第1065回 toto(1/19,20)のオカルト予想 「【海外版toto】2019年のtoto初め、繰越金も発生中!ライプツィヒvsドルトムントは波乱を狙う」

サッカー(オカルト予想)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
えー、アジアカップも今のところ微妙な感じだが、本年最初のtoto初め、行ってみよう!

※【追記(2019/01/18 6:58)】この後、グループリーグを1位通過しました。^^;

微妙って・・・(苦笑)

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
1月のtotoは今回1回のみ、2月以降のtotoスケジュールはまだ発表されていないが・・・Jリーグが2/22(金)から開幕なので、2月は数回海外版totoが開催された後、2/23(土)の週から国内totoが始まる予定と思われる

※2019年1月17日17時現在 出典:sport-kuji.toto-dream.com

では、まずは年末の第1062回 toto(12/22,23)の反省会からです
スポンサーリンク

まずは反省会~第1062回 toto(12/22,23)

関連エントリー→第1062回 toto(12/22,23)のオカルト予想 「【海外版toto】海外サッカーはやはり順当予想がベストか? 監督交代で流れが変わりそうなサウサンプトンに期待する」

順当予想で勝負したけど、波乱だったね(苦笑)
え~と(検索中)、第1062回 toto(12/22,23)は、1等なし、2等567,521円、3等12,570円 ・・・という結果です

出典:www.toto-dream.com

波乱要因は火を見るよりも明らか
上位のチェルシー、マンCが、ホーム戦でアウェイのレスターとクリスタルにそれぞれ敗れてしまったという・・・
そうでなければ、かなり順当な結果に終わっていました
反省終わり!
では、toto初め、行ってみよう!
繰越金発生中だぞー
モチベーションが上がりますね
スポンサーリンク

1分でわかる!リーグ戦の状況まとめ

ブンデスリーガもプレミアリーグも、いよいよリーグ後半戦だね
ブンデスリーガは年末に前半戦が終了し、ちょうど今週末の試合からウィンターブレイク明けの初戦、後半戦がスタートします
一方、年末年始も試合が行われていたプレミアリーグはすでに後半戦に突入している状況です
ブンデスはドルトムント、プレミアリーグはリヴァプールが首位だったよね
では、順位表と状況をブンデスリーガから確認しておきましょう

ブンデスリーガの最新の順位表
ブンデスリーガ | 順位表 | シーズン 2018/2019

ドルトムント、香川が活躍してないところは残念だけど、監督や選手が大幅に入れ替わったにもかかわらず首位を走っている
ロイスが活躍しているようだね
ブンデスリーガの後半戦の展望はこちらです

ブンデスリーガに異変?ドルトムントが前半戦王者で“退屈”な覇権争いに終止符

2018.12.28 17:40
ウィンターブレークのあるブンデスリーガは、他国よりひと足早く前半戦を終了。順位表を見れば。小さくない驚きを得ることができる。大幅なメンバーの入れ替えがあったドルトムントが首位、そして戦力を維持し、新監督を迎えたバイエルンが2位。ドルトムントがバイエルンの7連覇を阻止すべく、後半戦は一騎打ちか…。

(中略)

ブンデスリーガ54年の歴史を紐解けば、ヘルプストマイスターがそのままリーグ制覇する確率は68.5%。7年連続でこの称号を手にしていたバイエルンを退け、首位で年越しを迎えるドルトムントに話を限定すれば、その数値は100%まで跳ね上がる。過去3回(1994-95、95-96、2010-11)の内、一度もマイスターシャーレを逃さなかった歴史の再現なるか注目だ。ちなみに、大手ブックメーカー『ウィリアムヒル』の優勝オッズでは、ドルトムントが1.73倍でトップに浮上している。

ドルトムントの戴冠を阻むとすれば、同オッズで2位(2.10倍)のバイエルンがやはり有力。前半戦のラストゲームで、ヴォルフスブルクとともに躍進チームとなったフランクフルト(ヨーロッパリーグでドイツ勢初となるグループステージ全勝の快挙も達成)に3-0の完勝を収め、3ポイントを得ると同時に失いかけていた自信も取り戻した。ただ、安定感抜群のドルトムントを捉えるための“決定打”に欠けるのは確か。負傷者に泣かされた前半戦の反省を踏まえ、1月にオープンする移籍市場での補強は必須だろう。

優勝争いはドルトムントとバイエルンによる一騎打ちの様相を呈しそうだが、そうした戦前の予想がアテにならなかったのが前半戦だった。グラードバッハを絡めた三つ巴のバトル勃発や、ヨーロッパリーグ敗退決定で国内一本に集中できるうえ、姉妹クラブのレッドブル・ザルツブルクから引き抜く“得意技”で逸材アマドゥ・ハイダラを手に入れたRBライプツィヒがビッグサプライズを提供する可能性も否定できない。いずれにせよ、バイエルンが早い段階で独走態勢に入った近年の“退屈”な覇権争いにはならないはずだ。

出典:www.goal.com

こちらも参考になります→ブンデスリーガ全18チーム前半戦総括

ドルトムントとバイエルンによる一騎打ちか?
ボルシア・メンヘングラードバッハとRBライプツィヒが食い込んでくるかもしれません
日本人目線だと・・・
長谷部と大迫は引き続き活躍してくれるでしょう
原口、浅野、久保らは微妙だけど、宇佐美には期待できそう
香川は早く次の活躍場所が見つかってほしいね
日本人選手に対する大雑把な寸評でした(苦笑)
次はプレミアリーグです

プレミアリーグの最新の順位表
Premier League Table, Form Guide & Season Archives

リバプールを追うマンC
ブンデスリーガと似た構図だね
プレミアリーグの後半戦の展望はこちらです

リバプールが無敗で折り返し、シティ&トッテナムが猛追

2019.01.10 18:00 Thu
【後半戦展望】※勝ち点と順位は第19節終了時点のもの
首位を走るリバプールの背後にピタリとつけていたシティが前半戦最後に2連敗を喫してしまったことでシーズン折り返しの地点で、首位リバプール(勝ち点51※)と2位のトッテナム(勝ち点45)の差は「6」となった。シティ(勝ち点44)は連敗が響いて3位に。

後半戦もリバプールを中心に回ることは間違いない。格下相手に取りこぼすことがほとんど期待できないため、トッテナムやシティは直接対決で勝ち点を詰めていくしかない。また、各チームの日程に注目すると、リバプールはすでに国内カップ戦で敗れているため、トッテナムやシティよりも疲労の蓄積は少ない。トッテナムはEFLカップではチェルシーとのビッグマッチが控えているうえ、主力のFWソン・フンミンがアジアカップ参加による一時離脱を余儀なくされてしまうため、厳しい状況となる。

これら3クラブとはやや差の開いたチェルシー(勝ち点40)は、CL出場圏内の4位をキープしつつ、上位との差を埋めていきたい。5位のアーセナル(勝ち点38)も同様で、これ以上の取りこぼしは許されない。6位に沈むユナイテッド(勝ち点37)はこれからが地力の見せ所だ。連勝スタートを切ったスールシャール監督の下、どこまで勝ち点を積み上げられるか。

残留争いでは、最下位のハダースフィールド(勝ち点10)から16位のサウサンプトン(勝ち点15)まで、勝ち点差「5」の間で5チームがひしめき合っている。19位のフルアム(勝ち点11)はラニエリ新監督がどこまでチームを建て直せるかにかかっている。18位のバーンリー(勝ち点12)は堅守速攻が機能した昨季の7位躍進が見る影もなく、ショーン・ダイク監督は後半戦序盤が正念場となりそうだ。

出典:web.ultra-soccer.jp

上位の強豪、直接対決の結果如何がリーグの行方を占うか?
さっそく今週末にぶつかるチームもありますよ
そして、日本人の状況・・・
吉田麻也はそれなりの地位をチームで確立している様子
武藤も後半戦へ向け期待が持てる
岡崎は次の活躍の場所がはっきりするといいね
そしてちょっと驚きのニュースが入ってきました・・・五輪代表DF板倉滉選手、プレミア王者マンCへ完全移籍です!
ただし、しばらくはレンタルでオランダに行くようですが
すげーなあ

スポンサーリンク

第1065回 toto(1/19,20)オカルト予想

オカルト予想とは・・・

非科学的なものを根拠に、常識にとらわれない自由な視座から、勝敗を分析して行う予想のこと。

くまちゃんのオカルト予想のルールと手順

1. 300円(3口)で予想する
2. 対象試合13試合のうち1試合は勝ち・分け・負けのすべてを買う
※全部買いを「ジョーカー」と呼ぶ
3. 投票率をベースにし、その中から波乱(または引き分け)のカードを数試合選ぶという手順で行う

Club totoの購入画面

当選金額予想

年末最後の第1062回 toto(12/22,23)は波乱だったものの、引き続き、海外版totoに関しては順当予想で行こう
引き分け3つのオーソドックスな予想ですね
スポンサーリンク

第1065回 toto(1/19,20)オカルト予想のポイント~【海外版toto】2019年のtoto初め、繰越金も発生中!ライプツィヒvsドルトムントは波乱を狙う

リヴァプールとマンチェスターシティが圧倒的に投票を集めている
ここをどう見るか?
第1062回 toto(12/22,23)はこのパターンで波乱となっています
ポイントはこちら!

参考:各チームの略称については、toto公式サイトの表記に準じています。→チーム略称

ライプツィvsドルト→[予想] 全部買い

4位のライプツィヒがホームで首位を止めることができるか?全部買いで波乱も狙う。

レヴァーvsメンヘン→[予想] メンヘン勝ち

ホームのバイヤー・レヴァークーゼン(9位)に投票は集まるが、過去対戦は6勝4分7敗(レヴァーホーム時は3勝2分3敗)と五分。ふつうに上位のボルシア・メンヘングラードバッハ(3位)の勝利と予想する。

アーセナルvsチェルシー→[予想] 引き分け

アーセナル(5位)とチェルシー(4位)の対決、上位戦線に生き残るのはどちらか?アーセナルホームでは2勝4分2敗と引き分けも多い。今回も引き分けと予想する。

リヴァプvsクリスタル→[予想] リヴァプ勝利

マンUvsブライトン→[予想] マンU勝利

toto対象試合の12試合目と13試合目は、ホームチームに圧倒的に投票が集まる(アウェイ投票10%以下!)。この2試合は鉄板とも波乱要因ともなりえるが、今回は素直に鉄板とする。

参考:www.toto-dream.com※データ(過去の対戦実績)は2004年以降のリーグ戦が対象です

やっぱ繰越金も発生しているし、今回はリヴァプールとマンチェスターシティは鉄板予想で狙おう
1等100万くらいで十分うれしい
意外と100万円くらいの順当な結果って少ないですよね
そして、ブンデスリーガは、4位ライプツィヒがホームに首位ドルトムントを迎える一戦が注目だね
ここは全部買いで波乱を狙う
くまちゃんの買い目、ここで波乱がくれば600万円クラスの可能性も出てきます
捕らぬ狸の皮算用ですが(笑)
スポンサーリンク

話題:2019明治安田生命Jリーグ ホーム開幕カード決定!

とりあえず、開幕カードが発表されたね
2月22日(金)セレッソ大阪vsヴィッセル神戸(ヤンマー)から今年のJリーグがスタートします

【J1リーグ】
■第1節
2月22日(金)
セレッソ大阪vsヴィッセル神戸(ヤンマー)
2月23日(土)
ベガルタ仙台vs浦和レッズ(ユアスタ)
鹿島アントラーズvs大分トリニータ(カシマ)
川崎フロンターレvsFC東京(等々力)
湘南ベルマーレvs北海道コンサドーレ札幌(BMWス)
ジュビロ磐田vs松本山雅FC(ヤマハ)
ガンバ大阪vs横浜F・マリノス(パナスタ)
サンフレッチェ広島vs清水エスパルス(Eスタ)
サガン鳥栖vs名古屋グランパス(鳥栖)

■第2節
3月2日(土)
浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌(埼玉)
横浜F・マリノスvsベガルタ仙台(日産ス)
清水エスパルスvsガンバ大阪(アイスタ)
名古屋グランパスvsセレッソ大阪(パロ瑞穂)
ヴィッセル神戸vsサガン鳥栖(ノエスタ)
大分トリニータvs松本山雅FC(大銀ド)

■第3節
3月9日(土)
北海道コンサドーレ札幌vs清水エスパルス(札幌ド)
松本山雅FCvs浦和レッズ(サンアル)
3月10日(日)
FC東京vsサガン鳥栖(味スタ)

【J2リーグ】
■第1節
2月24日(日)
栃木SCvsツエーゲン金沢(栃木グ)
大宮アルディージャvsヴァンフォーレ甲府(NACK)
FC町田ゼルビアvs東京ヴェルディ(町田)
FC岐阜vsモンテディオ山形(長良川)
京都サンガvsアルビレックス新潟(西京極)
ファジアーノ岡山vs水戸ホーリーホック(Cスタ)
レノファ山口vs柏レイソル(みらスタ)
愛媛FCvsジェフユナイテッド千葉(ニンスタ)
V・ファーレン長崎vs横浜FC(トラスタ)
鹿児島ユナイテッドvs徳島ヴォルティス(白波スタ)
FC琉球vsアビスパ福岡(タピスタ)

■第2節
3月2日(土)
柏レイソルvs町田ゼルビア(三協F柏)
アビスパ福岡vsV・ファーレン長崎(博多陸)
3月3日(日)
水戸ホーリーホックvs栃木SC(Ksスタ)
ジェフユナイテッド千葉vsアルビレックス新潟(フクアリ)
横浜FCvsモンテディオ山形(ニッパツ)
徳島ヴォルティスvsFC岐阜(鳴門大塚)

■第3節
3月9日(土)
東京ヴェルディvsツエーゲン金沢(味スタ)
アルビレックス新潟vs柏レイソル(デンカS)

■第4節
3月17日(日)
モンテディオ山形vs大宮アルディージャ(NDスタ)
ヴァンフォーレ甲府vsV・ファーレン長崎(中銀スタ)
ツエーゲン金沢vs町田ゼルビア(石川西部)

【J3リーグ】
■第1節
3月9日(土)
藤枝MYFCvs福島ユナイテッド(藤枝サ)
3月10日(日)
ザスパクサツ群馬vsブラウブリッツ秋田(正田スタ)
Y.S.C.C.横浜vsガイナーレ鳥取(ニッパツ)
SC相模原vsカターレ富山(ギオンス)
カマタマーレ讃岐vsいわてグルージャ盛岡(ピカスタ)
ギラヴァンツ北九州vsFC東京U-23(ミクスタ)
ロアッソ熊本vsAC長野パルセイロ(えがおS)
ガンバ大阪U-23vsヴァンラーレ八戸(パナスタ)
セレッソ大阪U-23vsアスルクラロ沼津(ヤンマー)

■第2節
3月16日(土)
FC東京U-23vsいわてグルージャ盛岡(味フィ西)
3月17日(日)
AC長野パルセイロvsヴァンラーレ八戸(長野U)
カターレ富山vs福島ユナイテッドFC(富山)
アスルクラロ沼津vsガンバ大阪U-23(愛鷹)
ガイナーレ鳥取vsギラヴァンツ北九州(とりスタ)

■第3節
3月24日(日)
ヴァンラーレ八戸vsY.S.C.C.横浜(ダイスタ)
いわてグルージャ盛岡vsブラウブリッツ秋田(いわスタ)
福島ユナイテッドvsアスルクラロ沼津(とうスタ)

■第4節
3月31日(日)
ブラウブリッツ秋田vsAC長野パルセイロ(秋田陸)

出典:www.jleague.jp

今年は少しさびしいが、我々の地元ロアッソ熊本の初戦は、3月10日(日)ロアッソ熊本vsAC長野パルセイロ(えがおS)だね
J3は開幕がちょっと遅いですね
・・・そろそろサッカー雑誌買って研究するか
え~と(検索中)・・・そろそろ新体制の特集号が出てますよ!