「七分咲きくらい?水前寺まつり2019」くまとR子の子育て日記(285日目)

子育て日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
五分咲き、いや七分咲きくらいか?
そうね。まだ満開じゃなかったね。
☆☆☆☆☆
2019年、くま(50歳)とR子(43歳)の子育て日記です。
第一子むーちゃん(♀)は5歳、そして、第二子たろー(♂)は2歳になります。
高齢出産、高齢子育て・・・引き続き、が、頑張ります。
☆☆☆☆☆
「水前寺まつり2019」に行ってきました。
水前寺成趣園はこの日無料開園です。陽の差し出した午後から行ってきたのですが、水前寺公園界隈の桜は、まだ満開にはもう少しといったところでした。
☆☆☆☆☆
スポンサーリンク

水前寺成趣園、無料開園

なんか無料の時ばっかり行ってるよね(笑)。
当たり前でしょ。
すいぜんじこうえんは、おしょうがつにもいったよ。

関連エントリー→「【初詣】出水神社(熊本市中央区)でお参り、水前寺成趣園の羽子板で遊ぶ長閑なお正月」くまとR子の子育て日記(250日目)

あんま。

※現在の語彙「まま」「あんぱ(アンパンマンのこと)」「あんにゃ(バイキンマンのこと)」「にゃー(キティちゃんまたはサンリオキャラのこと)」「あけて(お菓子の袋を開けてほしいときなど)」「ばーば」「じじ」「ぎぎ(うさぎのこと)」、そしてやっと最近「ぱぱ」

スポンサーリンク

七分咲きくらい?水前寺まつり2019

五分咲き、いや七分咲きくらいか?
そうね。まだ満開じゃなかったね。
でも、天気も良くて、実に清々しい一日だったね。
子どもたちも楽しんでくれたみたいね。
いがいとたのしかったよ。

※最初は遊具のある公園に行きたいと駄々をこねてましたが、意外と楽しかったそうです。

ぱぱぱぱ。

いこいの広場では、縁日や伝承遊びが。ここが一番子どもが楽しめるスポットでした。

まずは真っ先にふわふわ「それゆけダックス」。1回50円で良心的な値段でした。

伝承遊び、「風車」を作りました。

修復されたばかりの「富士築山」。

 熊本地震で頂上が陥没した水前寺成趣園(熊本市中央区)の「富士築山」の修復工事が21日完了し、従来の美しい姿を取り戻した。

 富士築山は同園のシンボルで高さ8・5メートル。地震で頂上が約60センチ低くなった。

(中略)

 同神社の岩田徹宮司(71)は「築山は成趣園の目玉のような存在。以前の姿を取り戻せてほっとした」と話している。(高橋俊啓)

出典:kumanichi.com

鼻水垂らしながらも、元気なたろー様でした。

まだ満開とまではいきませんでしたが・・・。

能楽殿付近の桜がなかなか見ごろに近かったと思います。

市総合体育館電停前の水前寺江津湖公園会場では、ステージと物産販売をやってました。

古今伝授の間で「子ども古今伝授」を少し見ていたのですが、ステージの方からのNOSANオールスターズの大音量がちょっと「のさん」でした・・・。

NOSANオールスターズは、ステージで観てたら楽しかったと思うけどね・・・(苦笑)。

最後に、稲荷神社でちょっとお参りして帰りました。

スポンサーリンク

駐車場料金は600円(終日)でした

ちなみに、お正月の初詣の時は北入口から入って園内に無料駐車できたけど、今回、水前寺まつりでは一般車両は駐車できなかったね。
関係者しかダメなのね・・・。
園内の駐車場はダメだったけど、北入口手前の有料駐車場がタイミングよく空いていた。ここは普通車が終日600円(軽自動車500円)。周辺のコインパーキング、タイムズ水前寺公園が40分200円でしょ。1時間半くらいは滞在するだろうから、まあ、こんなもんじゃない?
小さい子がいるから、近い方がいいしね。仕方ない。
ままはいつも、けちだからねー。
いやいや、だから今回は有料駐車場に停めてもいいって、パパに言ったでしょ?
なんか最近、むーちゃんがママにつっかかってくるなあ・・・(困惑)。
まーま?