「【豪雨被害は大丈夫?】ミニ鍾乳洞もある白滝公園(五木村)は、熊本市からクルマで1時間ちょっとです」くまとR子の子育て日記(471日目)

子育て日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
五木村へ向かう途中にある、紅葉などの名所、白滝公園。ミニ鍾乳洞もあるらしいから、紅葉で混む前に見に行こう。

※2020年10月25日(日)の訪問記録です。

クルマで1時間くらい?
☆☆☆☆☆
2020年、くま(50歳)とR子(44歳)の子育て日記です。
第一子むーちゃん(♀)は6歳、そして、第二子たろー(♂)は3歳になります。
高齢出産、高齢子育て・・・引き続き、が、頑張ります。
☆☆☆☆☆
五木村方面に向かう途中にある、白滝公園は熊本市からクルマで1時間ちょっとです。紅葉の季節に近くをクルマで通った際、たいへん賑わっていたのを横目で見て気になっていました。公園内にはミニ鍾乳洞もあるのですが、今年2020年7月豪雨被害の噂も聞いています。紅葉の季節で込み合う前にちょっと様子見に行ってきました。
☆☆☆☆☆
スポンサーリンク

石灰岩の断崖が壮観な白滝公園(五木村)

その切り立った石灰岩の断崖がまるで滝が流れ落ちるように見えることから、白滝公園と呼ばれるらしい。
へー。
よし!いくぞー!
ねーねー、まってー。

頭地から八代方面に至る、県道25号線途中の小鶴トンネルそばにあります。
公園の名称である白滝とは、高さ70m、幅200mの切り立った石灰岩の断崖がまるで滝が流れ落ちるように見えることにちなみます。見る者を圧倒する白い岩と、その下を流れる深いエメラルドグリーンの川との美しいコントラストが見事です。園内には吊り橋や小さな鍾乳洞があり、夏場は川遊びにやってくる家族連れや若者らも多く、隠れた穴場として知られる涼スポットです。

出典:www.vill.itsuki.lg.jp

熊本市方面から向かって、小鶴トンネルの手前に公園はあります。

県道25号線沿いに大きな看板があります。比較的新しいキレイなトイレの前に2台ほど駐車できます。

トイレの裏手にさらに5~6台程度とめられる駐車場もあります。

スポンサーリンク

【白滝公園】2020年7月豪雨で被害を受けたらしいけど大丈夫?【五木村】

Googleのコメントを見ると、白滝公園も7月豪雨の被害を受けているらしい。
鍾乳洞が大丈夫だといいね。
ほらあなたんけんにいくぞー!
こわいからやめとく。

※弟は少し臆病です・・・。

初めてきました。吊り橋を渡ってちょっと散策してみましょう。

「阿蘇神社」と書いてありました。当然、お参りします。自然災害が減りますように・・・。

入口とは別に、公園内にもトイレがありました。

もともとはバーベキューなどもできたようです。

河原へと降りる階段が激しく壊れていました。7月豪雨の被害かと思われます。かなり酷いですね・・・。

河原には流木なども散らかっていますが、水はとてもキレイです。夏場の水遊びは楽しいでしょうね。

鍾乳洞に行く前に、ちょっと遊歩道の様子を見に行くことにします。

滑らないように人工芝も敷いてありました。

ねーねー、待ってー。

ところどころ木々が赤くなってきています。11月には紅葉も見ごろとなるでしょう。

よい散策となりました。

こらこら、寝っ転がるなって!

さきほどの河原の階段もそうですが、遊歩道も豪雨の被害がかなり見受けられました。

このあたり豪雨被害が特に酷かったです(まさか熊本地震の時の被害じゃないよね?それはないか)。

スポンサーリンク

【見学可】白滝公園のミニ鍾乳洞も無事に見ることができました! ※2020年10月末現在

100円投入すると鍾乳洞のランプがつく仕組みらしい。が、機械がロックしてあって、ランプのボタンが押せない。見学ダメなのか? とりあえず行ってみよう。
えええ・・・。
だいびょうぶっぽいよー。ぱぱきてー。
ぱぱ、だっこ。

※鍾乳洞の中では、たろー様をずっと抱っこしていたので、写真があまり撮れなかった・・・。

最後に、お楽しみのミニ鍾乳洞です。豪雨の被害がないといいのですが・・・。100円投入すると鍾乳洞のランプがつく仕組みと聞いていましたが、機械が触れないようロックされていました。

しかし、鍾乳洞に行ってみると明かりがつけてありました。

数100メートルくらい(?)、数分で戻ってこれるミニ鍾乳洞です。一番奥まで見学できました。本日のミッション・コンプリート!めでたしめでたし!