれ
取引通貨単位が日本と違うだよね、日本のFX会社の場合は、だいたい1万通貨だもんね
だから、ネットなんかでみんなが1枚とか1本とか言ってるときは、1万通貨を指していると思っていい
【日本のFX会社】

1枚=1本=10000通貨(1万通貨)

【海外FX】

1ロット=100000通貨(10万通貨)

でも、海外FXが必ず1ロット単位で注文しなきゃいけないってことじゃないからね
そうですよね・・・
Titan FXは、最小「0.01ロット/ 1000通貨」から注文できる
ということは、いくらくらい資金があればいいんでしょうか?

Titan FXは、最小「0.01ロット/ 1000通貨」から注文できる~資金2万円なら、0.01ロットで100回(ドル円100.00の場合)注文できる

【Q】最小および最大取引量はいくらですか?

【A】Titan FXではマイクロロット(0.01ロット/ 1000通貨) から、100 ロット/ 10,000,000通貨までお取引頂けます。

出典:titanfx.com

Titan FXは、最小「0.01ロット/ 1000通貨」から注文できる
最小「0.01ロット/ 1000通貨」ですか
ざっくり「0.01ロット/ 1000通貨」で取引する際のシミュレーションをしてみよう
はい
ドル円が「100.00」の場合、2万円で、0.01ロット× 100(=1.00ロット) 買うことができる
実際には今、「110.00」(2017年9月現在)くらいだから、0.01ロット× 90(=0.90ロット)買うことができる
つまり、0.01ロットだと、かなり小回りのきく買い方や売り方ができるんだよ
小回りがきいた方がやりやすいですか?
そりゃそうだよ
例えば日本のFX会社を使って、少ない資金2万とか3万で取引すると、レバレッジ25倍ではやっと1枚(1万通貨)しか買えない
すると、それを売るまで次の動きができないし、ぎりぎりでやってるから、ちょっと予想に反する動きになっただけでロスカットされちゃうからね
ロスカット
ロスカットとは?

ロスカットは損失の拡大を防ぐ手段
ロスカットは、損失の拡大を防ぐための強制決済方法。損失は出てしまいますが、原則として最低限の資金は温存されます。

出典:www.gaitame.com

でも、資金2万円でも、レバレッジ500倍で1000通貨から売買できる海外FXだったら、慎重に少しずつ買いを入れていったり、利益を少しずつ確定していったりとか、いろんな事ができるし、用心深く買っていれば、ある程度予想に反した動きになっても持ちこたえることもできるからね
さらに、もしものときもゼロカットだから、入金した分の資金が無くなることはあっても、追証が発生しないんですよね
そうらしいよ、やつらが言うには
やつらが言うには・・・って
まあ、とりあえず信じよう(笑)
さて!ここからが大切
「0.01ロット/ 1000通貨」で取引をして、どのくらいの利益になるかというと・・・
どんなもんですか?

pips(ピプス)って何?~異なる通貨でも比べやすくする単位

利益について語るときは、pips(ピプス)という単位を覚えておくといい
pips(ピプス)って何ですか?
え~と(検索中)・・・
何ですかと聞きつつ、自分で調べるのが君の偉いところだね(笑)
クロス円の通貨ペアだったら「1pips=1銭」

 よく使われるのが「今日はドル円で50pipsの利益だったよ~♪」なんて言い方。これは50銭幅の利益を取れましたということ。なぜ「銭」を使わずに「pips」を使うかというと、異なる通貨でも比べやすくするためだ。1ドル100円15銭だったら、15銭の5の部分の単位が「pips」。1ユーロ1.3325ドルだったら、最後の5の部分の単位がpipになる。クロス円の通貨ペアだったら「1pips=1銭」だし、ユーロ/米ドルや豪ドル/米ドルのように米ドルが後ろにくる通貨ペアだったら「1pips=0.01セント」だ。

 ということは「pipは為替レートの最後のケタ」と覚えておけばいいかというと、最近はそうもいかないのが面倒なところ。為替レートを0.1銭単位の「下3ケタ」(外貨同士の通貨ペアなどの場合、下5ケタ)まで表示するFX会社が増えているのだ。最初は戸惑うかもしれないが、取引しているうちに慣れてくるので心配はいらない。

出典:zai.diamond.jp

これから扱う通貨ペアも、資金の量も変化するだろうから、pips(ピプス)で考えるとシンプルだよ
そうですね
pips(ピプス)ですね
さて、ドル円(USDJPY)が「100.00」の時に、「0.01ロット/ 1000通貨」買った(BUY)とすると、1円円安になると(100.00→101.00)、1000円儲け
だから、この場合は1ピプス10円の儲けということだね
「0.01ロット/ 1000通貨」単位で1ピプス10円ということは、「1ロット/100,000通貨」なら1ピプス1000円ということですね
そう、「100 ロット/ 10,000,000通貨」なら1ピプス10万円だよ
近い将来、そのレベルまで到達できるだろうか・・・?
近い将来?
ぼちぼちいきましょうよ・・・

リスクの許容範囲を見極める

なんとなく、売買のボリューム感がわかってくれたかな?
なんとなく(笑)
日本のFX会社でも1万通貨単位じゃなくて1000通貨単位で取引できるところもある
さっきも言ったけど、日本のFX会社で40万~50万くらいを資金に1000通貨でやる感覚と、海外FX2万円を資金に「0.01ロット/ 1000通貨」単位でやる取引の感覚が一緒だね
海外FXはずいぶん気軽に始めることができますね
興奮して一気に0.1ロット単位で取引しなければ、デモじゃなくてリアルマネーで、かなりいろんな買い方を試せると思うよ
ちなみに、リアルマネーでやった方が早く上達すると思うよ
カラダで痺れる感覚を覚えるからね
痺れる感覚・・・やっぱり怖いなあ
僕もまだ自分の形があるわけじゃないから、このリスクの許容範囲を守って、今度こそ自分のスタイルを完成するぞ!(笑)
最低入金額の2万円で始める場合は、当面「0.01ロット/ 1000通貨」単位での注文を厳守ですね
うん
1円2円単位の恐ろしい暴騰暴落じゃないかぎりは、ナンピンも0.01ロット×10回くらいはいいんじゃない?
ナンピン・・・ですか?
ナンピンという、痺れるような魔の誘惑があるんだよ(笑)
ナンピンについては、また近いうちに!