「【幻の日本酒】今、万感の思いを込めて・・・廃校跡地に復活した美少年でラベル作り!」くまとR子の子育て日記(187日目)

子育て日記
スポンサーリンク
今、万感の思いを込めて・・・(泣)
泣かなくていいでしょ(笑)
ぱぱ、なくなよ
ばーぶー

出典:www.makuake.com

☆☆☆☆☆
2018年、くま(49歳)とR子(42歳)の子育て日記です。
第一子むーちゃん(♀)は4歳、そして、第二子たろー(♂)は1歳になります。
高齢出産、高齢子育て・・・引き続き、が、頑張ります。
☆☆☆☆☆
じいじばあばの金婚式のお祝いにオリジナルラベルの日本酒を贈るため、株式会社美少年に行ってきました。
日本酒『美少年』と言えば・・・?
☆☆☆☆☆

【幻の日本酒】今、万感の思いを込めて・・・

映画「銀河鉄道999」にも登場した日本酒「美少年」~トチローとの名シーン

出典:映画「銀河鉄道999」

日本酒『美少年』といえば、松本零士のマンガに出てくることでも有名
「銀河鉄道999」「キャプテン・ハーロック」・・・(涙)
『美少年』はパパも思い入れのある銘柄なのね(笑)

実は松本と「美少年」の付き合いは古く、「30代の頃に描いたマンガやアニメのキャラに『美少年』ってお酒を持たせていてね。『美少年』(という酒)が本当にあるとは知らなかったんだけど、あるとき看板を見て、存在する商品を勝手に使ってしまったと気づいて『ヤバイ!』と。腰が抜けるとはこのこと」と松本は当時を述懐。「社長にお詫びの電話を入れたら『かまわないよ』と言っていただけてね。それから(当時松本零士作品を制作していた)東映アニメーションに『美少年』の箱が山のように送られてきて、みんなで山分けして飲んだ」とエピソードを披露した。

出典:natalie.mu

よいエピソード!
へー
ちなみに僕も東京時代、いろんな居酒屋で『美少年』を注文して飲んだ
どの日本酒か迷うとつい、『美少年』って言っちゃう
なにせ『美少年』、名前が強いよね
そうなの?
『美少年』は熊本発、全国区のブランドなのね
いけめんのおさけ?
ばーぶー

2016年から、松本零士氏とのコラボも実現!

出典:natalie.mu

株式会社美少年の受付には、松本零士大先生の色紙も掲示されていた!

一度は消えた幻の日本酒『美少年』~城南町から菊池へ

いずれ美少年の酒蔵を訪ねてみたかったけど・・・
美少年はここ数年、破産・譲渡・被災とバタバタしていたからね
城南町から菊池に移ったのよね
日本酒「美少年」を製造していた「火の国酒造」(旧・美少年酒造)が破産

日本酒「美少年」を製造していた「火の国酒造」は、「美少年酒造」という名称で明治12年に創業。ピーク時の平成8年には25億円超の年商があった。しかし日本酒そのもののの客離れや同社が「事故米」を仕入れていたことをめぐる信用問題などが起きて、売上げが半減するなど経営が悪化。21年に熊本地裁に負債総額19億円で民事再生法の適用を申請した。
その後、支援企業が決まったことで、現在の社名に変更して再建に取り組んだが、打開できず、25年5月に直接関係がない会社「美少年」(熊本県菊池市)に事業を譲渡。今年5月2日に破産申請し、5月20日に破産開始の決定を受けていた。

出典:www.huffingtonpost.jp

城南町の火の国酒造(旧・美少年酒造)跡地は現在、廃棄物リサイクル業者が・・・

出典:www.google.co.jp

熊本県民としては「美少年」ブランドが残ってくれてよかったけど・・・地域の象徴を失った城南町の人は寂しいだろうね
そうなの?
そりゃそうでしょう
お酒の味は変わっていないのかしら?
大きな専用の機械なんかも城南町から持ってきて今も稼働しているみたいだし、継承すべきところは継承しているんじゃない?
ただ、熊本地震で日本酒に大切な「麹(こうじ)」が被害を受けたらしい
あらら
しかし、今の場所も美しい水に恵まれた菊池渓谷のすぐ近く
熊本の場所は違えど、また新しい水で新しい「美少年」に生まれ変わることでしょう
そうよね
ママだけ試飲したけどどう?美味しかった?
「美少年」美味しかったよ
パパはいつも運転ありがとう
まま、よっぱらったんじゃない?
ばーぶー

菊池市中心部から菊池渓谷方面へクルマで15分くらい

まさか廃校跡地で、美少年が作られていたとは!

菊池市立水源小学校は2013年(平成25年)に廃校になった

受付で試飲できる

ボトルを落とさないように!

蔵見学させていただきました

城南町で日本酒を作っていた専用の大きな機械も稼働しているという

小学校跡地ということで・・・懐かしの下駄箱

懐かしの小学校の椅子

懐かしの手洗い場

懐かしの校舎の裏側

体育館が倉庫になっているみたい

とりあえずぶら下がりたくなるよね

金婚式のお祝いに・・・美少年でラベル作り!

目的のオリジナルラベルも完成!
なかなかいいんじゃない?
ここ数年、ぼくらは熊本県内の新酒まつりを巡った
今回美少年も初見学して、これで大方の酒蔵は訪問したよね

関連エントリー→「まだまだ間に合う?2018年熊本の新酒まつり・酒蔵まつり(過去3年分の日程一覧)」くまとR子の子育て日記(147日目)

美少年は新酒まつりをやってないのよね
案内してくれたお姉さんに聞いたら、開催の意向はあるらしく、関係各所へ調整は続いているらしいわよ
次回は新酒まつりでぜひお邪魔したいね
ぜひ!
よかったね、まま
ばーぶー

オリジナルラベルが完成

これは買っちゃうでしょ・・・自分用にハーロックの「美少年」を購入

関連エントリー→「負けると分かっていても戦わなくてはならない時がある」~銀河鉄道999のキャプテン・ハーロックこそ最高のハーロック!

江戸時代から受け継がれる技術

平成25年8月に私どもが、火の国酒造株式会社から譲り受けました酒造事業。
その代表的な銘柄である“美少年”には江戸時代から続く長い酒造りの歴史があります。

宝暦2年 (1752年)、肥後熊本藩六代藩主であり、紀州藩九代藩主・徳川治貞と
「紀州の麒麟、肥後の鳳凰」と並び称された名君・細川重賢公(霊感公)より命を受けた蔵人が、
肥後国隈庄(現:熊本市南区城南町)で酒造りを始めたことに由来します。

大正9年(1920年)に、清酒“美少年”を発売。
九州を代表する清酒銘柄として、全国の皆様にご愛飲頂いてまいりました。
銘柄の由来ですが、唐の詩人である杜甫の「飲中八仙歌」に登場する酒豪の1人
崔宗之にちなんで“美少年”と名づけたとのことです。

出典:bishonen.jp

〒861-1442 熊本県菊池市四町分兎原1030