【NYダウ日記(2022年2月7日-11日)】週前半は注目CPI(消費者物価指数)に向けダウ連騰するも予想を上回る結果で金利上昇・株安に、さらにウクライナ地政学リスクで週の安値を更新して引け【ゆるゆる投機的行動189】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2022年2月7日-11日のトレード日記だよ。CPI、ウクライナ地政学リスクときて、週の安値を更新して引ける。
来週も不安ですね…。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに、一年ほどIG証券ノックアウト・オプションをメインでトレードしていた。しかし、無駄な損切りが増えていたので、メイントレード口座を一般的な指数CFD取引口座に変更する。これからは指数CFD取引口座で低ロットのデイトレードからスウィングトレードをやりつつ、チャンスのとき、ボラティリティが大きいときのギャンブルトレードにIG証券ノックアウト・オプションを使いたいと思う。とにかく損失を減らすことが目的。
まあ、それぞれの口座の特長を活かして、上手に使い分けることができたらいいですね。

↓先週末(2021年1月31日-2月4日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2022年2月7日-11日)の予定。

↓今週の予想

スポンサーリンク

【2/7(月)】ダウ3日ぶり小反発(変動幅約400ドル)【損益:190pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

2回ほどショートを取って日当分確保だが、振り返ってみると、35000ドルを割るたびにロングして100pipsずつ取ってる方が安全に儲かったかも? いずれにせよ、方向感のない一日であった。
とりあえずダウ3日ぶり小反発です。重要指標もなく材料のない一日でした。

スポンサーリンク

【2/8(火)】ダウ続伸、いまひとつ腑に落ちない…(変動幅約465ドル)【損益:※含み損マイナス200pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

下がると思ったになあ。またまた含み損状態。米時間開始後、一旦下がった後急激な戻しを見て即ドテンロングすべきだった。これまでもよく見た気がするあの動き、これを絶対覚えておかねば。
いろんな人がいろんな表現で指摘している見えない力が働いてますか? ダウ続伸です。

スポンサーリンク

【2/9(水)】ダウ3日続伸(変動幅約380ドル)【損益:※含み損マイナス400pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

結局CPIまで上げ続けるのか? ああ、ダウショートの含み損が膨らんでいく…。
だから早目に切るか、ちゃんと最初からSL入れてポジらないとダメですって! ダウは3日続伸です。

スポンサーリンク

【2/10(木)】日銀・指し値オペのサプライズ、CPIは予想を上回る、金利上昇・株安(変動幅約770ドル)【損益:450pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

CPIの後、やっと下落してくれた。ここ数日の含み損がやっとプラ転、やれやれ。ところで、注目のCPIに先駆けて、日銀の指し値オペがサプライズだったようだが、あまり意味がわかっていない。勉強しよう。
CPI発表前にまさかの日銀・指し値オペのサプライズ発表がありました。そして、CPIは予想を上回る結果で、金利上昇・株安です。米時間開始後、一旦株価上昇の動きもありましたが、その後ブラード総裁の発言もあり結局株価は崩れて行きました…。

スポンサーリンク

【2/11(金)】ウクライナ情勢巡る懸念で、米国株式市場は大幅続落(変動幅約810ドル)【損益:マイナス120pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

木曜日がクライマックスかと思いきや、金曜日にもう一発きたな。週末へ上げて終わると思ったが、予想がハズれてこの日は大失敗。昨日ある程度取れたから、一週間としては微益。まだまだ道のりは遠い。
ウクライナ情勢巡る懸念で、米国株式市場は大幅続落です。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】週前半は注目CPI(消費者物価指数)に向けダウ連騰するも予想を上回る結果で金利上昇・株安に、さらにウクライナ地政学リスクで週の安値を更新して引け(変動幅約1200ドル)【2022年2月7日-11日】

2022年1月31日-2月4日の一週間(15分足チャート)

TradingView

今週も激しい一週間だった…。とくに木曜日・金曜日。結局最後は週の安値を更新して引けている。
今週もっとも注目されていた木曜日のCPI(消費者物価指数)に向け、週の前半はダウ連騰でした。しかし、CPIの結果が予想を上回ると金利上昇・株安となり、さらに追い打ちをかけるよう、金曜日はウクライナ情勢懸念で地政学リスクが持ち上がりました。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】インフレに地政学リスク、混乱続くか?【2022年2月14日-18日】

2021年1月~(日足チャート)

TradingView

もしウクライナに関する速報が金曜日の市場が終了した後だったら、週明けはもっと混乱しただろう。最悪の結果は避けられたのか? いやまだまだ週末の状況次第だな。
来週も市場は混乱しそうですね…。

最後に…投資判断に迷ったら、ELE(@day_select)氏を参考にしている。
投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート | GogoJungle」ですか。ほー。ふむふむ。

 | GogoJungle

関連エントリー→【ゴゴジャン】えれ氏の投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」を購入、これで爆益間違いなし!?【ゆるゆる投機的行動79】